私たちはどうかしている 第1話 運命の再開 あらすじ・ネタバレ

ドラマ「私たちはどうかしている」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介です!

[あらすじ]

花岡七桜(浜辺美波)は和菓子作りに情熱を注ぐ才能溢れる若き和菓子職人。ある日、贔屓の客で茶道の宗家の娘・真由(小島藤子)に頼まれた七桜は、結婚式の引き出物を
決めるための和菓子対決を受けて欲しいと頼まれる。

自分の御菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心踊る七桜だが、対決相手が創業400年の金沢の老舗和菓子屋“光月庵こうげつあん”
だと聞き絶句。それは15年前、七桜から全てを奪った店だった…。

15年前…。和菓子職人だった母・百合子(中村ゆり)とともに光月庵に住み込むことになった幼い七桜は、光月庵の
同い年の一人息子・高月椿たかつきつばきと出会い、和菓子作りの面白さに目覚めていた。

明るく人懐こい椿と優しい百合子と共に幸せな日々を過ごしていたある日、明け方の雷鳴に目を
覚ました七桜は、母屋へ。

椿が咲き乱れる庭の先で七桜が見たのは、血まみれで立ち尽くす椿と、その足元で息絶えている椿の父・樹(鈴木伸之)の姿だった。従業員たちが駆けつける中、
椿は父親を殺したのは百合子だと証言する…。椿の一言で殺人犯の娘となり全てを失った七桜は、血の“赤”が怖いという致命的なハンデを抱えながらも、和菓子作りだけを心の支えに生きてきたのだった。

その光月庵が相手と知り、和菓子対決を辞退する七桜。そんな中、住み込みで働いていた店から突然解雇されてしまう。原因は、毎日店に届く『花岡七桜の母親は人殺しです』というメールだった。

雨の中行き場を失った七桜は、見知らぬ男・多喜川(山崎育三郎)から母から預かっていたという手紙を渡される……。

今は亡き母の思いを知った七桜は、長い黒髪をバッサリと切り落とし、
光月庵との和菓子対決に臨む覚悟を決める。和菓子対決当日。

15年ぶりに顔を合わせた椿(横浜流星)の冷たく自信に満ちた姿を前に、思わず体を強張らせる七桜。椿が七桜の正体に気付かない中、
七桜は“食べる人への想いを込める”気持ちで持ち直す。

対決の御菓子のテーマは“桜”。七桜と椿、二つの才能が織りなす美しい和菓子対決の行方は…?対決の後、七桜を待っていた椿。

椿は
“初対面”の七桜に、突然プロポーズする。

そして七桜と椿、2人の波乱に満ちた運命が動きだす…

[ネタバレ]

対決終了後。

会場を後にした七桜(浜辺美波)は突然椿(横浜流星)から「俺と結婚しない?」と声をかけられる。15年前、母親を殺人犯にした証言をする椿の記憶がフラッシュバックした七桜は、ある思いを胸に咄嗟に
「しましょう、結婚」と答える。椿は「本気なら3日後に光月庵に来るように」と七桜に告げる。その夜、光月庵では、椿がお茶をたてながら父・樹(鈴木伸之)のことを思い出していた。そんな椿を母・今日子(観月ありさ)が
じっと見つめていた。一方、七桜はまゆ(小島藤子)に頼んで、光月庵の御菓子を買ってきてもらっていた。

七桜は御菓子を食べ、まゆに「味が変わりましたね。」と告げる。

まゆは「そうですね。15年前に初めて
食べた時はあまりの美味しさに感動しましたけど。」と微笑み、七桜は思わずまゆを抱き締める。

15年前は百合子(中村ゆり)が光月庵で御菓子を作っていたからだ。

百合子は取り調べ中に亡くなっていた。

そして椿との約束の日。

七桜は母の無実を晴らすため、あの日何があったのかを暴いてみせるという固い決意を胸に、光月庵へと向かうのだった。

光月庵に到着すると、七桜は「椿さんいらっしゃいますか?」
と授業員に声をかけ、見習い職人の城島に椿の元へと案内してもらう。

すると、そこでは、椿と婚約者・栞の結婚式の真っ最中だった。

七桜はここで引き下がるわけにはいかないと式に乱入し、手土産の羊羹を椿へと差し出す。

新月をイメージした羊羹を、椿は「光月庵がなくても和菓子の世界は美しい、という意味か」と問いかける。七桜は、「はい。今の光月庵は特別ではありません。」ときっぱりと告げる。

途端に周囲は「そいつをつまみだせ!」
と騒ぎ立てるが、椿は「あんた、やっぱり面白いな。僕はこの人と結婚する。」と言い、七桜に口づけるのだった。

七桜は『本当にどうかしている、世界で一番憎い人なのに。それでも私は後戻りすることはできない。』
と思うのだった。

栞の父は激怒するが、今日子が「この場は私にお任せください。」と窘める。

今日子は椿と七桜を連れ出し、椿に「さっきのことは本気なの?」と問いかけ、椿がそうですと答えると、頬を思いっきりビンタする。

そして今日子は「この家を追い出されたくなかったらさっさと式に戻りなさい。」と告げる。

七桜は「長谷さんのお嬢さんは知ってるんですか?15年前、ここの旦那様が亡くなった時のこと。世間的には病死ということになってますけど、
本当はどうなんでしょう。私はそれを知った上で椿さんと一緒になりたいんです。」と告げ、今日子は「なんなのあなた!」と激怒する。

すると、そこへ大旦那・宗寿郎(佐野史郎)が姿を現し、混乱状態になっている式場へと向かう。

そして土下座をし、「皆さまには大変申し訳ないのですが、本日の式は中止とさせていただきます。誠に申し訳ございません。」と謝罪する。

その後ろで椿も土下座をし、「今日のことは全て私の我儘でございます。責任は全て私がとります。
正直申し上げますと、光月庵は数年前から業績が思わしくありません。それを知って長谷さんは支援を申し出てくださいました。しかし、一時的に金銭的で補っても意味がないと思います。今の光月庵を変えなくては。15年前、先代を
失ってからこの店は変わってしまった。今の光月庵は老舗の看板だけで成り立っているようなもの。味、品質どの面からも皆様から認められる理想の和菓子屋、そんな店にいたします。必ず、お約束します。」と告げる。

宗寿郎は「生意気を言う様になったな。半人前のくせに。そこまで言うなら三ヶ月で成果を出してみろ。出来なければその娘とここを去れ!」と厳しい言葉を椿に浴びせるのだった。

その夜、椿は七桜に「15年前のことなんで知ってるんだ。」
と問いかけると、七桜は「ネットで噂されていたから。旦那様は殺されたんじゃないかって。」と告げる。

椿は「今の光月庵は暗闇の中をさまよってる。でも新月はなくなったわけじゃない。輝かせてみせる、必ず。近いうちに
必ずこの店を俺のものにする。」と不敵な笑みを浮かべる。

そんな椿に七桜は「だから私みたいな女を嫁にするって言ったの?」と問いかけ、椿は「宣戦布告するには最高の演出だったろ?親戚連中の顔といったら傑作だったな。
あんただって俺を好きでここに来たわけじゃないだろ。今住んでるとこの整理がついたらすぐにここに引っ越して来い。」と告げる。

七桜は「その必要はない。私には何もないから。家も、家族も。今日からお世話になります。」と
頭を下げ、椿は「契約成立だな。」と笑うのだった。

以上、ドラマ「私たちはどうかしている」の第1話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→

私たちはどうかしている 第2話 椿を愛してます!! あらすじ・ネタバレこちら

カテゴリー