私たちはどうかしている 第2話 椿を愛してます!! あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「私たちはどうかしている」第2話のあらすじ・ネタバレの紹介です!

[あらすじ]

光月庵で暮らし始めた七桜(浜辺美波)に、下っ端の職人として洗い場の仕事を命じる椿(横浜流星)。

厨房では椿の結婚をぶち壊した女として同僚の職人たちから後ろ指を指されながらも、
七桜は大好きな和菓子作りに囲まれることに喜びを感じていた。

そんな中、作業を助けたことで親しくなった見習いの職人・城島(高杉真宙)の話から、15年前、先代の樹(鈴木伸之)が
亡くなった事件の後、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞く。

七桜は事件当時のことを知る古参の客から話を聞くべく、ある方法を思いつく…。

翌日。光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が
入っている日に七桜が得意先の呉服店“白藤屋”の注文を受けてしまったことが問題に。

七桜は、店が忙しい日なら御菓子を作り自分で届けに行けると思ったのだ。

祈晴祭の日。御菓子を届けるため一人白藤屋を訪れた七桜。

しかし、箱を開けると、なんと白藤屋特注の御菓子が台無しにされていた!パニックになる七桜の前に現れた椿は「嘘をつくから
こんなことになる」と、七桜を抱え上げ…。七桜の不審な行動に気づき後を追って来た椿だが、何者かが御菓子に不吉ないたずらをしていたことで、光月庵は大切な得意先を失う危機に。

店に戻った後、出来上がった御菓子を女将の今日子(観月ありさ)が珍しくチェックしていたと聞いた七桜は、今日子が自分を追い出すために御菓子に細工したことに気づき今日子の元へ!

七桜の荷物をまとめ出て行くように言い渡す今日子。嫌悪感を爆発させ、七桜を追い詰める今日子だったが、七桜に手を差し伸べた椿は、なんと白藤屋から七桜を指名して注文が入ったと告げる…!

その頃、白藤屋には謎の男・多喜川(山崎育三郎)の姿があった…。翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まる!

しかし、ベテラン職人・富岡(岡部たかし)の
不満に気づいた今日子の差し金で、二人は厨房を使えなくなってしまい…。

大旦那(佐野史郎)に直談判する椿だが、七桜はそこで椿と大旦那の驚くべき確執を目の当たりにするのだった…!!

[ネタバレ]

翌日、光月庵では神社の祈晴祭の大量注文が入っている日に七桜が得意先の呉服店・白藤屋の注文を受けてしまったことが問題となった。

これは七桜(浜辺美波)の作戦であり、店が忙しい
日なら御菓子を作り自分で届けに行けると考え、白藤屋のご主人から話を聞くことができると思ったのだ。しかし御菓子は椿(横浜流星)が作ることになった。

迎えた祈晴祭当日。七桜は
一人で御菓子を届けるために白藤屋へ向かう。

行く前、椿には「少しでも粗相があったら許さないからな。」と釘を刺される。

七桜が白藤屋に到着し、箱を開けると、白藤屋特注の御菓子が
めちゃくちゃにされてしまっていた。

そして「赤」が使われており、赤色が苦手な七桜は崩れ落ちパニックになってしまう。

するとそこへ椿が現れ「嘘をつくからそんなことになるんだ。」
と告げ、七桜を抱え上げるのだった。

どうにか落ち着いた七桜は、白藤屋の女将さんに必死で頭を下げ謝罪するのだが、女将さんには「御菓子は送る人の気持ちが込められています。

七桜さん
の気持ちよく分かりました。」と冷たい言葉を浴びせられてしまう。こうしてこの一件により光月庵は大切な得意先を失う危機に陥るのだった。

七桜は一体だれがこんなことをしたのかと疑問を
抱いていたが、城島(高杉真宙)から今日子(観月ありさ)が珍しく出来上がった御菓子をチェックしていたとのことを聞く…。

七桜はすぐに今日子に問い詰めに行くが、今日子は七桜の荷物を
勝手にまとめていた。

そして手切れ金を渡そうとするのだが、「私を追い出すためにあんなことを。白藤屋さんにはなんとか許してもらいます。

私は椿さんと結婚するんです。椿さんに言われる
まで私は出ていきません!」と七桜はきっぱりと告げる。

すると激高した今日子は七桜に花瓶の水をぶっかけるのだった。

一方、椿は大旦那(佐野史郎)と話をしていた。

大旦那から「あの子は
見つかったか。」と問われるが、見つかっていないと答える椿。

そして大旦那は「お前には光月庵は継げん。」と冷たく言い放つのだった。

今日子は七桜の荷物を池へ投げてしまっていた。

七桜は慌てて池の中へと入っていくが、今日子はあざ笑いながら「もうここには二度とこないでちょうだい。」と告げる。

すると椿がやってきて七桜の荷物を救い上げる。

そして椿は今日子に
向かって「七桜はもう少しここにいてもらいます。

白藤屋さんから注文が入ったんです。七桜が作るとの指名つきで。」と告げる。

その頃、白藤屋には謎の男・多喜川(山崎育三郎)の姿があり、
七桜に注文が入ったのはどうやら多喜川が根回ししたようだ…。

翌日から、七桜に光月庵の餡を教えるため、椿の一対一の指導が始まった。

その頃、ベテラン職人・富岡(岡部たかし)を今日子が
そそのかし、七桜と椿は厨房が使えなくなってしまう。

椿は大旦那に「お願いがあります。私に厨房を仕切る権限をください。」と頭を下げるが、大旦那は「権限を譲るのはこの店を正式に譲る
ものだけだ。お前には譲ることはできん。」と一蹴する。

そして大旦那は七桜に、「七桜さんは知ってて椿と一緒になろうとしてるのかな?椿は光月庵を継げん。私の本当の孫じゃないからな。」
と告げ、七桜は驚愕するのだった。

その後、椿は七桜に「120年前、光月庵は経営が大きく傾いたんだ。それ以降、光月庵は血縁をなにより重んじることになった。」と話す。

七桜は「椿はおじいさま
の本当の孫じゃないってどういうこと?」と問いかけると、「女将の不貞でできた子、大旦那はそう思ってる。」と悔しそうに告げる。

そして幼い頃父に光月庵を継ぐという約束をしたことを
ずっと椿は大切に覚えており、「約束したんだ。絶対この店は誰にも渡さない。」ときっぱりと告げるのだった。

夜中、こっそり七桜は厨房に忍び込み、御菓子を作っていた。そこへ城島がやってくる。

一方、椿は富岡が今日子からそそのかされたことを突き止め、「厨房の権限、返してもらいますよ。」と不敵に微笑んでいた。

椿が厨房に行くと、七桜と城島が親し気に話しているのを見て眉を顰め、
城島に「おい、俺の妻だぞ。」と睨みつける。

城島は顔を青くしてそそくさと厨房をあとにするのだった。

そこから2人は餡づくりに励み、朝方、ついに七桜は光月庵の餡をマスターするのだった。

喜ぶ七桜に椿は「でも何かが足りない。あんた、光月庵の餡を美味しいと思っていないだろ?あんたが本当に美味しいと思う餡を作ってみろ。」と告げるのだった。

その頃、今日子は「どういうこと
なの!?あの子我が物顔で厨房を使ってるわよ!」と富岡を問い詰めるが、「まあまあいいじゃないですか。」とはぎれの悪い返事をする。

そんな富岡に今日子は「本当使えない男!」と捨て台詞を吐くのだった。

七桜は自分が本当に美味しいと思う餡を作り、椿に食べてもらう。

椿は「白藤屋さんにはこの餡を使った最中をもっていこう。」と告げるのだった。

その後、椿と七桜は白藤屋に持っていき、女将さんに最中を食べてもらう。
女将さんは「全く変わらないわ!昔から食べてる光月庵の味よ!久しぶりに食べたけどやっぱり美味しいわあ!光月庵の御菓子はこれからもいただきます!」と大変喜ぶ。

椿は驚き、一つ食べてみるが、
それは紛れもなく光月庵の餡だった。

七桜はさきほど自分が作った餡ではなく、椿から教えてもらった光月庵の餡で作った最中を持っていったのだった。

結果的には七桜の判断が正しく、白藤屋との
取引が無くなるという危機は無事に逃れたのだった。

その後、「たまには夫婦らしいことをしてみるか。」との椿の提案で、2人で手を繋いで街を歩く。

七桜は「大旦那様ときちんと話をしてみたら?
もしかしたら分かり合えるかも」と椿に言うのだが、椿はその途端パッと手を離し「やっぱりあんたは甘ちゃんだな。」と冷たい目をするのだった。

その夜、七桜のもとに大旦那がやってきて
「白藤屋さんには昔ながらの最中を持っていったそうだね。」と声をかけられる。

そして白藤屋さんの信頼を失わずに済んだのは七桜のおかげだからと、家族の食事の席に呼ぶ。

大旦那は椿をこき下ろすが、
「椿さんは大旦那さんに負けないぐらいこの店のことを大事に考えています。」と七桜は告げる。

「椿のことを愛しているのかね。」と大旦那が尋ね、七桜は「はい。」と答える。

大旦那は
「そうか、愛しているのか。…嘘をつくな!お前たちは結婚するといいながら部屋も別々じゃないか!私は騙されないぞ!かつてこの家に入り込んだ女が2人いた。一人はその女狐だ(今日子)。
息子を裏切り、何も繋がりのない子を残した。もう一人は、職人の女で、その女は俺の息子の命を奪った。お前は私から大切な何を奪うつもりなんだ?」と激高する。

そして大旦那は七桜の首を絞めるが、椿が助けに入り、「僕の妻をいじめないでもらえますか。今夜から七桜と部屋を共にします。それで文句ないですね?」と告げる。

七桜は椿の部屋に行き、
「ごめん。話し合えば分かり合えるとか簡単に言っちゃって。本当にごめんなさい。」と謝り、椿は後ろから七桜を抱き締める。

七桜は「大旦那さんも見ていないんだし、こういうの必要ないでしょ。」

と椿を突き飛ばし、椿も「なんだ。そういうつもりで来たと思っていたんだがな。」と笑う。

その後、先に布団で横になっていた椿の横に、七桜もそっと横たわる。

椿は「七桜ってさくらなんだな。
七つの桜。昔この家にさくらって名前の女の子がいてここでよく御菓子をつくって。大人しくて。泣き虫で。でもこの暗い家の唯一の明かりだった。」と話しだす。

そして椿は明らかに以前とは
違う感情を七桜に抱いていた。七桜はだめだと分かっていながらも、椿に抱き着き、椿も七桜にキスをするのだった。

七桜は「ねえ,もしさくらって子が現れたらどうするの?」と問いかけると、椿は
「さくらが目の前に?消えてもらうよ。俺の前から、永遠に。」と答える。

一方その頃、今日子は七桜の素性調査を職人の誰かにやらせていて、七桜の正体に気が付くのだった…。

以上、ドラマ「私たちはどうかしている」の第2話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→

カテゴリー