SUIT/スーツ2 第7話 大輔の秘策とは あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「SUIT/スーツ2」第7話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪…。

甲斐とチカ(鈴木保奈美)は、甲斐を訴えた弁護士・富樫(髙嶋政宏)を呼び、和解の可能性を探った。

だが富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと返す。

さらに富樫は、甲斐に
とって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発した。

甲斐は、思わず富樫に掴みかかり……。チカは、甲斐の代理人として法廷で富樫と戦うつもりだった。だが、事態を重く
受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうかを見せてほしい、と
言い出す。

その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めよういうのだ。

『幸村・上杉法律事務所』で行われる“密室劇”で甲斐の敵側と
して直接対決することになった蟹江(小手伸也)は、さっそく大輔(中島裕翔)に、仲間になるよう声をかける。

甲斐の力になりたいため、これを拒む大輔だったが、蟹江のチームに
加わるよう命じたのは、実は甲斐自身だった。

実際の裁判で、思わぬ方向から攻められる可能性も考慮して、敢えて大輔を敵側に加えたのだ。

そんな中、甲斐は、玉井(中村アン)に
会いに行き、証言をして欲しいと頼む。

しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。

同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めて
いた大輔は、真琴(新木優子)の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつき……。

[ネタバレ]

コースタルモーターズ訴訟での証拠隠滅ということで、富樫文弘(高嶋政宏)が甲斐正午(織田裕二)に突き付けているのは、賠償金5億円の支払いと弁護士資格の剥奪です。

上杉一志(吉田鋼太郎)は、まずは、ファーム内で模擬裁判を実施し、内部の人間に甲斐の無実を証明すべきと、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)に持ち掛けます。

それで、本番の裁判で
勝ち目があるのかどうかを判断しようと提案します。

そのうえで、裁判か和解かの最終審判をシニアパートナーの投票で決しようということになります。甲斐はチカに解雇された
玉井伽耶子(中村アン)に会いに行き、裁判での証言を依頼。

が、戦うことなく自身の解雇を黙認した甲斐を玉井は許しておらず、証言を拒否。が、とりあえず、ファーム内での模擬裁判に、
玉井は参加してくれます。上杉を裁判長に擬し、被告となる甲斐の代理人弁護士がチカです。

原告側の富樫役が蟹江貢(小手伸也)です。

蟹江に、「彼を愛していますか?」と、甲斐との
関係性を執拗に追及された玉井は、「そんな簡単なことじゃない」と声を荒らげ、そして、甲斐は「好い加減にしろ」と、蟹江に向かって怒鳴ります。

次いで、鈴木大輔(中島裕翔)が、
「あなたは不正をしたことがありますか?」と甲斐に詰め寄ります。

蟹江に模擬裁判での攻撃側に加わるよう要請された大輔は、一旦それを拒否しますが、どんな策略で来るのか分からない
富樫の目一杯の攻撃を想定しておく為にも、大輔の敵役が良いと判断した甲斐が、大輔に蟹江に加担するよう指示していました。

大輔は、検事時代に、甲斐が上司の不正に加担していたと
いう事実を指摘します。

その日の模擬裁判終了後、大輔が富樫の過去の不正を発見しようとパソコンに向かっていると、そこに上杉が現れて、「私も手伝う」と言葉を投げかけます。

その翌日が、模擬裁判の最終日になります。富樫に球場に呼び出された甲斐。

富樫は甲斐の証拠隠滅裁判を断念して、和解案を呑むことになったのを憤っています。富樫は上杉に過去の
不正を暴かれ、それを暴露しない代わりに和解条件を下げよと脅されていました。

まず、甲斐の弁護士資格の剥奪要求は取り下げられ、そして、5億円の賠償金については、連帯責任として
ファームのシニアパートナー全員からの各1千万円供出(支払い)でOKという条件に変更されていました。

利益が出た時と同様、損出発生時もシニアパートナーは運命共同体であるというのが、
上杉が示した和解案の趣旨でした。

いずれにせよ、上杉は、富樫を脅して好条件での和解を取り付けたことになります。富樫の不正を暴いて脅すというのは、これは、もともと大輔の
アイデアであり、それに上杉が乗った形になっています。

しかし、甲斐は、あくまでも和解ではなく裁判で勝つ道を考えています。

甲斐は、そもそも上杉の遣り方を信用していません。が、
大輔は、あくまで裁判をと言い張る甲斐に反発。

甲斐のせいで、皆、チカも蟹江も玉井も辛い思いをしているのに、裁判で戦い続けようというのは間違っていると大輔は甲斐を責めます。

甲斐を守る為に、沢山の人が歯を食いしばって頑張って来て、それで和解に漕ぎ着けたのに、最後まで一人で投げ切っての完封勝利を目論んでいる甲斐に愛想をつかした大輔は、
「あなたから学ぶことは何も無い」と言って、立ち去ります。

裁判になることで、これ以上、更に大切なものを失うことになるのを恐れている大輔。

ただ、大輔が富樫の不正を暴き出した
のではなく、上杉が富樫の不正を探し当てていた模様です。

だから大輔は、富樫の不正内容を知りません。運命のシニアパートナー投票は、甲斐がどちらにも挙手せずに、裁判か和解かが
同数になります。当然、甲斐は裁判を望むと思われましたが、甲斐は大輔の言葉に打ちのめされていたのか、和解を選択します。

それで、シニアパートナー会議での結論は和解と決します。
そして、そこから上杉が、追加議題を提出します。

マネジメントパートナーのトップとしてのチカに、この度はいくつかの判断ミスがあったとして、次回のシニアパートナー会議では、
今後のトップは、チカで良いのか、それとも自分(上杉)が良いのかの投票をしたいと言い出します。

 

以上、ドラマ「SUIT/スーツ2」第7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→

カテゴリー