ルパンの娘 10話 60年前の封印されたこう物語 あらすじ ネタバレ

ルパンの娘

ドラマ「ルパンの娘」10話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第10話 「60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人」

あらすじ

“Lの一族”に衝撃が走る。

三雲華(深田恭子)の

 参照 fujitv.co.jp

祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。

 参照 fujitv.co.jp

ニュースで流れた河川敷で発見された焼死体の立嶋雅夫は、

尊(渡部篤郎)によると

 参照 fujitv.co.jp

巌の偽装IDの名前だと言う。

ショックを受ける華、

そして信じようとしない悦子(小沢真珠)。

 参照 fujitv.co.jp

マツ(どんぐり)も

 参照 fujitv.co.jp

巌は簡単には死なないと言うのだが…。

桜庭和馬(瀬戸康史)は

 参照 fujitv.co.jp

焼死体事件の捜査に着手。

すると、死体について新たな報告が入る。

立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、

焼かれたのはその後だった。

つまり、立嶋は何者かに殺害されたことになる。

和馬は鈴木花という偽名をたどった必死の捜査で

華と再会する事が出来た。

そして、河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、一枚の写真を渡す。

写っていたのは巌が身につけていた錠前ネックレス。

華は和馬に礼を言い、

これ以上自分たちに関わらない方が良いと立ち去った。

マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。

すると、尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。

巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身につけている鍵で開くのだ。

“Lの一族”は巌の錠前ネックレスを盗むため

警視庁へと侵入することになる。

警察官に変装した華たちは

渉(栗原類)の

 参照 fujitv.co.jp

てんとう虫3号、

円城寺輝(大貫勇輔)の力も借りて

 参照 fujitv.co.jp

遺留品保管室に潜入してネックレスを盗みことに成功する。

マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに…。

ネタバレ

タワーマンションに帰った華(深田恭子)は、

 参照 fujitv.co.jp

尊(渡部篤郎)たちに

 参照 fujitv.co.jp

和馬(瀬戸康史)から

 参照 fujitv.co.jp

貰った写真を見せる。

巌(麿赤兒)の錠前は

 参照 fujitv.co.jp

マツ(どんぐり)が

 参照 fujitv.co.jp

身に着けているネックレスの鍵で開くため、

警視庁に侵入して錠前ネックレスを盗み、

本物かどうか確かめることになった。

そして警察官に変装した華たちはいつも通りの連携プレーで

警視庁に潜入することに成功するが、

和馬の母・美佐子(マルシア)が

 参照 fujitv.co.jp

前から歩いてきたため絶体絶命のピンチに陥る。

するとそこに世界を股にかける泥棒・円城寺(大貫勇輔)が現れ、

 参照 fujitv.co.jp

美佐子を巻き込んでミュージカルを繰り広げてくれたため、

華達は美佐子に正体がバレずに済んだのだった。

そして遺留品保管室に潜入することに成功し、

無事に錠前ネックレスを盗むことが出来た。

調査を続ける和馬の元には

婚約者のエミリ(岸井ゆきの)から

 参照 fujitv.co.jp

「今晩祖父が空いているそうなので、和馬さんにご挨拶したいと…。」

と電話が掛かってきたため、

元・警視総監のエミリの祖父に和馬は

今晩ついに会うことになったのだった。

タワーマンションに戻った華たちは

マツの鍵で錠前が開くかさっそく試してみると、

なんと開いてしまったのだった。

すると錠前の中には古い写真が入っており、

3人写っている中の2人が華と和馬にそっくりだったため、

華達は驚く。

なんと華にそっくりなのはマツの若い頃で、

和馬にそっくりなのは和馬の祖父の和一(藤岡弘、)の若い頃なのだという。

 参照 fujitv.co.jp

そしてもう一人の冴えない男が巌とのことだ。

華が「どういうことなの?」とマツに聞くと、

マツは学生の頃の話を始める。

和一はマツの初めての恋人だったが、

和一が代々警察官だということを知り、

「Lの一族」の一人娘のマツは

「いつ別れを切り出すか…」と悩んでいたそうだ。

そんなある日、事件が起こった。

マツが暴漢に襲われてしまう。

和一も巌も「すぐに警察に行こう」と言うが、

マツは頑なに拒み、ついに

「Lの一族の娘なの。だから和一くんとは結婚できない。」

と別れを切り出したのだった。

数年後、マツの元に巌が現れ、

「Lの一族」に婿入りするためにスリの技術を磨いていたので、

マツは大層驚いたそうだ。

話を聞き終えた尊が

「父さんと和一さんはそれから一度も会ってなかったのか?」

とマツに聞くと、

マツは「一年前に会ったそうや」と答える。

一年前、巌は和一に会いに行き

「ようやくマツを襲った犯人を見つけたぞ。警察の手が届くような相手ではない」

と言ったのだそうだ。

巌が毎日フラフラ出歩いていたのは、

ずっとマツを襲った犯人を捜していたからだったのだ。

また、マツは和馬を一目見た時から、

和馬が桜庭家の人間だということに気が付いていたとのことだった。

そして尊が、

遺留品保管室で橋本エミリが

巌の錠前ネックレスを探していたのだと皆に告げる。

おそらくマツを襲ったのも巌を殺したのも

元警視総監の巻英輔であり、

エミリに命令して証拠品となる錠前ネックレスを

回収するよう指示していたのだろうと言う。

そして尊は

「巻英輔と橋元エミリが繋がっているとすると、和馬くんとの結婚も裏があるかもしれないな。」と呟く。

その夜、和馬はエミリと共に元警視総監の英輔に会いに行く。

英輔が「焼死体事件の犯人の目星は付いたのかね?」と和馬に聞くと、

「いえそれはまだ。しかし現場近くで犯人のものと思われる燃えた衣服の一部が見つかったんです。」と和馬は答える。

すると英輔は「ほーう、そうかね。」と意味ありげに相槌を打つ。

その頃、華が和馬との思い出の写真を見返していると、

尊が華に

「華、もうどうすればいいか分かっているんだろ?盗みに行くぞ。華の花婿を。」

と言うのだった。

英輔の元には

「花婿をいただく。60年前のケリをつけよう。」

と書かれた「Lの一族」からの挑戦状が届く。

迎えた和馬とエミリの結婚式。

花嫁姿のエミリに英輔は

「今日はずっと和馬くんから目を離すな。何かあったらすぐに連絡するんだぞ」

と厳しく言い、

式場の周りには警備を厳重に設置していた。

式が始まり、途中までは順調に進んでいたが、

突然神父が和馬に

「運命に従いますか?それとも乗り越えますか?あなたは橋元エミリさんを本当に愛していますか?私にはあなたの運命の人が見えています。」と言い出し、

会場は騒然とする。

なんとその神父の正体は尊だったのだ。

すると華が現れ、「和くん!」と叫び、

和馬の元へと走っていく。

そして尊と華と和馬は一瞬のうちに式場から消えて、

マツが運転する車で走り去るのだった。

ドラマ「ルパンの娘」10話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ルパンの娘 最終話 いよいよラスト 結末はいかに?!あらすじ ネタバレこちら

ルパンの娘 8話 一家離散と逃避行 あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー