ルパンの娘 2話 警察の両親がご挨拶?あらすじ ネタバレ

ルパンの娘

ドラマ「ルパンの娘」2話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第2話 「警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる!」

あらすじ

三雲華(深田恭子)は

 参照 fujitv.co.jp

泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。

なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は

 参照 fujitv.co.jp

警察一家の息子だからだ。

和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、

華にとってはもってのほか。

そんな華の願いもむなしく、

和馬が母の美佐子(マルシア)、

 参照 fujitv.co.jp

父の典和(信太昌之)、

 参照 fujitv.co.jp

元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。

玄関に入った美佐子と典和は、

警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、

華は気が気でない。

幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、

 参照 fujitv.co.jp

悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、

 参照 fujitv.co.jp

華は胸を撫で下ろす。

ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、

華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。

尊たちは泥棒とは言わないが、

おかしな職業を作り上げているので、

やはりハラハラしっぱなしの華。

後から現れたマツ(どんぐり)は、

 参照 fujitv.co.jp

尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。

両家は睨み合いになってしまうが、

意外なことで尊と典和が意気投合。

別々の高校に在学していた時に、

野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。

後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。

やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。

そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。

一方、三雲家は、ある会社社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画をしていた。

ネタバレ

翌日、華(深田恭子)の

 参照 fujitv.co.jp

職場に美佐子(マルシア)がやってきて、

 参照 fujitv.co.jp

華に「単刀直入に言います、和馬(瀬戸康史)とは別れてください」

とハッキリ告げる。

もともと和馬とは早く別れなきゃと思っていた華は

「分かりました。」と承諾する。

華が落ち込んだ表情で街を歩いていると、

世界を股にかける泥棒・円城寺輝(大貫勇輔)に声をかけられ、

 参照 fujitv.co.jp

いつもの調子で二人でミュージカル調のデュエットを繰り広げる。

そして円城寺に

「いっそ彼に嫌われてみてはどうかな。嫌われないで別れようなんて都合のいい話だと思わないかい。」

と言われるが、

「嫌われるってどうやって?」と華は首をかしげる。

そんな華に

「簡単なことさ、我儘を言えばいいんだ。相手の都合なんてお構いなしだ。」

と円城寺は言う。

その頃、和馬はアポ電強盗事件を担当していた。

アポ電強盗というのは、事前にお金があるか電話で確認し、

巧妙な手口でお金を奪うのだ。

その被害に遭ったお爺さんに泣きながら

「どうか犯人を捕まえてください」

と言われた和馬は力強く頷くのだった。

すると和馬の元に華から電話が来て

「今すぐ会いたい」と言われ、

珍しくわがままを言う華に戸惑う和馬。

しかし華は円城寺に言われた

「仕事と私どっちが大切なの」

というセリフはどうしても言えず、

最後は和馬を気遣う言葉を言い残し、電話を切る。

「どうしたんだろう」と不思議に思う和馬だったが、

その時、先輩の栄一(加藤諒)から

 参照 fujitv.co.jp

「アポ電強盗犯が捕まったぞ!」と言われる。

しかし捕まったのは元締めではなく、下っ端であった。

「元締めの連中はどこにいるんだ」

と苦々しく呟く和馬。

一方、尊(渡部篤郎)たちは

 参照 fujitv.co.jp

とある介護会社社長が所有している

「秀吉の茶釜」を盗もうと計画を立てていた。

そしてその社長こそアポ電強盗の元締めなのだという尊に、

華は驚く。

その夜、華に和馬から動画が送られてきて

「寂しい思いをさせてごめん。アポ電強盗の犯人をこの手で捕まえるために今は仕事を優先しなきゃいけない」

と思いやり溢れる電話が掛かってくる。

華はアポ電強盗の犯人の正体がもう分かっているが、

和馬に伝えれば自分が泥棒だとバレてしまうかもしれないからと、

言うかどうかしようか迷っていた。

翌日、華は和馬と別れる決意を固め、

和馬に嫌われるために

「今すぐ会いたいの。どうしても今すぐ会いたいの。」と電話をかけ、

和馬が「え、昨日の動画見てないの?今、仕事中で…」と戸惑うが、

「私と仕事どっちが大切なの!」

と言い、電話を切る。

華は「これでいいんだ。」と切なげな表情を浮かべる。

尊達は「秀吉の茶釜」を盗むために、

アポ電強盗に引っかかった振りをしていた。

家のチャイムが鳴ったので

アポ電強盗の弁護士役の人物が来たのかと思い

マツ(どんぐり)が

 参照 fujitv.co.jp

玄関を開けた瞬間手刀を繰り出すが、

なんとそこにいたのは和馬だった。

和馬は華のために仕事中に家に来てくれたのだ。

しかし和馬はマツの手刀をもろにくらい気絶してしまった。

すると再びチャイムが鳴ったのでマツが出ると

今度は本当にアポ電強盗の弁護士役の人物であり、

和馬と同じようにマツが気絶させた。

気絶したままの和馬を見て、

華は和馬にアポ電強盗の犯人を捕まえさせてあげようと思い、

尊達と共に敵のアジトに侵入することにした。

見事な連携プレーでアポ電強盗の元締めである人物が

社長を務める介護会社に侵入することが出来たのだが、

思わぬハプニングが起き、社員に姿を見られてしまう。

しかし尊が催眠スプレーをぶっかけたおかげで

その社員を眠らせることに成功し、難を逃れた。

そして3人は社長室に侵入することに成功。

そこには尊と悦子のお目当ての「秀吉の茶釜」があった。

尊と悦子は「秀吉の茶釜」を盗み、

華は社長のパソコンから被害者リストをUSBにコピーする。

コピー完了後に社長が戻ってきて、

華に「悔い改めな」と成敗される。

華達はミッションコンプリートし、

帰宅する。

気絶したままの和馬の頬を愛おし気に華が撫でていると、

和馬が目を覚ます。

するとそこに和馬の知らない男(アポ電強盗の弁護士役)が

縄で縛られ気絶していた。

「この人誰?」と和馬が言うと、

華が「覚えてないの?和くんが捕まえたんだよ」と言う。

そしてその男の近くには

USB(華がコピーした被害者リストが入っているUSB)が転がっており、

そのUSBがきっかけで犯人逮捕に繋がり

和馬のお手柄となったのだった。

和馬は職場で栄一に「警察バッジどうした?」と聞かれ、

警察バッジを紛失してしまったことに気が付く。

華と和馬が待ち合わせしている時、

マツがやってきて

「これあんたのやろ?うちに落ちてたで!」

と警察バッジを和馬に渡す。

そしてマツは華に

「あんたの彼氏、警察官やったんやな」と言われ、

ついに家族に和馬の職業がバレてしまったと華は

顔面蒼白になったのだった。

ドラマ「ルパンの娘」2話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ルパンの娘 3話 泥棒の娘と鑑識の小姑バトル あらすじ ネタバレこちら

ルパンの娘 1話 泥棒と警察の禁断の恋?あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー