ルパンの娘 4話 恋敵あらわれる?!あらすじ ネタバレ

ルパンの娘

ドラマ「ルパンの娘」4話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第4話 「裏切りのお見合い!?恋敵出現 愛と哀しみの泥棒!!」

あらすじ

三雲華(深田恭子)は、

 参照 fujitv.co.jp

桜庭和馬(瀬戸康史)の

 参照 fujitv.co.jp

母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。

 参照 fujitv.co.jp

しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが

華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。

そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が

 参照 fujitv.co.jp

見合い話を持って来た。

相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。

 参照 fujitv.co.jp

華を気に入った美佐子は反対するが、

典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、

捜査一課への異動も出来ないため、

華との結婚も無くなると言う。

途方に暮れる和馬に、

美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。

見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、

和馬は勇気づけられる。

だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、

 参照 fujitv.co.jp

和馬とエミリのデート現場へ潜入。

円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、

聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。

実は、断片的な会話に過ぎず、

和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

傷心の華が家に帰ると、

尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。

 参照 fujitv.co.jp

ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。

泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちは

この似顔絵では分からないだろうと一安心。

そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。

この男が女性たちから騙し取った金で

集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

ネタバレ

SNS強盗の犯人が逮捕された翌日、

桜庭和馬(瀬戸康史)が

 参照 fujitv.co.jp

三雲華(深田恭子)の職場を訪れ、

 参照 fujitv.co.jp

「華に聞きたいことがある。昨日捕まえた犯人が自供を始めたんだ。この女にやられたって」

と言いながら一枚の絵を差し出す。

その絵はボディスーツを着た華だった。

和馬は「本当のことを教えて欲しい」と言う。

華はついに自分の正体がバレてしまったと思い、

「ごめんさない」と頭を下げるが、

和馬 はこの絵の人物が華だとは露程も思っていない様だった。

和馬が聞きたいのは、

この絵の人物は自分が追っている「Lの一族」の一員だから、

華がこの人物を見なかったか聞きたいだけだったようだ。

和馬が帰宅すると、父・典和(信太昌之)が

 参照 fujitv.co.jp

和馬の見合い話を持ってきた。

相手は元警視総監の孫娘・橋元エミリ(岸井ゆきの)

 参照 fujitv.co.jp

という名の女性だという。

母・美佐子は華を認めているため、

そのお見合いに反対するのだが、

典和は

「この見合い話を断れば和馬の昇進はなくなる。そうなれば捜査一課への異動は出来ない、すなわち華との結婚も出来なくなる」

と和馬を脅す。

動揺する和馬に、美佐子(マルシア)は

 参照 fujitv.co.jp

「ひとまずお見合いをして、相手の女性から断ってもらえばいいのよ」

とアドバイスし、

和馬も「その手があったか!」と納得する。

そして迎えたお見合い当日。

和馬はエミリと二人きりにされ、

無口で恥ずかしがりやなエミリに困りつつ

なんとか会話をぽつぽつ繋げる。

そんな二人の会話を盗聴・盗撮している男が一人。

それは世界を股にかける泥棒・円城寺輝(大貫勇輔)だった。

 参照 fujitv.co.jp

円城寺はさっそく華の元に行き、

和馬とエミリの写真を見せて、

和馬が華に内緒でお見合いしていることを告げる。

その夜、和馬は典和から

「エミリさんが和馬と結婚を前提にお付き合いしたいと言っている」

との驚きの報告を受けるのだった。

そして翌日15時にカフェでデートする様に

無理矢理約束させられてしまう。

翌日15時、カフェ。

円城寺と華は和馬とエミリのデートを盗み見るために待機していた。

和馬とエミリの会話はなかなか聞こえ辛かったが、

断片的に聞こえた会話は

「一目見たその日から大好きなんです。自分でも信じられないくらい好きになっています。」という、

エミリへの愛を囁いているものに聞こえた。

耐えきれなくなった華はカフェを飛び出し、

円城寺も後を追う。

しかし実はこれは和馬が華への愛を語ったもので、

エミリにはきちんと断りを入れていたのだ。

和馬に振られたエミリは

「友達としてはだめでしょうか。これを機に異性と普通に話せるように
なりたいのです。」と言い、

和馬も「そういうことなら」と承諾する。

勘違いして傷心している華に円城寺は

「華、辛かったね。歌ってあげようか」と囁くが、

華にそっけなく断られる。

そんな時、華のもとに和馬から電話がかかってきて、

華は「今までどこにいたの」と聞くが、

和馬はどもりながら「仕事だよ」と嘘をつく。

そんな和馬の態度に華は「もういい」と呟き、

電話を切ってしまう。

帰宅した華は、母・悦子達が

何やら騒いでおり不思議に思う。

なんとボディスーツを着た華の似顔絵が

テレビで放送されてしまってるようだ。

しかし悦子達は「これならぎりバレない!」と安堵するのだった。

Lの一族の次なるターゲットは

国際ロマンス詐欺師だ。

巧みな話術で女性に愛を囁き

金をむしり取るやり方をしている卑劣な詐欺師・平沼をターゲットにし、

平沼が所持している金塊を盗もうと計画を立てる。

平沼の被害にあった女性は一人ではなく複数おり、

その中の一人・木口智子(山崎静代)の顔に

華は見覚えがあった。

先日華の働いている図書館にやってきて、

「今度結婚することになったんです」と

幸せな表情を浮かべていた女性だ。

華は女性の心を弄んでいる平沼が許せず、

華も父・尊達と一緒に同行することに。

その頃、智子は平沼の自宅に突撃し、

平沼を人質に取り立てこもっていた…。

智子が立てこもったことにより人が多く集まってしまったため、

悦子達は「やめる?」と言うが、

華は「やるよ。このままあの人を人殺しになんかさせない!」

と力強く答える。

その頃、和馬は平沼のパソコンに警察ではない何者かが

不正アクセスした形跡があったことを知り、

Lの一族が現場に現れるのではと思い、

立てこもり現場に向かっていた。

華達はあまりの人の多さに、

平沼の自宅になかなか潜入することが出来ずにいた。

しかし兄・渉が

 参照 fujitv.co.jp

作成した「てんとう虫三号」のおかげでチャンスが巡ってくる。

無事に平沼の自宅に潜入できた華は

智子を手刀で気絶させ「幸せになるんだよ」と智子に囁き、

そして平沼に

「あんたが犯した罪、悔い改めな!」と告げて成敗する。

尊達が金塊を鞄に詰め、窓から一人一人逃げる。

そして最後、華も窓から逃げようとした時、

背後から「見つけたぞ!Lの一族!」という和馬の声が聞こえてきた。

華は思わず振り返り、

和馬は「華…?」と呟くのだった。

ドラマ「ルパンの娘」4話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ルパンの娘 5話 ついに正体が・・・あらすじ ネタバレこちら

ルパンの娘 3話 泥棒の娘と鑑識の小姑バトル あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー