ルパンの娘 7話 いよいよ結婚?波乱の結納 あらすじ ネタバレ

ルパンの娘

ドラマ「ルパンの娘」7話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

第7話 「泥棒娘と警察官が結婚!?波乱の結納&温泉旅行!!」

あらすじ

三雲華(深田恭子)は

 参照 fujitv.co.jp

桜庭和馬(瀬戸康史)から

 参照 fujitv.co.jp

正式なプロポーズを受ける。

和馬は華が“Lの一族”と知った上で、

ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。

華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、

 参照 fujitv.co.jp

折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。

しかし、華は反対。

まだ、マツ(どんぐり)以外で、

 参照 fujitv.co.jp

桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。

一方、和馬も典和(信太昌之)たちに

 参照 fujitv.co.jp

華へのプロポーズを報告。

だが、典和や美佐子(マルシア)が

 参照 fujitv.co.jp

喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。

典和は、結婚には和一(藤岡弘、)

 参照 fujitv.co.jp

への報告も必要と和馬を促す。

和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、

滝に打たれに出かけてしまった。

和馬が三雲家に挨拶に来ると、

尊と悦子(小沢真珠)は

 参照 fujitv.co.jp

泥棒への勧誘を始める始末。

見送りに出た華は和馬に謝る。

和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、

華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。

華は和馬に真実を伝えようと、

尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。

渉(栗原類)は自室で爆睡中。

 参照 fujitv.co.jp

数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、

二人を応援すると言う。

そこに尊と悦子が帰って来てしまった。

華は和馬を渉の部屋に隠し、

マツの協力で何とか乗り切ろうとする。

和馬が家に帰ると、

典和が結納を行うと言う。

しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。

華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが…。

ネタバレ

翌日、和馬(瀬戸康史)は

 参照 fujitv.co.jp

三雲家へ挨拶へと来る。

そして和馬は尊(渡部篤郎)達に

 参照 fujitv.co.jp

「この先何があろうと僕が華(深田恭子)

 参照 fujitv.co.jp

さんを守ります。どうか僕に華さんをください」と頭を下げる。

尊は

「娘をやるつもりはない。ずっとそう思ってきた。しかし真っすぐな君を見て考えが変わった。華を不幸にするなよ。」と微笑む。

すると尊や悦子(小沢真珠)は

 参照 fujitv.co.jp

「和馬くん、公務員って退屈じゃない?もっと刺激的な職業を紹介できるよ」

と言い出し、泥棒への勧誘を始めてしまう。

その帰り道、華は和馬に先ほどのことを謝罪をする。

すると和馬は

「華、約束しよう。これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないこと。」と言い、

華も誓うのだった。

そして華は尊に真実を伝えるため、

本当の三雲家の住まいであるタワーマンションへと案内する。

尊達は留守であり、兄の渉(栗原類)は

 参照 fujitv.co.jp

自室で寝ている。

豪華な内装や盗品の数々に驚く和馬の前に

マツ(どんぐり)が表れ

 参照 fujitv.co.jp

「応援してるで!」と笑顔を見せる。

そこに尊と悦子が帰って来てしまった。

華は咄嗟に和馬を渉の部屋に隠し、

華は渉の部屋の扉の前に立つ。

そして華は両親に

「もう泥棒はやめようよ。いつか捕まるよ」と言うが、

両親は「捕まるわけないじゃない。警察が捕まえることが出来るのはその辺の泥棒だけよ。警察なんて税金泥棒よ。」

と聞く耳を持たない。

そんな二人に華は

「偉そうにしないでよ泥棒のくせに!」と叫ぶ。

すると尊は

「ところで華、なんで渉の部屋の前でずっと立ってるんだ?」と怪しみ始め、

華は焦るが、

マツが機転を利かしてくれたおかげでなんとか乗り切ることができた。

間もなくして尊と悦子は再び出かけたため、

その隙に和馬は渉の部屋から出て自宅へと帰る。

すると典和から

 参照 fujitv.co.jp

「華さんのご家族へ挨拶が終わったなら次は結納だな」と言う。

桜庭家の結納は代々決まった旅館で泊まりがけで行うのが伝統なのだ。

華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう

作戦を練るがなかなか良い案が浮かばない…。

和馬の両親は尊の職業を

ハイパーソーシャルクリエイターだと信じているため問題ないのだが、

和馬の両親が警察官だと

華の両親にバレないようにするにはどうしたらいいのだろうか…。

そんな時マツが現れ、とある作戦を二人に伝える。

その夜、和馬は両親に

「華のお兄さんの渉さんは昔痴漢冤罪の過去があり、警察から高圧的な取り調べを受けたために心を病んでしまった。だから三雲家の前で自分達が警察官だと言うことは絶対に言わないでくれ」と頼み、

両親も納得する。

迎えた結納の日。

皆で旅館に行きなんとか結納を終えるのだった。

結納後に皆で食事をしていると、華の祖父・巌が現れる。

 参照 fujitv.co.jp

巌は亡くなったものと思っていた和馬は

巌の登場に目を丸くする。

巌は家に寄り着かず放浪していたようだ。

食事の後に、尊と和馬が二人で温泉に入っていると、

尊は「実は俺たちはLの一族なんだ。華と結婚するのなら、Lの一族は頼んだからな。」と和馬に言い、

和馬は曖昧に頷くのだった。

美佐子(マルシア)は

 参照 fujitv.co.jp

温泉に入ろうと脱衣所に行くと、悦子の荷物が散らばっていた。

美佐子は「もう!本当にだらしないわね!」と言いながら

荷物を片付けようとすると、

悦子が盗んだ秘宝が出てきた。

美佐子もその秘宝のことはよく知っていたため、

急いで自分の部屋に戻り、泥酔している典和を叩き起こす。

更に美佐子は部屋の異変に気が付く。

美佐子と典和(信太昌之)と

 参照 fujitv.co.jp

和馬の貴重品を入れていた金庫が開けられており、

「財布は頂いた。Lの一族」と書かれたカードが置かれていたのだ…。

美佐子と典和は三雲家を呼び、このことを話す。

そして桜庭家は調査に乗り出す。

華が夜の街を散歩していると、

旅館の中居さんが怪しげな行動を取っており、話を聞く。

その中居さんは闇企業の息子と恋に落ちており、

二人の仲を切り裂こうと、

闇企業が最近旅館に数々の嫌がらせを行っているとのことだ。

今回の事件もこの闇企業の仕業です、と中居さんは言う。

華は許されない恋をしている中居さんと自分を重ね合わせる。

すると中居さんは

「皆さんの財布は必ず私が取り返してきます」と言い残し、

闇企業のアジトへと単身で乗り込んでいくのだった。

一方その頃、旅館では美佐子が三雲家に

「私達は家族全員警察官です!」と暴露してしまっていた…。

華の前に巌が現れ、華に仮面を差し出し

「早く着替えるんだ」と言う。

華は和馬との約束を破ることになってしまうため躊躇するのだが、

巌の「弱い者を助けるんだ」という言葉に心を動かされ、

華と巌は闇企業のアジトに乗り込み、敵を華麗に成敗する。

すると尊、悦子、マツもやって来て、

尊は華に「なんで今まで黙ってたんだ!」と怒り、

マツは「桜庭家が警察官だってことがバレてしまったんや」と言い、

華は顔面蒼白となる。

そして桜庭家も美佐子が

悦子の持ち物から秘宝を見つけたことにより

三雲家が「Lの一族」であることがバレてしまい、

警察官総出で華達のもとへ向かう。

その中には神妙な表情を浮かべる和馬もいた。

なんとか警察官を撒いて華達は逃げることに成功するが、

華の元に和馬が来て

「華!必ず迎えに行く!待っていてくれ!」と言うが、

華は力なく首を横に振る。

そんな華に和馬は

「どうしてだよ、一緒に運命を乗り越えるって約束したじゃないか。」と訴えるが、

華は悲し気な表情を浮かべて何も答えずに和馬の前から姿を消すのだった。

ドラマ「ルパンの娘」7話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

ルパンの娘 8話 一家離散と逃避行 あらすじ ネタバレこちら

ルパンの娘 6話 別れる宿命なのか?あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー