ギルティ この恋は罪ですか? 最終回 いよいよラスト あらすじ ネタバレ

ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」10話のあらすじ、ネタバレを紹介します!

あらすじ

高校時代と同じように、

遊園地でデートした後に想い出の場所へ来た爽(新川優愛)と

 参照 ytv.co.jp

秋山(町田啓太)。

 参照 ytv.co.jp

離れたくない思いをお互いに抱きつつ、2人は別れるのだった…。

秋山は、瑠衣(中村ゆりか)と

 参照 ytv.co.jp

家族として寄り添っていく決意をしていた。

瑠衣は秋山と一緒に暮らしたいと言い、

秋山もそれを受け入れる。

爽は守屋(桜田通)から、

 参照 ytv.co.jp

秋山との遊園地デートがどうだったかと探りを入れられる。

爽がムキになってしまい、

爽と秋山の間に何もなかったことを察する守屋。

「お互いにフリーになったのに、何やってんだか」

と言いながらも、爽の様子をある人物に報告する。

その人物とは一真だった。

無理をしている爽の様子を守屋から聞いた一真は、

爽の事を想って“ある行動”を起こすが…。

お互いに強く惹かれ合いながらも、別々の道を選んだ爽と秋山。

その“純愛”の結末は!?

ネタバレ

遊園地デートの帰り、秋山(町田啓太)と

 参照 ytv.co.jp

爽(新川優愛)は、

 参照 ytv.co.jp

お互いに気持ちがあるのにも関わらず別れを選ぶ。

「今日は楽しかった。じゃぁ、ま……」

また、とは言えない爽は

「じゃぁね」と言って背を向ける。

7年前、秋山の回想シーン。

爽に電話をする秋山。

「俺と約束してくれないか。絶対、幸せになるって」

爽が「はい」と言い、電話を切る。

涙をこぼす秋山は、切れた電話の向こうに話しかける。

「俺な、やらなきゃいけないことがあるんだ。守らなきゃいけないことも。だから、お前には幸せでいて欲しいんだ。じゃなきゃ、お前のこと連れていきたくなる。
ずっと、好きだったよ、爽」

そして、現実。

背を向けた爽に「爽!」と名前を呼んだ。

「なんで今、呼ぶの」

爽は秋山が初め名前を呼んでくれたのに、

振り向くことができない。

爽と秋山は別の道を選んだ。

瑠衣(中村ゆりか)に

 参照 ytv.co.jp

「爽にはもう会わない」という秋山。

「家族だろ」という秋山は、瑠衣に優しく寄り添うが、

瑠衣はひとりになると怪しく笑う。

一方、編集部。

「デートどうだった」という守屋(桜田通)。

 参照 ytv.co.jp

爽の口ぶりから、秋山とは何もなかったと察した守屋は、

一真(小池徹平)に連絡。

 参照 ytv.co.jp

それを聞いた一真は秋山の店を訪ねる。

爽のことをどう思っているか訊く一真。

「あなたに教える必要はない」と秋山。

一真は爽に幸せになってほしい、

できるなら「俺が幸せにしたい」と言う。

秋山は一真を責めるが、一真は秋山に対して

「あなたも同じ。瑠衣といるんでしょ。爽を捨てて」という。

秋山は一真「帰ってくれ」と。

そんな秋山に

「贅沢ですよ。すぐ目の前に幸せがあるのに掴まないんて」

と一真。

一真は、秋山と爽が結ばれるのが幸せだと思っているのだ。

それを盗み見る瑠衣。

爽の家には母・かすみ(戸田菜穂)が戻ってきた。

 参照 ytv.co.jp

母は一真の話を持ち出す。

母は、爽の様子がおかしいと、心配してたのだが、

爽は今までのことをぶちまける。

「今更心配するくらいなら、だったらあの時、なんで」と、

感情的になる。

母は「ごめんね」と謝るが、

爽は涙をこぼし、秋山と別れたことも、

一真と離婚したことも「本当は自分のせいだ」と自分を責める。

母は爽を抱きしめる。

母の腕の中で爽は泣きじゃくる。

翌朝、母は爽が本音をぶつけてきたことを

「嬉しかった」と言い爽を励ます。

「もう我慢しないで。思い切りぶつかってみたら」

母の言葉が勇気となり爽は秋山の元へ。

「秋山、私、やっぱりこのままじゃ嫌だ」

「俺は……」

と秋山が何かを言いかけた時に瑠衣から電話がある。

寺嶋睦月(神尾楓珠)は

 参照 ytv.co.jp

スマホを見る。

誰からか連絡がある。

瑠衣が待つ場所に、秋山と爽が出向く。

瑠衣に呼び出されたのだ。

瑠衣は秋山の調理場にある包丁を手にしていた。

秋山と爽はどうしても離れられないと分かったという瑠衣は

「それなら、私が死ねばいいんだ」と言い出した。

「そしたら、優しいお兄ちゃんは私を忘れない。そしたら、二人は罪悪感で一緒になんていられない」

そう言って「うける」と笑いだす瑠衣。

瑠衣は「家族が欲しかった」と言う。

「俺はお前の家族だろう」という秋山に、

それは違う、という瑠衣。

瑠衣は秋山の子供が欲しかったのだ。

「本当の家族になりたかった」という瑠衣は、

生まれつき子宮に問題があって子どもが産めない体だった。

「なんで、私だけ、なんで、私には誰もいないの」

泣き叫ぶ瑠衣の言葉に、爽は自分の姿を重ねる。

嫌いな瑠衣の言葉は、過去に自分が言っていた言葉だったのだ。

包丁を持つ瑠衣の手をはたいた爽。

瑠衣は包丁を落とし、爽は瑠衣の頬をはたく。

「馬鹿じゃないの、自分で選んで決めたか、それがすべて。あんたが死んでも秋山のことは諦めない。死んでも無駄だよ」

と堂々と宣言する。

「私は何のために……」と瑠衣。

爽の頬を叩く瑠衣に

「最初からこうしてぶつかってくれば良かったんだ」と泣く爽に

「なんであんたが泣くの?」と瑠衣。

その時、瑠衣は睦月に背中を刺されて倒れてしまう。

睦月「姉貴を殺した罰だ」

睦月は刑務所の中。

一真が面会に行く。

あの日、睦月のもとに瑠衣から

「私のこと殺したいんでしょ?あんたのお姉ちゃんみたいに弱虫じゃない」

とメールが来た。

「あの女、全然知らねえから、俺がやった」と睦月。

一真「すまない、睦月の人生まで俺が狂わせてしまった」

瑠衣は病室で寝た切り。

瑠衣は意識が戻らないかもしれない、と医師から宣告される秋山。

秋山と爽。

思い出の場所で「俺達いつもここだな」と秋山。

秋山は、爽の名前を読んだとき、

爽を引き止めたかったと告白。

しかし

「もう逃げるのはやめ。俺がイタリアに逃げたときから、全部始まった。俺、瑠衣の傍にいてやろうと思う。瑠衣とちゃんと向き合ってみる」

と告げる。

爽は「わかった」と返事をする。

「7年前の約束、守れよ」

と言って秋山は背を向けた。

「秋山」

爽の呼びかけに秋山は振り返る。

「またね」

「またな」

そうして別れた……。

爽、秋山の背に向かって心の声

「ねぇ、秋山、ずっと好きだったよ」

瑠衣が目を覚ます。

1年後。

秋山の元に手紙。

病院から姿を消した瑠衣からの手紙だ。

そこには「妹より」と書いてある。

爽は仕事に向かう途中、人にぶつかりバッグを落としてしまう。

バッグの中身を拾いあげているところに秋山が。

秋山は真っ直ぐに前を向いていて、爽に気づかない。

二人はすれ違うが、ふと、

足をとめた爽が振り返ると、秋山が爽を見ていた。

秋山は爽の前に。

そして……

「今度は間に合った」

爽が笑う……。

秋山が笑う……。

以上、ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」10話のあらすじ、ネタバレの紹介でした!

ギルティ この恋は罪ですか? 9話 別れの儀式 あらすじ ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー