ギルティ この恋は罪ですか? 7話 寺嶋の正体は?あらすじ 守屋役の俳優はだれ?他の作品は?

ギルティ この恋は罪ですか? 7話

ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」7話のあらすじ、ネタバレ、桜田通の簡単なプロフィールを紹介します!

あらすじ

爽(新川優愛)を

 参照 ytv.co.jp

職場で陥れたのは、寺嶋(神尾楓珠)だったことが分かる。

 参照 ytv.co.jp

爽は、寺嶋には一真(小池徹平)と

 参照 ytv.co.jp

共通する過去があるため、自分に近づいてきたと気付く。

そこで爽は、瑠衣(中村ゆりか)の

 参照 ytv.co.jp

自宅に行き一真との関係についてある宣言をする。

一方、秋山(町田啓太)は、

 参照 ytv.co.jp

爽に学生時代の秘密を打ち明けられる。

ネタバレ

寺嶋(神尾楓珠)は、

 参照 ytv.co.jp

一真(小池徹平)の

 参照 ytv.co.jp

元妻・弥生(智順)の弟だった。

 参照 ytv.co.jp

寺嶋から

「姉貴が会いたがっている」と言う電話を受けた一真。

爽は

 参照 ytv.co.jp

一真を引き止めたのだが、

寺嶋に会いに行く。

瑠衣は

 参照 ytv.co.jp

一真に、寺嶋は爽に、近づくことで

お互いの目的を果たそうとしていたのだ。

爽は寺嶋と瑠衣(中村ゆりか)をそっとしておけず、

瑠衣に会いに行った。

マンションのドア越しに瑠衣に話しかける。

「もし、あんたの欲しいものが秋山の心なら、こんなことしてたら、絶対、手に入らないよ。カズ君がしてきたことはバカなことだよ。でも、私はカズ君を守ってみせる。妻として」

と言い切る。

立ち去る爽のスマホに瑠衣から、メッセージ。

<守れるもんなら守ってみれば>

どこまでも挑発的な瑠衣。

寺嶋の思い出…。

12年前。

「むっちゃん、お姉ちゃん結婚するの」

と嬉しそうな姉。

そして、子ども・駿が生まれた。

しかし一真は出て行ってしまう。

泣いている姉に

「姉ちゃんも駿も僕が守るから」と寺嶋は約束をする。

待ち合わせの場所に一真がやってきた。

「まさか、お前と瑠衣が繋がってたとはな、弥生は?」

という一真に「自殺したよ」と寺嶋。

寺嶋の姉、一真の元妻・弥生は、

一真に捨てられ自殺していた。

待ち合わせの場所は、一真と弥生が結婚した教会。

寺嶋はスマホから駿の声を聞かせる。

「僕は、母さんに会いたい」

弥生が死んだあと駿は心を閉ざし、施設に入っていた。

施設に入る時、駿は言った。

「むっちゃん、僕、生まれてこなきゃよかったよね」

寺嶋は一真に訴える。

「姉貴とは10年前に終わったって言ってたよな。終わったんじゃない!お前が勝手に終わらせたんだ。姉貴の人生も。駿の幸せも」

寺嶋は一真が爽と結婚して幸せであったことを許せなかった。

「お前を俺は許さない」

という寺嶋は捏造記事のコピーを見せる。

それは、一真が社会的地位を失うものだ。

さらにナイフを突きつけ

「ここで死んでもらってもいいよ。どっちがいい?選べよ、お兄さん」

そこに爽がやってきた。

寺嶋は弥生と一真は大学の同級生だったと告げる。

爽は寺嶋から手紙を読んでくれと言われる。

その手紙は、弥生から父親に宛てたものだ。

「お父さんへ。私には好きな人がいます。今年の春、お父さんの会社に入社した荻野一真さんという人です」

14年前。

一真と弥生は同じ大学に通っていた。

弥生はその時から一真を思っていた。

一真は弥生のことを知らずに、卒業してしまった。

そして、弥生は父親に

「私とあの人を結婚させてください」とお願いをしたのだった。

一真はそうとは知らず弥生と結婚したのだ。

そんな弥生は、6年ほど前から様子がおかしくなっていった。

その時期は、一真と爽が結婚した頃。

そして、弥生は自殺した。

寺嶋は「姉貴を返せよ」とナイフをふりかざす。

一真をかばった爽の頬を傷つける。

一真は

「どうしたって謝りようがない。俺のことは好きにしてくれ。でも、この人(爽)には手を出さないでほしい」

と頼む。

爽は寺嶋に語り掛ける。

寺嶋が高校生の時に爽の記事に救われた、

と話していたことを思い出し、その記事をソラで読み上げる。

その記事は“辛い今日は日々遠ざかる”というもの。

寺嶋は爽の記事で前を向こうとしていたのだ。

「全部、瑠衣に言われてやったことなんじゃないの?寺嶋君は前を向こうとしてたのに」

と。

寺嶋を変えてしまったのは、瑠衣。

つまりは、自分のせいだと、爽は「ごめんなさい」と謝る。

姉に守ると約束したのに、守れなかった。

そんな自分を責めていた寺嶋。

爽は「自分を許してあげて」と寺嶋に言う。

寺嶋は一真に「記事は出しますから」と告げて出ていった。

一真は爽を抱きしめ「ごめん」と謝る。

「俺は両親が嫌いだった。それを弥生と駿を愛さない理由にしてた。全部、俺のせいだ。本当にごめん」

爽と一真は向き合う。

一真「さーちゃん、愛してるよ。だから、俺と別れてください」

秋山(町田啓太)のところに

 参照 ytv.co.jp

「爽が来た」と瑠衣から電話。

秋山はまた瑠衣が何かをしたのかと心配になり、走り出す。

そして、爽の家に。

“どうして、いつまでも覚えてるんだろう。どうして、いつまでも忘れられないの?どうして、いつまでも……。”

と爽が秋山を思っていると秋山がやってきた。

秋山は爽の頬の傷の手当をしてくれる。

「その傷、瑠衣が原因?」

爽は瑠衣のことを教えてほしいと秋山に言う。

瑠衣の過去。

17年前。

瑠衣の母(矢田亜希子)と

 参照 ytv.co.jp

秋山の父が再婚をした。

瑠衣は暗くうつむいている子どもだった。

瑠衣は前の父親に虐待されていたと聞いていたが、

瑠衣を虐待していたのは母親だった。

そこで、秋山の父親が瑠衣を引き取り育てた。

しかし、母親は出ていったものの、

正式に離婚をし、瑠衣を引き取った。

瑠衣は母親との暮らしが辛く、

時折、秋山の家に逃げてきていた。

秋山が爽と付き合うようになり、

瑠衣の様子がおかしくなっていった。

瑠衣は秋山を奪われたと思い、爽を許せなかったのだ。

「私だって秋山だけが支えだったよ。心の中でずっと。母親から虐待された子は人の旦那と寝てもいいの?全部壊していいの?」

と言ってしまい、ごめん、と謝る爽。

秋山は

「(瑠衣は)母親より強くなることで自分を守ろうとしていたのだろう。あとは、俺がなんとかするから。お前は心配するな」

と言い出ていく。

爽は「久々に会った瑠衣は母親のようになっていた」

という秋山の言葉を思い出し、自分の母親の姿を思い浮かべる。

一方、病院。

爽の母(戸田菜穂)が

 参照 ytv.co.jp

「さーちゃん」と呼び「そうだよ」と言っているのは、

白衣を着た瑠衣。

Barチートンに

「実家に戻るのであまり来れなくなる」と挨拶をする爽。

爽と一真は離婚。

寺嶋は捏造記事を出し、一真は会社を辞めて姿を消した。

一真からの手紙。

「俺はこれからやるべき事をやるつもりです。裏切ってごめん。どうか幸せになって」

瑠衣の部屋を訪ねる秋山。

ケーキを食べようと瑠衣は言うが、

秋山は玄関で「ここでいい」と部屋にはあがらない。

爽のことは「偶然だ」という瑠衣に

「嘘つくな」と秋山。

「何年前の話をしてるの?いつまでもあの人にこだわっているのはお兄ちゃんじゃない」

と瑠衣。

秋山は自分がイタリアに行ったあと何があったのかと訊ねるが、

それには答えずに「私にはお兄ちゃんしかいない」とすがる。

「あいつはお前のせいですべてを失ったんだ。これ以上、あいつに何かしたら本気で怒る」

という秋山に

「もう爽さんには近づかない。わかったから、またここに来て」

と涙を流す瑠衣。

「兄貴としてなんでもする。でも、もうここには来ない」

という秋山に

「わかった」と答える瑠衣。

しかし、それは嘘。

秋山が部屋から出ていくと豹変。

ケーキを潰し

「なにが全部失っただよ。まだ、残ってるだろうが」

白衣姿の瑠衣は、爽の母親の病室へ行くが、すでに退院していた。

爽は母を退院させていたのだ。

それは、結(結城モエ)が

 参照 ytv.co.jp

「(母親に)気を付けてください」

と知らせてくれていたから。

結は、爽を陥れたことのお詫びとして、

寺嶋の電話から知り得た情報を教えてくれたのだ。

そこに爽から瑠衣にメッセージ

<潰せるもんなら潰してみれば>

桜田通(さくらだとおり)の簡単なプロフィール

 参照 ytv.co.jp

生年月日 1991年12月7日(28歳)
出生地 東京都
身長 180 cm
血液型 B型
事務所 アミューズ
趣味 作詞・作曲

出演作

ミュージカル「テニスの王子様」にて主役を務め、

その後、

映画「劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン」(2008)

野上幸太郎役で主演。

以後、日本テレビ「サムライ・ハイスクール」(2009)、

日本テレビ系「数学女子学園(2012)、

日本テレビ系「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(2014)、

映画「BECK」(2010)、

映画「王様ゲーム」(2011)、

映画「人狼ゲーム ビーストサイド」(2014)

映画「がじまる食堂の恋」(2014)

「ロック☆オペラ 『サイケデリック・ペイン』」(2015)

Netflix Original ドラマ「アンダーウェア」(2015)

映画「orange-オレンジ」(2015)

NHK BSプレミアム「初恋芸人」(2016)

フジテレビ系「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(2016)

テレビ東京「こえ恋」(2016)

フジテレビ系「グッドモーニングコール」(2016)

フジテレビ系「嫌われる勇気」(2017)

フジテレビ系「クズの本懐」(2017)では

粟屋麦役にて主演を務める。

MBS系「マジで航海してます。」(2017)

日本テレビ系「愛してたって、秘密はある。」(2017)

映画「君の膵臓をたべたい」(2017)

映画「ばあちゃんロード」(2018)

映画「EVEN~君に贈る歌~」主演バンドのメインボーカル役(2018)

TBS系「花のち晴れ~花男 Next season~」(2018)

映画「Back Street Girls -ゴクドルズ-」(2019)

ABC/ANB「パーフェクトクライム」(2019)

映画「ラ」主演(2019)

TBS系「わたし、定時で帰ります」(2019)

MBS ドラマ特区「コーヒー&バニラ」(2019)に出演。

以上、ドラマ「ギルティ この恋は罪ですか?」7話のあらすじ、ネタバレ、桜田通の簡単なプロフィールの紹介でした!

ギルティ この恋は罪ですか? 8話 秋山とルイの衝撃の事実 あらすじ ネタバレこちら

ギルティ この恋は罪ですか? 6話 全てが仕組まれていたことだった?!あらすじ、ネタバレこちら

動画はこちら→

カテゴリー