のだめカンタービレ 第4話 キス成るか!? 感動の定期演奏会バトル!! あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「のだめカンタービレ」の第4話あらすじ・ネタバレの紹介です!

Lesson 4 「キス成るか!? 感動の定期演奏会バトル!!」

[あらすじ]

Sオケの正指揮者に指名された千秋(玉木宏)は、シュトレーゼマン(竹中直人)がまとめるAオケとの勝負に向け、練習を開始。オケの出来に焦る千秋は指揮の勉強を始めるが、のだめ
(上野樹里)に邪魔され進まない。一方、峰(瑛太)は、千秋の求める音楽に近づけるよう、Sオケのメンバーに練習を呼び掛ける。

[ネタバレ]

のだめ(上野樹里)は、千秋(玉木宏)がSオケの副指揮者から正指揮者になったことを喜ぶ。

Sオケは、桃ヶ丘音大に特別講師として招かれた世界的な指揮者・シュトレーゼマン(竹中直人)が、龍太郎(瑛太)や
真澄(小出恵介)、桜(サエコ)ら自ら選んだ学生たちで編成したオーケストラだった。

しかし、行きつけのキャバクラで千秋が店の女の子たちにちやほやされたことに腹を立てたシュトレーゼマンは、
Sオケを脱退すると宣言し、ウィーン帰りの清良(水川あさみ)を始めとする優秀な学生たちで編成されたAオケを率いて定期演奏会で千秋と勝負する、と言い出したのだ。

千秋は、SオケとAオケでは勝負に
ならないことを自覚しながらも、何とかこのチャンスを生かそうと決意する。

あくる日、千秋は、さっそくSオケの練習に臨む。

龍太郎たちは、おそろいのSオケTシャツを着用し、やる気満々だ。が、
いざ練習を始めると、龍太郎率いるヴァイオリンチームがいきなりロックギタリストのようなアクションを披露し、千秋の怒りを買ってしまう。

龍太郎たちは、普通に弾くだけではつまらない、と皆で
アクションをつける練習をしていた。

龍太郎たちを怒鳴りつけると、週明けまでに譜面通り出来るよう練習してこい、と皆に告げる。Sオケの一件は、講師たちの間でも話題になっていた。

江藤(豊原功補)は、シュトレーゼマンが辞めたのだからSオケは解散させるべきだと提案した。

すると谷岡(西村雅彦)は、千秋の指揮を見てみたい、と言い出して、結果、AオケにSオケを倒してもらってから解散させる、
という結論に落ち着く。

一方、のだめは、千秋のために鍋料理の用意をし、彼の部屋のこたつを持ち込む。

初めてこたつを体験した千秋は、その魅力に抗えず、スコアのチェックもせずについ眠りこけてしまう。
さらにその翌日には、千秋を訪ねてやってきた龍太郎と真澄も加わり、千秋の部屋は宴会場と化す。

恐ろしい事になってしまった千秋宅。

そこで、怠惰な3人を何とかコンビニに買い物に行かせ、その隙に
悪の根源と思われる”こたつ”を部屋から撤去。

そして一気に掃除と思った時…「カチャ。」ドアが開く。

何と龍太郎こんな事もあろうかと!?鍵を持って出ていたのでした。運び出したばかりの”こたつ”を
再び運び入れる3人。千秋はとうとう、「勉強させろ!」と3人を追い出した。

構内に定期演奏会のポスターが貼られる。そこには、シュトレーゼマンの写真と一緒に、千秋の写真もそえられていた。

それを見て危機感を感じた千秋は、江藤から挑発的な言葉をかけられたこともあって、いままで以上に厳しい姿勢で練習に臨む。

そのしごきぶりにプライドを傷つけられたSオケのメンバーたちは、千秋に対する不満を募らせる。
それを知ったのだめは、千秋のためにあることを思いつく。

自分の思い通りの音で弾け!と全く独裁的で威圧的な千秋に、オケのメンバーはボイコットまで考え始め、のだめは不安は募る。

龍太郎は千秋に腹を立てるが、清音から指揮者が辛い時に手を差し伸べるのが”コンマス”ではないか?と言われ、Sオケのメンバーを説得する。

一方のだめは千秋を励まそうと大好きなアニメの映画のビデオを持って来る。

翌日大学に行くと、練習の甲斐あって譜面通りに弾くメンバー。しかし、何かが違う…。音がずれていく、みんな指揮者を見ていない…。

気持ち悪くなる千秋…たったひとりで宇宙に投げ出されたかずおのように
そして倒れる、、その時龍太郎が手を差し伸べる。

千秋の口から宇宙飴!?その視線の先にのだめ。気を失う千秋。目を覚ました千秋は大事をとって帰宅することに。そこで千秋はオケの演奏曲をピアノで弾くのだめの音を聴き、驚く。

そのデタラメな中にも、湧き上がり、はしゃぎ回り、迫ってくる、純粋で計算のない個性…。

Sオケのメンバーはみんな”のだめ”なのだと気付く千秋。そしてあのメンバーが何故オケに選ばれたのか、表題のない曲が何故演奏曲
なのかを知る千秋。温かい眼差しでのだめのピアノを見つめる千秋。

翌日、定期公演を前日に控え、曲のアレンジを変えようと言い出した千秋。驚くSオケメンバー。そして練習が始まる。
泊まり練習でTシャツのまま駆けつけたメンバーたち。

初めての公演でガチガチのメンバーに「俺たちSオケの初舞台。楽しもう!」と上着を脱いだ。中にはお揃いのTシャツが…。喜ぶメンバーたち。
静かに演奏が始まる。

そして龍太郎が千秋に、合図を送る、真澄も、チェロも、オーボエも千秋はわかったよとパフォーマンスが始まった。驚く会場。「これでもう正当な評価は消えたな…でも!!楽しい!!」
のだめは涙を流して感動。

シュトレーゼマンも満足そう。演奏は終盤を迎え益々盛り上がり、フィニッシュ。一瞬静まり返る会場。シュトレーゼマンが立ち上がり「ブラボー!!」と叫んで拍手した。

それを合図に会場はスタンディングオベーションに包まれた。千秋はうたた寝した振りで、のだめのキスを許した。ほっぺにチュ!して嬉しそうに駆け出していくのだめ。『ばーか。これはお礼だからな。』

以上、ドラマ「のだめカンタービレ」の第4話あらすじ・ネタバレの紹介でした!

カテゴリー