おかねの切れ目が恋のはじまり 第1話 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「おかねの切れ目が恋のはじまり」第1話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

[あらすじ]

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。

そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。

1年越しの片思いの相手
「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。

手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの
男が、購入してしまい…。

その男は、なんと玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)だった。

そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が
激怒し、お金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってきた。

最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう。

悪びれもなく浪費する慶太は、玲子とは、まさに正反対の
タイプの人間。慶太の浪費っぷりに目を見張る玲子。

穏やかだった玲子の日常が一変する。さらに、あることがきっかけで慶太は玲子の家に住み込むことになり、玲子は慶太の意外な一面を知ることになる。

“根は悪い人じゃないかもしれない”玲子は、経理部でも、プライベートでも正しいおカネの使い方を教えることになる。

まず、玲子が渡したのは、お小遣い帳。
次に、玲子が慶太を連れて行ったのは、公認会計士の早乙女健(三浦翔平)のお金に関する公開講座。そこで慶太は、早乙女を一心に見つめる玲子を目の当たりにする。

そんなある日、
会社のグッズを不正にフリマアプリに出品しているユーザーを見つける。

同じころ、玲子は、営業部の後輩・板垣純(北村匠海)のある“ほころび”を見つけて、気になり、調べ始める。

そして、慶太も手伝っていくうちに、衝撃的な事実が判明する…。

[ネタバレ]

慶太は社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)に呼ばれた。

アメリカ出張中、家族のカードで776万円も浪費。

富彦は激怒し、お金の勉強のために慶太を経理部へ異動させた。玲子は慶太の
指導係に任命される。

しかし慶太は食べられないほど食事を用意、コーヒーも甘いの冷たいのあったかいのと3つ用意。

悪びれもなく浪費する。玲子とは正反対のタイプの人間だった。

そんな中、経理部主催の慶太の歓迎会に営業部の上司に連れられてきた板垣純(北村匠海)。

お酒を飲まないのに2時間3000円飲み放題コースで、お金の無駄とひとり嘆く。

すると、玲子が
純の食事量をみてお釣りを渡してきた。

「幹事の裁量です」ときっぱりいう玲子に、純はほほ笑む。

慶太が、元恋人・まりあ(星蘭ひとみ)に会いに行くが、慶太が「どうして連絡返して
くれないの?どうして俺じゃダメなの?」と聞くと、付き合うのはいいが慶太の浪費ぶりから「結婚したら絶対に幸せになれない」と言われてしまう。

慶太はめげずに、まりあの肩に寄り添い、
「だって会いたかったから待ってたんだもん…待ってたから会えたんだもん」と甘えて「やっぱり好き」と上目遣いで見つめる。

自分のマンションにまりあを連れて行くと入れない!?父に
マンションを解約されたのだった。

まりあも立ち去ってしまう。後日。

家がなくなったことがきっかけで慶太は玲子の家がしている民宿に住み込むことになる。しかも玲子の母の計らいでタダで!
慶太は玲子の「モノって繕うほどに愛着がわくもの」という清貧の生き方を聞く。

玲子は慶太がアイデアのイラスト集をみせてもらった。

まだどれも採用されてないが、本当におもちゃが好きなのだ
と彼の意外な一面を知った。

しかし「コネ入社ではない」という慶太だが、猿渡の名前や面接で社長から「なんでここにいる!」と言われたら、忖度もされてしまう。

父を見返すために…玲子は
「お金の勉強をしましょう」と慶太に提案。

まず、玲子が渡したのは、お小遣い帳。

次に、玲子が慶太を連れて行ったのは、公認会計士の早乙女健(三浦翔平)のお金に関する公開講座。そこで
慶太は、早乙女を一心に見つめる玲子を目の当たりにする。

そんなある日、慶太は会社のグッズを不正にフリマアプリに出品しているユーザーの正体が、慶太の元営業部の後輩・ガッキーこと板垣純であると推測。

玲子は領収書を拝見するうちガッキーの“ほころび”を見つけて、気になり、調べ始める。そして、慶太も手伝っていくうちに、衝撃的な事実が判明する。

東京駅限定で販売している「ショコラひよこ」を
いつも購入しているガッキー。

しかし半年前ごろから普通の銘菓「ひよこ」をお土産に買って出張に行っていた。玲子の調べで、営業部の羽鳥部長の娘のインスタから、その娘がフリマアプリ出品の犯人と突き止める。

ガッキーは深夜バスと新幹線代の差額を横領していたのだった!玲子が事情を聞くと、親の商売が上手くいっていないこと、返すべき奨学金があること、幼い兄弟がいること。

「カネ・カネ・カネに
振り回される人生なんなんだ!!」と叫ぶガッキー。

玲子はいつもガッキーの領収書が癒されるから最後に処理していた。

玲子は伝えた。「ガッキーさんお金を嫌いにならないでください。ガッキーさん
なりのお金との仲良くなり方があります。」

朝飯を一緒に食べる3人、180円で幸せになれる驚きのそばだ。慶太はおこづかい帳に「かけそば180円」と記した。

玲子は慶太に豆皿の行方を尋ねると、
バーベキューのあと捨てたという。

玲子は慶太に「ほころびまくってるんだよ!」と叫んで、慶太のジャケットを奪い、取れかかったボタンを付け直す。後日。玲子と慶太は早乙女の講演にまた行った。

講演後、玲子は廊下で早乙女にチョコとワインを渡す。

さらにいくつも品物をプレゼントする玲子。

「いつもありがとう。また来週ね」と笑顔で頭をなでられた玲子は癒された。陰から見ていた慶太は
「めっちゃ貢いでる。ほころびまくってるのはお前の方だ」と思った。

 

以上、ドラマ「おかねの切れ目が恋のはじまり」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

おカネの切れ目が恋のはじまり キャスト いつから放送?ロケ地は?みどころはここ!こちら

カテゴリー