私たちはどうかしている 最終回 真犯人は?2人の行方は。。。あらすじ・ネタバレ

[私たちはどうかしている]

ドラマ「私たちはどうかしている」第8話のあらすじ・ネタバレの紹介です!

[あらすじ]

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。

そんな祖父の思いに触れた椿(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での
七桜(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。

多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたい
という健気な思いを察する。

しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて御菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。

その弱気な姿を見て、七桜を励ます多喜川だが…。

その頃、椿に拒絶され、自己嫌悪に陥った栞(岸井ゆきの)は城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのは嘘だったことを告白する。

城島に親の愛を気づかされた栞は、自分の気持ちを押し
殺して椿のために心を注ぐ七桜を眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人、『花がすみ』を訪れる…。

そんな中、今日子(観月ありさ)は、栞の妊娠が嘘であることを
見抜きながらも、無理矢理にでも椿との結婚話を進めようと策略を巡らせていた…。どんな手を使ってでも椿に光月庵を継がせようとする今日子に追い詰められる栞だが…。

夕子(須藤理彩)に遭遇した椿は、3年前、七桜が抱えていた秘密を知る。

七桜の気持ちを思い、激しい葛藤を抱える椿。火事の夜の真実を知った七桜。

和菓子対決が終われば、勝っても
負けても二度と会えなくなる…2人はたまらずお互いの元へと走るが…!?いよいよ運命の対決が幕を開ける!七桜と椿、光月庵を手にするのは?そして、ついに謎に包まれた当主殺害事件の
衝撃の全貌が明らかに!!真犯人は一体誰なのか…。

 

[ネタバレ]

七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。

多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいという健気な思いを察します。

しかし必死になるあまり、七桜は
プレッシャーから初めて御菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまいます。

その弱気な姿を見て、七桜を励まし、多喜川は七桜に気持ちを伝えます。

その頃、椿に拒絶され、自己嫌悪に
陥った栞(岸井ゆきの)は城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのは嘘だったことを告白します。

城島に親の愛を気づかされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜を
眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人、『花がすみ』を訪れます。七桜は、3年前の火事の夜、椿は七桜の元へ戻ろうとしていたこと。

光月庵伝統の道具箱を火の中から
運び出したのは実は今日子だったことを栞から聞きます。

椿が店ではなく自分を選ぼうとしていたこと、栞との間には何もないことを知った七桜は、揺れる心を必死に隠します。

そんな七桜の
背中を押したのは多喜川でした。

一方、夕子(須藤理彩)に遭遇した椿も、七桜の愛に気づき、2人は会うことに。惹かれ合う気持ちと裏腹に、どうしても当主殺害事件の記憶がよぎってしまう2人。

勝っても負けても最後、大晦日の勝負が終われば二度と会わない。そう心に決め、2人は最後の夜を共にするのでした。そして対決の日。

七桜と椿はそれぞれの御菓子を大旦那に披露します。
七桜が用意したのは椀を開けるとフワッと柚子の香りが広がる上生菓子『冬暖』。

黒文字で切ると、中からひめ柚子の皮を丸ごと使って包み込んだあんが現れるという趣向を凝らした美しい一品。

五感の全てに染みいるような、あたたかい御菓子は、かつて母・百合子(中村ゆり)と一緒に作ろうと約束したものでした。対する椿が用意したのは、椿の葉で道明寺を包んだ『つばき餅』。

シンプルな中にも椿の技術が結集された御菓子だが、一口食べた大旦那は思わず目を見開き涙します。

それは、かつて大旦那が亡き息子・樹(鈴木伸之)に教えたそのままの味だったのでした。

幼かった椿は、樹から教わった味を決して忘れず、大切な味を再現することに成功していました。

2つのお菓子を食べた大旦那は、2人を別々の部屋に待機させ、選ばれた者の部屋の戸を開けると告げます。
決断の時を前に、大旦那は今日子にも跡継ぎを選ぶチャンスを与えます。

二つの御菓子を前にした今日子は、すぐにどちらが椿の作ったものか確信します。しかし、開かれた襖の向こうにいたのは、七桜でした。
今日子が椿の作ったものだと思い込んだ御

菓子は七桜のもの。椿を激しくなじる今日子を大旦那が止めようとした時、大旦那が倒れてしまいます。最期の時を察した大旦那は、椿を部屋に呼び。

祖父である自分に認められるためだけに作られた『つばき餅』を選ぶわけにはいかなかったと告げます。

そして、今まで椿に辛く当たってきたことを詫び、「これからはもっと、自由に御菓子を
作っていい」という言葉を残し、この世を去ります。

大旦那の告別式の後。椿は着慣れた着物ではなく、洋装で高月家を後にします。「光月庵を絶対につぶさないでくれ」と七桜に告げて。

ようやく欲しかったものを手に入れたはずの七桜は、心に空虚さを抱えながらも、百合子の夢だった『桜の羊羹』を完成させるため、トラウマとなっていた真っ赤な色粉に手を伸ばします。

しかし、全てが終わったはずなのに、赤い色を前にして動悸の治まらない七桜。

18年前の事件の真相を明らかにし、母の無実を証明するまでは自分も解放されないことを悟ります。
そんな七桜に今日子は「この店は渡さないわよ」と宣言します。

その頃、城島と栞は夕子の店に来ていました。そこに現れたのは、今日子と親しい市議会議員・溝口(吉沢悠)。

城島は、椿の
本当の父親は溝口なのではないかと迫りますが、18年前、椿の本当の父親と今日子が共謀して樹を殺害したという噂で持ちきりだったと話す溝口。

さらに、椿の父は多喜川の亡くなった父・多喜川秀幸だと告げます。

一方、嫌な予感で女将の行方を探す七桜は、錠がかけられているはずの樹の部屋へ。

狂気に満ちた今日子が道具箱に火をつけようとした瞬間、背後からナイフを持った多喜川が現れます。
が、多喜川の隙をついて火をつける今日子。

七桜は「光月庵を守る」という椿との約束を守るため、身を呈して必死に火を消そうします。

そこへ、椿が現れ火を消します。

自分と多喜川が異母兄弟だった
という事実に衝撃を受ける椿に、今日子は報われない自分の人生を語ります。

椿は、18年前の事件の日、今日子が厨房から百合子の包丁を持ち出していたことを一番古株の職人である山口(和田聰宏)から
聞き、真相を明らかにするために光月庵に戻って来たのでした。

今日子が真犯人ではないのかと迫る椿。今日子は凶器をすり替えただけだと主張。部屋に行った時には、すでに樹は刺された後だったと告げます。

なんと、樹を殺したのは多喜川だったのでした。父・秀幸が今日子と不倫をしたせいで、多喜川の目の前で自殺未遂をした母。

父を許せなかった多喜川は、2人を別れさせようと、包丁を手に高月家へ向かいました。

そこで、鉢合わせた樹と揉み合いの末、刺してしまったのでした。

自分の罪を百合子に着せながらもずっと黙っていた多喜川に衝撃を受ける七桜。

椿は、多喜川が事件から15年も経った3年前に突然七桜の
前に現れた理由を尋ねます。事件後、犯人は今日子だと思い距離を置いた秀幸は、罪を着せられた百合子を支え、二十歳になった七桜に宛てた手紙を預かっていました。

多喜川は、死を前にした父から
その手紙を託され、七桜のもとへ…。

和菓子職人として働く七桜の姿に、自分が奪ってしまった光月庵という居場所を七桜のために取り戻そうと誓ったのでした。今日子への激しい憎しみを露わにした多喜川は、
今日子を殺そうとしますが、七桜に制されます。力の抜けた多喜川は、ナイフを落とし連行されます。七桜の怪我を手当てする椿。

すぐに目の治療をしてほしいと懇願する七桜の姿に、椿は七桜が光月庵を
手に入れようとしていたのは、自分に目の治療をさせるためだと悟ります。

そんな中、今日子の姿が消えていることに気づきます。全てを失った今日子は、心神喪失状態で、無邪気に遊ぶ親子の姿に自分と
幼かった椿の姿を重ねていました。そんな時、トラックに引かれそうな子どもを助けて、命を落とします。知らせを受け病院に駆けつけた椿と七桜。そこへ、椿の主治医の眼科医が現れ、実は今日子は椿の
目の異変を知り、親族への優先的な臓器提供の意思を書面に残していたことを告げられます。

七桜は、今日子が椿に角膜を提供するため、わざと事故にあったのではと思います。

息子を思う1人の母親として、
今日子が必死に治療法を調べている姿を見ていた富岡(岡部たかし)の話を聞いた椿は、今日子の亡骸を前に崩れ落ちます。

その日、光月庵を守り抜くと約束した七桜は、椿にしか作れない御菓子を自由に
作って欲しいと伝え、手術を控えた椿に別れを告げます。

1か月後、椿の退院の日…。光月庵の当主として働く七桜は、椿の型抜きを手にして、椿の元へ走ります。そして橋の上で、無事に目の手術を終えた椿と再会します。

「光月庵に戻ってきて欲しい、自分には椿が必要」

「初めて出会ったあの日からずっと、私は…椿のことがどうしようもなく好きなの」とと告げます。
椿は、そんな七桜を「愛してる」と抱きしめ、ずっと一緒にいることを誓うのでした。

以上、ドラマ「私たちはどうかしている」の最終回あらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→

カテゴリー