鬼滅の刃 恋柱・甘露寺蜜璃 身長・体重は?ピンクの髪の毛はなぜ?誰の継子?なぜ剣士に?

 

「鬼滅の刃」に出てくる恋柱・甘露寺蜜璃の過去について紹介します!

[柱の剣士 恋柱・甘露寺蜜璃]

 

数少ない女性の柱の1人、恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)。

桜餅を思わせる黄緑と桃色の髪が特徴的な彼女は、6月1日生まれの19歳。

身長は167cm、体重は56kgです。出身地は東京府
麻布區 飯倉で、現在の港区 麻布台にあたる場所です。

趣味は料理とメンコで、メンコでは負け知らずとかなりの腕前。

好きなものは桜餅というプロフィールが明かされています。

彼女の
桜餅好きは幼い頃からで、大量に食べ続けるほどだったそうです。

その量があまりにも多すぎたためか、元々黒色だった髪は…10歳頃には頭頂部から肩までは桜色、そこから先は草色という現在の髪色に変わってしまったのです。

[甘露寺蜜璃の性格]

甘露寺の体つきはかなり豊満で、隊服もそれをあえて見せるようなデザインになっていますね。

それでいて天然で可愛い女性に親しく接されたら、男性陣は戸惑ってしまうこと間違いなし。

刀鍛冶の里に滞在していたときに炭治郎は耳元で話をされた後、鼻血を噴き出してしまうシーンがありました。

同じく刀鍛冶の里に滞在していた玄弥は、恥ずかしさからか彼女と話が
できなくなってしまいました。

彼女のもう1つの特徴はときめきやすく、惚れっぽいところ。

柱合裁判で登場した複数の柱の言動に対してキュンとときめいているシーンがありました。

しかし常日頃ときめいているばかりではなく、鬼と対峙した際には「人を傷つける奴にはキュンとしないの」と毅然と立ち向かう、カッコいい一面もあります。

[恋柱・甘露寺蜜璃の強さと能力]

甘露寺が使う呼吸は「恋の呼吸」で、炎の呼吸から派生したものです。

彼女は炎柱・煉獄杏寿郎のもとで継子として修業したものの、オリジナリティーある独自の呼吸法を生み出しました。

新体操のリボンのように刀身が薄く、自在にはためく日輪刀を使います。

この刀は刀鍛冶の里長・鉄地河原鉄珍(てっちかわはらてっちん)が制作した特別な刀で、極端に薄いものの、達人が
扱えば折れることはないという傑作品。

恋の呼吸の技は壱~陸ノ型が登場しており、全て恋や猫に関する名前がついています。

彼女ならではのしなやかな筋肉を活かした体の柔軟な動き・高い
筋力を活かした素早い斬撃が特徴の技になっています。

その斬撃の速さは、元忍の宇随をも超えて目に見えない域に達しています。

また、甘露寺蜜璃は変異個体(ミュータント)であり、その
体躯を構成する筋繊維の密度は、先天的要因によって常人の八倍にまで達しています(公式からの呼称は「捌倍娘」)。

このため、女らしい体型に反して柱の中で腕相撲をした時には
煉獄杏寿郎・不死川実弥・冨岡義勇と同率三位になれる程の力持ちなのです。

そこから更に鬼殺隊として鍛え上げられ(最終選別を半年で突破という快挙)、柱として死線をくぐり抜け続けて
きたその身体は、力を込めれば十二鬼月すら驚愕させるほどの剛(つよ)さと堅さを発揮します。

なおかつ力を抜けば、「女性」としてのしなやかさと関節可動域の広さを見せるという、まさに
剛柔一体の理想を体現していると言えます。

[甘露寺蜜璃の秘められた悲しい過去]

原作101話の食事シーンで大量の夕食が描かれていたように、蜜璃の食事量は常人のレベルを遥かに超えたものです。

彼女がそれだけの量を食べていながら普通の体型である理由は、筋肉密度が
高いという異常体質によるもの。

彼女の筋肉は常人の8倍の密度があり怪力を発揮できるという体質で、1歳2ヶ月で15kgの漬物石を持ち上げたことで明らかになりました。普通に生活するだけでも
通常の8倍の筋肉を動かすために必要なカロリーが多くなり、彼女の食事量は常人の域を超えたものになってしまうのです。

そんな体質を持ちながらも元々は鬼と無縁の生活を送っており、17歳の
ときにはお見合いをしました。

しかし、お見合いの相手は蜜璃の変わった髪色と体質を嫌い、散々な言葉をかけたうえ破談になってしまったのです。

そのことで1度は深く傷つきましたが
「ありのままの自分ができる、人の役に立つことがしたい」と思い立って鬼殺隊へ入隊したのでした。

それ以降、様々な背景から実利最優先とする鬼殺隊内において産屋敷や隠の面々などが自身の
力を称賛してくれた事や、鬼から助けた人達が涙を流しながら感謝してくれた事も相まって、コンプレックスだった特殊体質についても前向きに捉えられるようになりました。

超人であるがゆえに
世俗で生きる場所を見いだせなかった彼女だが、皮肉にも超人であるが故に人間性を犠牲にすること無く、健やかな精神で鬼と戦えるのは、彼女にとっても『最高の居場所』といえるでしょう。

また、嫁入り前の年頃の娘を、生死に関わる『鬼退治』を名目とした政府非公認組織に就職させていることについて、「彼女の実家は軍人輩出系の名家ではないのか?」という考察も一部で出て
いるようですが、公式からの設定は今の時点で表明されていないようです。(ただし、彼女の膨大な食費を賄える程度には裕福な家柄であることは、ほぼ間違いないと思われる)

以上、「鬼滅の刃」に出てくる恋柱・甘露寺蜜璃の過去についての紹介でした!

鬼滅の刃  全国イベント情報 期間・開催場所は?特典は?こちら

動画はこちら→

鬼滅の刃 の柱とは?柱の名前や特徴、元柱とは?紹介しますこちら

鬼滅の刃 水柱・冨岡義勇の過去 強さと能力 性格 半羽織の謎についてこちら

鬼滅の刃 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)過去は?継子は?気になる性格は?こちら

鬼滅の刃  蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)性格 姉カナエとの悲しい過去とは?こちら