鬼滅の刃 風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)悲しい兄弟の絆 唯一の稀血の持ち主

 

「鬼滅の刃」に出てくる風柱・不死川実弥の過去について紹介します!

[柱の剣士 風柱・不死川実弥]

不死川実弥(しなずがわさねみ)は鬼殺隊士の柱のひとりで、「風の呼吸」を習得している風柱です。

彼は11月29日生まれの21歳で、179cm・75kgの恵まれた体格の持ち主。

顔や体中が傷まみれで
目が血走った凶悪な人相に加え、短気な性格をしています。

炭治郎にさえ「知性も理性も全くなさそう」と評されるほど。

しかし一方で礼儀や規律を重んじる一面もあり、お館様の前では礼節を
わきまえています。

家族を鬼に殺された恨みから鬼に対し異常な憎悪を抱いていて、柱合(ちゅうごう)会議で初めて禰豆子(ねずこ)に会ったときも、自分の血を見せつけて挑発するなど頑なに
鬼の存在を認めようとしませんでした。

鬼への怒りから自己流の鬼狩りを始めた実弥ですが、鬼殺隊の粂野匡近(くめのまさちか)との出会いで戦い方が大きく変わります。

彼は匡近と協力して
鬼狩りを続けていましたが、ある日匡近は下弦の鬼との戦いで命を落としてしまいました。

しかしその勝利は実弥のみの手柄となり、彼は鬼殺隊の柱入りを果たします。

[風柱・不死川実弥の強さと能力]

内在する力を極限まで解放する「全集中の呼吸」の流派の中でも、基本となる五大流派のうちのひとつ「風の呼吸」を習得している実弥。

文字のごとく風の力を使い暴風を巻き起こし、かまいたちの
ように相手を切り刻みます。

狂暴な性格も相まってかアクロバティックな喧嘩殺法も得意としていて、痛みへの耐性も強いのでイレギュラーな戦いでもフィジカルの高さを見せつけてくれます。

実弥の日輪刀(にちりんとう)は、深緑で刀のツバは風車のような形を模しています。

呼吸法は壱ノ型から捌(はち)ノ型まで登場していて、すべて黒死牟(こくしぼう)との戦いにおいて披露されました。

十二鬼月最強といわれる上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)との闘いで、実弥はついに「風の呼吸」から生み出した剣技の数々を披露します。

まず壱ノ型「鹿旋風(じんせんぷう)・削ぎ」で、無一郎や
玄弥(げんや)を圧倒していた黒死牟の刀を抜かせるきっかけを作りました。

参ノ型「晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)でカウンターをくらわせ、漆(しち)ノ型「勁風・天狗風(けいふうてんぐかぜ)は
悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)との合わせ技で黒死牟を追いつめました。

黒死牟が放つ「月の呼吸」の数々に傷だらけになる実弥でしたが、そこで黒死牟に異変が訪れます。

なぜか突然千鳥足になり酩酊し始めたのです。

なんと彼は稀血のなかでも希少な「鬼を酔わせる血」の持ち主でした。

さらに戦いのなかで、実弥にも風車型の痣が浮かび上がります。

痣が現れている間は格段に戦闘能力が増す
といわれていますが、デメリットとして痣が発現した者は25歳を迎える前に死んでしまうのです。

しかし、黒死牟が人間だったころの弟・縁壱(よりいち)は、痣が発現してもなお寿命まで生き抜きました。
原作終了時では21歳の実弥は、いったいどうなってしまうのか。

彼が最終話後どのような人生を歩んだのかは、いまだ明らかになっていません。

[不死川の特異体質「稀血(まれち)」とは?]

稀血(まれち)とはその名の通り珍しい血のことで、鬼にとってもとても貴重な血です。

珍しい血であればあるほど栄養価が高く、稀血を持つ人間をひとり食べるだけで通常の人間を百人食べたのと同じくらいの力を得ることができます。

個体によって限界は異なりますが、鬼は自身の強さに応じて、人間を食べることの出来る上限があります。

次第に人間を食べられなくなった鬼にとっては、
稀血を持つ人間はまさに絶好のごちそうということです。

そしてなんと柱の中にも稀血を持つものがいることが判明しました。それが不死川実弥だったのです。さらに彼の血は、稀血のなかでも
異端な特性があることが、黒死牟との戦いで明らかになります。

[不死川実弥の秘められた悲しい過去]

実弥が小さい頃のこと、家には暴力を振るう父親がいました。

しかし実弥の母親が、いつも小さな体で子供たちを父親から守っていました。

その父親が人に恨まれて殺され、長男である実弥と次男である
玄弥はある約束をします。

「家族は俺たち二人で守ろう」しかし、ある日の夜、なかなか母親が家に帰らず実弥は外に探しにいきました。

しばらくして、家で弟たちと待つ玄弥のもとに「狼」が襲い
かかってきます。

弟たちは一瞬にして殺されてしまい、玄弥も殺されるかと思われたその時。

実弥が駆けつけ狼と共に外に飛び出していきました。

玄弥も医者を呼ぶため外に出ると、そこには倒れた母親と
血まみれの実弥がいました。狼だと思っていたものは、鬼となった母だったのです。

しかし、混乱していた玄弥は、実弥に「人殺し」と罵ります。

これが、実弥と玄弥の壮絶な過去です。

でも、兄弟のためにここまで戦える実弥は、とても家族想いな少年といえますね。

以上、「鬼滅の刃」に出てくる風柱・不死川実弥の過去についての紹介でした!

鬼滅の刃  全国イベント情報 期間・開催場所は?特典は?こちら

動画はこちら→

鬼滅の刃 の柱とは?柱の名前や特徴、元柱とは?紹介しますこちら

鬼滅の刃 水柱・冨岡義勇の過去 強さと能力 性格 半羽織の謎についてこちら

鬼滅の刃 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)過去は?継子は?気になる性格は?こちら

鬼滅の刃  蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)性格 姉カナエとの悲しい過去とは?こちら

鬼滅の刃 恋柱・甘露寺蜜璃 身長・体重は?ピンクの髪の毛はなぜ?誰の継子?なぜ剣士に?こちら

鬼滅の刃 音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の性格は?3人の嫁とは?誕生日もド派手!こちら

鬼滅の刃 霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)が記憶を消した悲しい過去?炭治郎との関係は?こちら