鬼滅の刃 蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)はなぜ蛇柱なのか?剣の形が変?みつりとの関係は?

「鬼滅の刃」に出てくる蛇柱・伊黒小芭内の過去について紹介します!

[柱の剣士 蛇柱・伊黒小芭内]

鬼殺隊の中でも最高位の剣士である「柱」の1人、蛇柱を務める伊黒小芭内(いぐろおばない)。初登場は禰豆子についての柱会議で、木の上に登っていました。

そんな彼の身長は162cm、体重は53kgと
小柄な体格で、腕力は柱の中ではしのぶに次いで下から2番目。

9月15日生まれで年齢は21歳、出身地は東京府 八丈島 八丈富士と離島出身の剣士です。

口元を包帯で覆って首元には白蛇を巻き、片目を
前髪で隠した出で立ちをしています。

出ている目の瞳は深緑ですが、隠れた方は金色のオッドアイの持ち主。また、相棒の白蛇には「鏑丸(かぶらまる)」という名前があります。

好物はとろろ昆布で、
趣味は川柳・俳句のほかに「飴細工を作っているところをずっと眺める」という一風変わったものもあります。

伊黒小芭内の性格は疑り深く、やや陰険と言えるでしょう。

禰豆子の処遇を巡る柱合裁判では、
まず炭治郎と禰豆子の処刑について議論を始めました。

しかし小芭内だけは「そんなことより」と義勇の隊律違反を指摘し、どう処分してやろうかと言っていました。

恋柱は「相変わらずネチネチして
蛇みたい しつこくて素敵」とときめいていたので、普段からこの様子であることが分かります。

炭治郎の弁明を聞いても“くだらない妄言”と一蹴。

「身内ならかばって当然 言う事全て信用できない」と
全く聞き入れませんでした。

炭治郎の発言を信用する柱はいませんでしたが、その中でも特に信用しない姿勢を見せていました。

また、炭治郎の頭突きに注目したシーンや禰豆子を箱から出そうとした
実弥に助言をした点から、状況を冷静に判断できることも伺えます。

[伊黒小芭内の蛇の呼吸とは?]

伊黒小芭内が使う呼吸法「蛇の呼吸」は水の呼吸の派生で、日輪刀は薄紫。

他の隊士が使っている通常の日本刀のような日輪刀ではなく、波打った刃の日輪刀を使っています。「蛇の呼吸」の技では蛇のように
うねる軌道の歩法、太刀筋を見せます。

壱ノ型・委蛇斬り(いだぎり)、弐ノ型・狭頭の毒牙(きょうずのどくが)、伍ノ型・蜿蜿長蛇(えんえんちょうだ)の3つの型がこれまでに登場しました。

大きくカーブする
変則的な動きを伴う「蛇の呼吸」では、太刀筋を上手く定められなければ正確に鬼の首は狙えないでしょう。

この呼吸法であまたの鬼を倒してきているので、技術面に特化していると考えられます。

柱稽古で彼が担当したのが「太刀筋の矯正」だったことからも、その技術の高さが伺えます。

[蛇柱・伊黒小芭内の強さと能力]

炭治郎をはじめとする隊士や柱達と上弦の鬼たちとの決死の戦いの末、遂に鬼舞辻無惨と対峙します。無限城の操作と空間転位を担当していた鳴女(なきめ)が倒され、無惨を地上に出すことができたものの、
なんとそこは市街地。そこで、一同は日の出まで無惨をこの場に引き留めるべく戦いを始めたのです。そんな中、真っ先に無惨の首を切ったのが小芭内でした。

しかし異形と化した無惨の回復力は凄まじく、
切ったそばから傷が再生されるため切断することはできませんでした。

圧倒的に不利な戦いの中でも状況を判断しながら、少しでも有効な策を考えながら彼は戦い続けます。

その中で「赫刀」とその発動条件に
思い当たり、刀身を赤く染めることに成功します。

「赫刀」とは、鬼に対して焼けるような痛みを伴うダメージを与えることができる技です。

かつて「日の呼吸」の使い手である縁壱(よりいち)が鬼舞辻無惨を
追い詰めた時も、赫刀を発動させていました。

元から鬼殺隊の中でも有数の実力者だったとは思われますが、この戦いによってさらなる驚異的な力を覚醒させたのでした。

[伊黒小芭内の秘められた悲しい過去]*ねたばれ含む

恋柱にまつわるシーンで少しずつ小芭内の微笑ましい私生活が明らかにされてきました。

原作188話では、長らく伏せられていた彼の壮絶な生い立ちがついに明らかになりました。

八丈島で人々の金品を奪って
生活している一族に生まれた小芭内。

女性ばかりの家系で、なんと370年ぶりの男性となった彼は座敷牢の中で不自然なほど大切にされて育ちました。

這うような音や不気味な視線に気づきながら過ごし、12歳に
なった彼は一族を支配する「蛇の女鬼」と対面します。

一族は生まれた子供を鬼に捧げ、鬼が殺した人の金品を与えられることで生計を立てていたのです。

その日は鬼に食べられなかったものの、小芭内は口の
両端を裂かれてしまいます。

この出来事から、彼は一族のもとから逃げることだけを考えるようになります。

牢の壁を日々掘り進め、外に逃げ出すことに成功した小芭内。

怒り狂って追ってきた蛇鬼に捕まり
そうになったものの、当時の炎柱に助けられました。

[伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の関係は?]

恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)にまつわる話で少しずつ描かれてきたのが、彼女と小芭内の親密な関係。

原作124話では蜜璃に靴下をプレゼントしていたことが明かされ、その回の扉絵はなんと「天丼を幸せそうに
食べる蜜璃と微笑ましそうに見つめる小芭内」でした。

柱稽古では蜜璃に稽古をつけてもらった炭治郎に威圧的に接していました。

このときにお互い文通をしていることも分かり読者の間で「恋愛感情があるのでは?」
と噂になりました。

そして公式ファンブック『鬼殺隊見聞録』では、ついに小芭内が蜜璃に一目ぼれしていることが明かされます!

しかし彼は、罪深い一族に生まれた今の自分を蜜璃にはふさわしくないと考えています。

そして無惨を倒すことで綺麗な存在になり、生まれ変わって蜜璃に想いを伝えようと願うのでした…。

集結した柱達の力を持ってしても無惨の苛烈な攻撃を防ぎきることは出来ず、恋柱・甘露寺蜜璃は深手を負ってしまいます。
なおも戦おうとする彼女に向かって、小芭内は「もういい。十分やった」と言い、戦闘に戻りました。

その時、小芭内は心の中で蜜璃にある告白をしていました。

「無惨を倒して死にたい。どうかそれで俺の汚い血が
浄化されるよう願う。鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝える」。

そう胸に強く誓った彼は、初めて赫刀を発動させます。

その後、炭治郎らの活躍もあって見事無惨は
敗北しましたが、蜜璃はすでに瀕死の状態でした。血まみれの彼女を抱きかかえる小芭内に向かって、蜜璃は「伊黒さんお願い。また人間に生まれ変われたら、私のことお嫁さんにしてくれる?」と、恋心を告白。

号泣する蜜璃を抱き締めながら、小芭内は「勿論だ」と涙ながらに返答します。

「今度こそ死なせない」と来世の誓いを立て、彼女の死を見送りました。無惨が滅却されたことに歓声を上げる鬼殺隊員達でしたが、身体は
傷だらけの状態。甘露寺や小芭内もその例外ではなく、彼は瀕死の甘露寺を抱きかかえています。

彼女が「もうすぐ私死ぬみたい」と話すと、小芭内は「俺もすぐ死ぬだろう。君は独りじゃない」と優しく声を掛けました。

小芭内と甘露寺の死亡シーンは200話で描かれました。

彼女を見送った後、小芭内も後を追うように亡くなってしまったのです。

底抜けに明るく優しい甘露寺の姿に癒やされていたことを、死ぬ間際になってようやく彼女に
伝えられた小芭内。

血なまぐさい戦闘を余儀なくされて今世では結ばれなかった2人は、来世に希望を託してこの世を去りました。

以上、「鬼滅の刃」に出てくる蛇柱・伊黒小芭内の過去についての紹介でした!

鬼滅の刃  全国イベント情報 期間・開催場所は?特典は?こちら

動画はこちら→

鬼滅の刃 の柱とは?柱の名前や特徴、元柱とは?紹介しますこちら

鬼滅の刃 水柱・冨岡義勇の過去 強さと能力 性格 半羽織の謎についてこちら

鬼滅の刃 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)過去は?継子は?気になる性格は?こちら

鬼滅の刃  蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)性格 姉カナエとの悲しい過去とは?こちら

鬼滅の刃 恋柱・甘露寺蜜璃 身長・体重は?ピンクの髪の毛はなぜ?誰の継子?なぜ剣士に?こちら

鬼滅の刃 音柱・宇髄天元(うずいてんげん)の性格は?3人の嫁とは?誕生日もド派手!こちら

鬼滅の刃 霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)が記憶を消した悲しい過去?炭治郎との関係は?こちら

鬼滅の刃 風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)悲しい兄弟の絆 唯一の稀血の持ち主こちら