監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第1話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。

野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)、夫で、平の元部下だった神奈川県警捜査一課の
刑事・桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と一家四人、笑顔が絶えない幸せな日々を送っている。

ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいに
つぐみが「弟が欲しい」と言い出す。

気まずい空気の中、仕事に出かける平と桑原……。

朝顔もつぐみを保育園に送り届けると、いつものように興雲大学へと向かった。

するとその途中で
朝顔は、立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇する。

大きなイベントが予定されていた近くのスタジアムで突然火災報知器が作動し、逃げようとしてパニックになった人々が
立体歩道橋に殺到したために起きた事故だった。

朝顔が興雲大学へと急ぐと、法医学教室では安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)らも
テレビのニュースで群衆雪崩の現場映像を見ていた。

20名が病院に搬送され、うち死者4名、意識不明の重体1名の大参事だった。

主任教授の夏目茶子(山口智子)は海外出張で不在だったが
法医学教室にはすぐに解剖の依頼が入った。

同じころ、平は、野毛山署強行犯係の森本琢磨(森本慎太郎)や山倉伸彦(戸次重幸)ら同僚や、県警の桑原、検視官の丸屋大作(杉本哲太)らと
連携して、事故の原因を調べ始める。

だが、奇妙なことにスタジアムでは火災が発生していなかった上、現場では異臭がしたという証言もあり、実際に被害者の中にはけいれんや意識障害など
化学薬品を吸引したと思われる症状を訴える者もあった。

また、事故が起きる直前、金髪の男性が騒いでいたという複数の証言も得られていた。あくる日、群衆雪崩で妻を失ったという金髪の男
佐藤祐樹(松田元太)が、事故現場でマスコミの取材に応じる。

そこで祐樹は、これは事故ではなく殺人だ、と訴え…。

[ネタバレ]

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県の興雲大学法医学教室に勤める法医学者です。

野毛山署強行犯係刑事の父、平(時任三郎)、そして、その部下だった夫、今は県警捜査一課の刑事に
異動している桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と四人暮らしです。

朝顔の朝は、つぐみを保育園に送り届け、それから興雲大学へ向かいます。

ある日、その途中
新みなと駅前の立体歩道橋での群衆雪崩事故を目撃します。

近くに「みなとスタジアム」があり、そこでの大型イベントが始まろうという時、突然、火災報知器が鳴り響き、それでパニックに
なった参加者が立体歩道橋を逆走し、そこで多くの通勤者と交錯。で、群衆雪崩を引き起こしていました。

法医学教室では、安岡光子(志田未来)、髙橋涼介(中尾明慶)、藤堂雅史(板尾創路)
絵美(平岩紙)らが、それを報ずるテレビニュースを見ています。怪我を負った被害者四十三名は、「新みなと病院」などに分散搬送され、うち死者四名、意識不明が一名という大参事のようです。
主任教授の夏目茶子(山口智子)が海外出張で不在の中、法医学教室に死者四人(片岡康介、畠山和代、佐藤絵梨、それに身元不明者一名)の司法解剖依頼が入ります。

平は、山倉伸彦(戸次重幸)係長
森本琢磨(森本慎太郎)、それに加えて、県警の桑原、検視官の丸尾大作(杉本哲太)らと連携し、事故原因を調べ始めます。

その過程で、火災報知器は誤作動であったことが判明。

また、異臭を感じた
という証言が浮上します。

痙攣(けいれん)や意識障害など、化学薬品を吸引した際に現れる症状を訴える人もいました。

そうなると化学兵器(薬品)テロの可能性も浮上します。県警捜査一課長の
中村一郎(相島一之)を指揮官とする捜査本部が立ち上げられます。

翌日、妻(絵梨)を失った佐藤祐樹(松田元太)が、現場でマスコミ取材に応じていて、これは事故ではなく殺人なのだと訴えています。

妻に痴漢行為を働いた男(身元不明の死者)がいて、それをきっかけに群衆雪崩事故が起きたと言っています。

ずっと妻の太腿を触り続け、体重をかけて来たとも証言しています。その言が正しければ
群衆雪崩の原因がこの痴漢男と特定されそうですが、まだ、テロの可能性も残されています。

いずれにせよ、死因としては群衆雪崩による圧死、つまり、窒息とか、内臓損傷が死因ということになりそうです。

その後、手荷物を何も持っていない身元不明男の荷物が新みなと駅のコインロッカーで発見され、男の姓名が佐々木拓郎と分かります。

ロッカーにあったバッグの中から免許証、新幹線チケット(新横浜→岡山)などが
出て来て、それが分かります。

帰国した茶子教授が法医学教室に復帰。朝顔らの司法解剖では、片岡康介、畠山和代、佐藤絵梨には明らかに胸部圧迫の痕跡があります。が、絵梨に痴漢を働いていたとされる
佐々木拓郎には、特にそれらしい痕跡は見つかりません。

彼の死因は、エコノミークラス症候群でした。この症状では、まず、血栓ができて血の流れが悪くなります。

しかし、たとえ死因が判明したにせよ、彼の
痴漢行為が群衆雪崩を引き起こしたとすれば、重過失致傷事件として立件されることになりそうです。

絵梨の爪に残された皮膚片と拓郎の手甲のひっかき痕のDNAの一致をもって被疑者死亡のまま送検という段取りが
進み、中村一課長の記者会見が開始される直前、朝顔から桑原に連絡が入ります。

歩道橋で前方を歩いていた絵梨に倒れ込み、彼女の太腿に触れる前に卓郎は死亡していて、ただ、拓郎は死んだまま群衆に押されていた
のだろうというのが法医学者としての朝顔の見解です。

手甲のひっかき傷は、拓郎の死後に絵梨によって付けられたものだろうと推察されます。

もともとの持病で心臓の一部に穴が開いていた拓郎。

部屋に閉じ籠る
生活が長く続いていた拓郎が久しぶりに外に出て、それで身体活動が活発になり、心臓の穴から血液が流失し死に至りました。

群衆雪崩事故で意識不明だった人物が意識を取り戻し、拓郎が痴漢行為などしていない
ことを証言しています。

あの日、拓郎は母(八重子)のいる故郷に帰ろうとしていて、手土産を持っていないことに気付きます。母に手土産のひとつも買って来いと言われていたのを思い出します。

それで、駅から
一旦街に出て、「レンガの雫」という土産品を買い求めていました。

その買い物の帰りに駅前の立体歩道橋に入っていました。そこで人混みに揉まれ、血栓が脳に達していました。

過密な人混みの発生は、おそらく
悪戯で火災報知機のスイッチを入れた人物がいたこと。

それが直接の群衆雪崩の原因であり、この誤作動犯は、ほどなく確保されそうです。佐々木拓郎の司法解剖結果について、「病死及び自然死」に〇印を付す朝顔。

それ以前、茶子に同じ興雲大学の社会心理学教授、松本オリビア由美子(片桐はいり)に会うよう言われていた朝顔。

その松本から、大きなヒントを得ていた朝顔。社会心理学的には、人の行動は周囲に伝播します。
皆と同じ行動をとろうとします。

それを拡大解釈すると、佐々木拓郎の脳障害とか、痙攣などの症状も、周囲の人々に伝染したということになります。異臭騒ぎも、おそらく伝播なのです。

母、里子(石田ひかり)の
東北の故郷に向かう朝顔は、茶子から二日間(明日、明後日)の休暇を貰っています。

つぐみを助ける際に怪我した平に代って朝顔が仙ノ浦に入り、祖父の嶋田浩之(柄本明)に会います。そして、母の生きていた証、遺品を探します。

震災発生時、多くの人が集まったと言われている沼の中を重点的に探索します。
そこで、「隣りに人がいれば安心だから、人は一ヶ所に集まる。群れを作る」と教えてくれた松本教授の言葉を思い出す朝顔がいます。

 

以上、ドラマ「朝顔2」第1話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→

監察医 朝顔 1話あらすじ・ネタバレはこちら