35歳の少女 第4話 あらすじ・ネタバレ のぞみの反抗期 柴咲コウの制服姿

 

ドラマ「35歳の少女」第4話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

望美(柴咲コウ)は、多恵(鈴木保奈美)のことをなぜか鬱陶しく感じ始めていた。

そんなこととはつゆ知らず、朝から望美の好物を用意して娘にベッタリする多恵だが……。

一方
愛美(橋本愛)は相沢(細田善彦)の自宅前での泥酔熱唱動画が会社内で出回り、進めていたプロジェクトをおろされてしまう。

藤子(大友花恋)の仕業だと確信するが、さらなる
トラブルに発展し……。

会社で早期退職を勧められた進次(田中哲司)は加奈(富田靖子)に打ち明けられず、引きこもる達也(竜星涼)の問題も解決の糸口を掴めずにいた。

そんな中、結人(坂口健太郎)が家庭教師に来ることに心躍る望美は勉強が捗り、中学の学習内容に進むことに。

本当は通うはずだった中学校を見に行くと、下校途中の生徒の会話に
激しく共感!

中学生たちとまるで同い年のように意気投合し、すっかり中学生のノリに染まる望美。結人はそんな姿に戸惑いつつも、多恵に成長を見守るよう提案するが……。

自分の行動に口出ししてくる多恵や進次の情けない姿に、経験したことのない“反抗期”のイライラを感じる望美を、新たなトラブルが待ち構えていた……!

[ネタバレ]

25年前のある夜、時岡望美(柴咲コウ)の母・多恵(鈴木保奈美)は、ダイニングテーブルに向い日記を書いていました。

日記は望美が生まれた日から書かれ、この日の日記には、望美が
好きなオムライスを食べ、お腹をこわしたことが書かれていました。

リビングに来た10歳の望美は、日記帳の表紙に描かれたトンボの絵に気づき、多恵にトンボが好きな理由を尋ねます。

そして現在、朝、目が覚めた多恵は日記帳を手に取ります。

日記帳の表紙には、トンボが描かれていました。

35歳の望美が目を覚ますと、多恵が望美の部屋に設置した監視カメラを外していました。

今日、多恵は仕事が休みで、望美を誘いショッピングに出かけカフェでお茶をします。

望美は、何故か多恵を疎ましく感じてしまうのでした。

その頃、大手広告代理店に勤める望美の妹・愛美(橋本愛)は
上司に呼び出され、担当するイベントのプロジェクトを外されていました。

先日、元恋人で営業部課長・相沢秀男(細田善彦)のマンションを酔った勢いで襲撃、復縁を迫り醜態を晒す様子が撮影され
その動画がネットに拡散されていたのです。

相沢の恋人で愛美の後輩・林田藤子(大友 花恋)の仕業でした。犯人が藤子と知り、愛美は藤子にビンタを見舞い、反撃してきた藤子と社内の廊下で壮絶なバトルを繰り広げてしまいます。

一方、多恵と別れ別の家庭を築く望美の父・今村進次(田中哲司)は、勤めるハウスメーカーで早期退職を迫られていました。住宅ローンもまだ残っており、動揺する進次。

会社はAIやSNSを使い、効率的に
営業することを目指していました。

顧客のアフターケアから仕事につなげる進次のようなアナログ的な社員は、もはや必要としていなかったのです。夜、帰宅した進次は、妻・加奈(富田靖子)にリストラの
件を話すことが出来ませんでした。翌日、そわそわする望美、今日は望美の初恋の人で元クラスメイト・広瀬結人(坂口健太郎)が、初めて家庭教師に来る日でした。望美は結人に教わることが決まってから
勉強が捗り、既に小学6年生まで終えていました。結人は小学生のおさらいをしてから、中学の勉強を教えることにします。望美は、中学生になった気になり浮かれるのでした。

勉強を終え帰宅しようとする結人に
あくまで家庭教師であると多恵は釘を刺します。

そんな多恵に、成長しようとしている望美から距離を置くよう結人はアドバイスを送ります。

望美は通うはずだった中学校を訪れ、下校中の3人の女子中学生と意気投合。

中学の制服を買い、制服に着替えた望美は、3人とタピオカを飲みに行きました。

夕方、帰宅した望美の制服姿を見て、多恵は驚きます。

中学生の友達が出来たと聞き、中学生が望美を相手にするはずがないと思う
多恵は、その娘たちと付き合わないよう注意します。

「うるさいなぁ」思わず呟いてしまい自らの言葉に驚く望美でしたが、それ以上に多恵は驚き固まってしまうのでした。

一方、愛美は、クライアントの娘でもある
藤子にケガを負わせ、庶務へ異動になります。

その夜、愛美は結人を愚痴聞きと恋人代行で指名し、居酒屋に呼び出しました。

元の部署に戻すという相沢を信じる愛美に、結人はいつものビジネストークはせず苦言を呈します。
すると、愛美が泣き出してしまい、困った結人は愛美を慰めます。

愛美はハグまでは許されることを確認し、結人の胸に顔を埋めます。

頭をポンポンしてくれる結人にキスを迫る愛美でしたが、結人はキスはNGと
愛美を止めるのでした。

翌日、家庭教師に来た結人に、望美は多恵の愚痴をこぼします。語尾が「ですけどー」と変わり中学生に馴染む望美、結人は似合わないと注意します。

女子中学生から連絡があり、勉強そっちのけで
結人を誘い待ち合わせ場所へ向かいます。広場で3人の中学生と会う結人でしたが、ノリについて行けず帰ってしまいました。

先輩に頼まれ断れないという3人に騙され、望美はタバコを買わされます。
すると物影に隠れ3人がタバコを吸おうとした時、通りかかった警察官に望美たちは補導されるのでした。夕方、警察署に進次が望美を迎えに来ました。

望美は突如、進次の家に行きたいと言いだし、やむを得ず進次は
望美を家に連れて帰ります。

突然の望美の訪問に慌てる加奈、紅茶を淹れようとする加奈のスマホに、よりによって息子・達也(竜星涼)からメッセージが届きます。

動揺する加奈は進次に相談、取り敢えず進次を
刺激しないよう、望美も連れていつものようにソファーの裏に隠れます。

変だと思う望美は、キッチンに来た達也に義理の姉と自己紹介し挨拶、そして悪気もなく達也をニートと呼び怒らせてしまいます。
夜、進次に送られ帰宅する望美を、多恵が玄関で待ち構えていました。

進次の家に行っていたと知り怒り心頭の多恵に、「ムカつく」と言い捨て望美は部屋に籠もるのでした。翌日、自室で机に向い勉強する望美でしたが
意味もなく朝からイラつき勉強が手につきません。

そんな中、女子中学生の1人から電話があり、望美は助けを求められたのです。

助けに向かおうとする望美に、多恵は、また騙されると忠告します。
しかし、初めて友達から助けを求められ、騙されても良いと望美は自宅を後にします。

結人につき添ってもらおうと電話した望美でしたが、断られてしまいます。

中学生の3人に望美がナメられていたことを
知る結人は、多恵と同じ意見でした。

他の大人と同じことを言う結人に失望し、望美は代行業で小学校に授業参観に来ている結人に、何故、教師を辞めたのか問い詰めます。

「話す声は聞こえるし言葉は
聞こえてくるのですが、話す人の心は聞こえてこないのです」二度と教師をしないと答える結人に、ミヒャエル・エンデ作『モモ』の一節を望美は投げかけます。

教室に入った結人はイジメに気づき、イジメられている子の教科書を取り返すのでした。

望美の部屋の棚の上に並ぶカセットテープの中から、『トンボのひみつ』というタイトルの1本を多恵が見つけます。

そのテープを多恵がラジカセで聞くと、トンボが好きな理由を女子アナを目指す望美が、多恵にインタビューするものでした。

トンボは前にしか飛ぶことが出来ず、勝利や逃げないことを意味する象徴でした。

それを知った多恵は、家族のために逃げずに頑張ろうと決めたのです。

愛美がトンボの絵を描き、多恵はその絵を日記帳の表紙にしていました。
寝室に戻り、多恵は日記を読み返します。

望美の誕生から始まったその日記は、望美が事故に遭った日で終わっていたのです。

GPSを頼りに繁華街をうろつく望美は、男に無理矢理ホテルに連れ込まれようとする助けを求めた
女子中学生をやっと見つけます。

2人の間に割って入り中学生を逃した望美でしたが、逆上した男に今度は望美がホテルに連れ込まれそうになります。

そこへ、多恵が現れ、身を挺して男から望美を守るのでした。
多恵は帰宅すると、望美に自分の行動に責任を持つよう注意します。

望美は心とは裏腹に、何故か多恵に反抗してしまいます。

すると、突如、多恵の目が涙で潤むのでした。望美が寝たきりになって5年ほどしたある日、ふと
多恵は望美も中学生になる年頃だと思います。

反抗期を見ることが出来ないと思った瞬間、多恵は望美と死のうと思い望美の首に手をかけていました。その時、窓辺に1匹のトンボが止まり、諦めるなと言っているように
思えた多恵は思いとどまったのです。

そして、今、望美の反抗期が見ることが出来ました。

すすり泣く多恵に、トンボのハンカチを手渡した望美は、多恵が少し小さく見えたのでした。
翌日、望美は図書館で結人に会います。

昨日の望美の話を聞き、結人は望美の反抗期が終わったと思います。電話で嫌なことを言ってしまい反省する望美は、結人に謝りタピオカを飲みに誘います。

望美の行動を不思議に思う結人、昨日、結人は何度も望美に電話し留守電を残していました。望美は留守電をチェックしておらず、留守電を聞くと望美を心配する結人のメッセージが何件も残っていました。
そして、その内の1件は教師を辞めた理由を明かすというもので、メッセージを聞き終えた望美は結人に理由を尋ねます。結人が初めて担任を受け持ったのは小学4年生のクラスで、結人はそのクラスで1人の自殺者を出してしまいました。

初めての担任で疲れ果て、イジメがあると知りつつ、結人は見て見ぬ振りをしてしまったのでした。後悔する結人の頭を撫で、その時、傍に居たかっと望美は言います。

そして、驚く結人に、望美が傍に居てくれて良かったと
思ってもらえるように成長すると誓うのでした。

 

以上、ドラマ「35歳の少女」第4話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→