35歳の少女 第5話 ゆうとくんと付き合うということ あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「35歳の少女」第5話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

望美(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。

多恵(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人(坂口健太郎)の関係を不安げに
見守るが…。

一方、愛美(橋本愛)は実力を認めてくれない職場に不満を抱えつつ、困った時だけ優しくしてくる相沢(細田善彦)への思いを断ち切れずにいた。

そして進次(田中哲司)の
家では達也(竜星涼)が荒れ、加奈(富田靖子)が怪我をする事態に。

加奈は、2日後に迫った達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる…。

そんな中、結人への気持ちがますます募る望美は、いちいち心配してくる多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言!

結人は積極的に気持ちをぶつけてくる望美に戸惑いを
隠せない。その一方で望美は、生徒が自殺した過去を持つ結人が、本当は教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じていた。

相変わらず代行業でその日暮らしを続ける結人が恋人代行の
仕事に向かうと聞いた望美は、心配で後を尾ける。しかし結人に恋人役を頼んだ相手は愛美だった…。

[ネタバレ]

25年前の今村家、バラエティー番組でも活躍できる女子アナを目指す10歳の望美は、3歳違いの妹・愛美をアシスタントに『新婚さんいらっしゃい』の司会を務めます。

ゲストは、若くて
綺麗な母・多恵(鈴木保奈美)と頼りになる父・進次(田中哲司)でした。

2人は同じ会社に勤め、多恵が進次を好きになり猛アタック、しかし進次は多恵を相手にしませんでした。
進次を振り向かせたい多恵は…。

朝、目覚まし時計の音で夢から覚め、自室で目を覚ました時岡望美(柴咲コウ)は、10歳の頃を懐かしく思います。

以前は、10歳の頃が現実で35歳の今が
悪夢で、違和感を覚えます。起こしに来た多恵に、1人で起きられると望美は強調、もう子供ではないことをアピールします。多恵と向かい合わせに座り、望美はリビングで朝食を摂ります。

25年前に教えて貰った進次を振り向かせた方法を尋ねましたが、多恵は覚えていないと言います。誤魔化す多恵を見て、望美は大人はズルいと思うのでした。

自室で机に向い高校の勉強を
する望美、その隣には小学生の頃のクラスメイトで望美の初恋の人、広瀬結人(坂口健太郎)が居ました。今日は結人の家庭教師の日で、結人は望美の横顔を見つめていました。

知識欲が
収まらず何から手をつけて良いのか分からない望美に、結人はヘンリック・イブセン作『人形の家』を勧めます。

人形の家は、主人公・ノラが夫への依存から脱却、独立して家を出る話で
あらすじを説明する結人の傍に寄り、望美はウットリと聞いていました。

その近さに結人が動揺すると、望美は付き合っているから構わないと言います。

先日、図書館で望美が言った、傍に
居て良かったと思われるよう早く大人になるというのは、望美的にはずっと一緒に居るという意味でした。それに対して、結人は「分かった」と答えたのです。

望美にどう思っているか
問い詰められた結人は、望美の心が35歳になるまで待った方が良いと言います。そんな結人を、他の大人と同じく誤魔化していてズルいと望美は思うのでした。

庶務課に異動した愛美(橋本愛)は、倉庫で防災品のチェックをしていました。

そこへ、仕事に行き詰まった元恋人で営業部課長・相沢秀男(細田善彦)が、愛美に助けを乞いに現れました。
インパクトがないと、クライアントに宣伝イメージを突き返されたのです。

断る愛美でしたが、営業に戻すと言われモノクロにするようアドバイス、そして相沢のネクタイを締め直してあげるのでした。

完成した新築の家を、進次が購入予定の家族に案内、喜ぶ家族の姿を見て、進次は25年前のことを思い出し、新築した家の前で撮影した家族写真を取り出します。

そんな進次に、支店長から
早期退職の件でスマホに電話があり、進次は家を売りたいと懇願します。

納得した支店長でしたが、東京に残れる保証はありませんでした。

夜、進次が帰宅すると、妻・加奈(富田靖子)は
進次に背を向けたままキッチンで夕飯の支度を続けます。

不審に思った進次が、振り向かせると加奈の顔にはアザがありました。

引きこもりの息子・達也(竜星涼)の仕業で、先日、望美と
会って以来、これまで以上に荒れていたのです。

進次は反対でしたが、加奈は達也に要求された整形費用100万円を、明後日の達也の誕生日に渡すつもりでした。
翌日、仕事に出かける前に、望美の部屋に立ち寄った多恵は、結人に騙されることを心配し、あくまで家庭教師と釘を刺します。

結人のことを悪く言われ頭に来た望美は、既に結人と
付き合っていると多恵に交際宣言します。

図書館に出かけ、望美は交際宣言したことを結人に伝えます。驚く結人にキスを迫る望美でしたが、結人は恋人代行に出かけるとはぐらかします。

結人が他人のフリをする代行業を嫌う望美は、教師に戻るようアドバイスしますが、結人は教師をしない言い訳を並べます。望美は、結人が誤魔化していると思うのでした。

夜、居酒屋で呑みながら愛美の愚痴を聞く結人、恋人代行で結人を指名したのは愛美でした。愚痴をこぼす愛美に、結人は恋人代行の仕事としてではなく、結人としてアドバイスを送ります。

愛美の夢はグラフィックデザイナーでしたが、多恵の愛情に飢えている愛美は多恵が認めるような大手の広告代理店に勤めました。

金を支払って元恋人と会社の愚痴をこぼしても意味はなく
応援するから再びグラフィックデザイナーを目指すよう結人は言います。

ハグまでは許されることを確認して結人の隣に座り直した愛美は、結人に抱きしめてもらいます。

目を閉じていた
愛美が目を開けると、望美が立っていました。

恋人代行と聞き、結人を尾行していたのです。望美を交え呑み直し、愛美はこれまでの男運の悪さの愚痴をこぼします。きわどい話題になり
結人は席を外しトイレに逃げました。望美は愛美にも結人と交際すると宣言、しかし愛美も反対します。

結人がトイレから戻ると、ふたりは口論しており、結人をひとり残しふたりとも帰ってしまいました。
帰宅した望美は、結人との交際を愛美にも反対されたと多恵に伝え、自身のことばかり構っていないで愛美のことを心配するよう言い放つのでした。

翌日、進次が出社すると、青森支店への異動辞令が掲示されていました。

放心状態の進次に、望美からスマホに電話が来ます。いつもの洋食屋で望美と進次は会い、望美は結人との交際について相談します。

しかし、結人のことをあまり知らない進次は、多恵や愛美と同じように賛成しませんでした。

ましてや、今の進次に望美を構う余裕などなく、ビールを呑み弱音を吐きます。

幼い頃、進次の
お嫁さんになりたいと思っていた望美は、そんな進次に失望し店を飛び出すのでした。

夜、進次が帰宅するとテーブルにご馳走を並べ、ひとり加奈が待っていました。今日は、達也の誕生日だったのです。

達也に100万円を渡さないと決めた進次でしたが、既に加奈が渡していました。

望美と会っていたと知った加奈は、自身のことを愛していないと進次を責めます。加奈は進次の財布に、望美たちと
写る家族写真が入っているのを知っていたのです。

スマホの壁紙は加奈たちの写真を設定していると言い訳する進次に、遂に加奈はキレてしまい爆発します。かつて、進次は加奈との見合いを
断り多恵と結婚、互いに離婚した後に再会し、2人は結婚しました。

加奈は自身のことを多恵よりつまらない女だと思っており、進次が離婚していなければ出戻りの子持ちとは結婚しないと思っていたのです。

進次と騒ぎを聞きつけリビングに姿を見せた達也に、あらゆる物を投げつけ、ふたりに出ていけと加奈は言い放つのでした。

翌日、今日は家庭教師の日で、結人が望美の部屋に来ていました。

代行業の連絡があり、教師に戻ろうとしない結人を望美が責めます。そして、自身と交際できない理由を結人に問い詰めます。
激怒した結人は、大人が交際するには、経済的なことなど様々クリアしなければならない問題があると教え、部屋を飛び出します。

夜、帰宅した多恵に、望美は結人と別れたと告げるのでした。
翌日、新築の家を営業が家族に案内しに来ると、加奈に追い出された進次が呑み散らかし寝ていました。その頃、愛美は、相沢が申請した書類では経費が落ちず、書類を返しに営業部に現れました。

部長と話していた相沢のもとへ行くと、相沢は愛美のアドバイスを自らの手柄のように振る舞い、愛美は必要ないと部長に言っていました。

会社を辞める決意をした愛美は相沢のネクタイを締め上げ、書類をまき散らし営業部を後にするのでした。望美は自室にあった『新婚さんいらっしゃい』と書かれたカセットテープを取り出し、ラジカセで聞いていました。

多恵が進次を振り向かせた方法が、録音されていました。

多恵は進次の事情を理解せず、一方的にアタックしていたことを反省し進次の話を聞くことに徹しました。当時、進次の家は経済的に苦しく、両親の勧める縁談を受ければ家計が助かり、親孝行の進次は受けるべきか悩んでいたのです。

話を聞いてもらう内、進次には多恵が必要な人だと分かり、両親のことも大切にしてもらえると思い、多恵と結婚したのでした。多恵は、望美に好きな人の話を聞くようにアドバイスしていました。

自宅アパートに居た結人は、望美に向けた謝りのメッセージを入力したものの、送ることを躊躇っていました。すると、代行業者から恋人代行の連絡があり、待ち合わせ場所へ行くと望美が待っていたのです。
望美は責めてばかりで結人の話を聞かずにいたことを反省し、ミヒャエル・エンデ作『モモ』の主人公・モモのように黙って結人の話を聞くことにしました。

しかし、望美は黙っていられず話してしまい、そんな望美に
結人は行きたいところがあると告げるのでした。

結人と望美が霊園を訪れると、天野家の墓に1人の女性が手を合わせていました。結人が担任をしていた時に、自殺したマナブの母親でした。

結人と望美は墓に参り、マナブに教師に戻る許しを乞います。

霊園からの帰り、並木道の途中で立ち止まり、結人は代行業者に辞める旨を連絡しました。そして、冗談めかしてキスを迫る結人でしたが
もう1箇所行きたいところがあると望美に言います。

夕方、時岡家に帰宅した望美と結人は、2人の交際の許しを多恵に懇願します。しかし、多恵は頑なに交際を反対、自身か結人の選択を迫ります。

結人を選んだ望美に、多恵は出ていけと言い、望美は荷物をまとめて家を出ます。

2人は時岡家を後にし、初めて家を出る望美は足が震えていました。そんな望美に結人が愛を告白、望美は人生で
一番不安でしたが、同じく一番の幸せを感じるのでした。

以上、ドラマ「35歳の少女」第5話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→