監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第2話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。

休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。

朝顔が1階へ降りると、すでに
平(時任三郎)が支度を終えていた。

ただちに現場に向かう平。

被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。午前7時ころ、散歩中だった近隣住民が
発見し通報したという。

遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があった。

また、諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網の上部に挟まっていた。
一方、桑原(風間俊介)は、朝顔に代わって娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ることになった。

しかし、朝顔と遊ぶ約束をしていたつぐみはご機嫌斜めで…。

朝顔は、藤堂(板尾創路)らと
ともに諒の解剖を行う。

諒は、みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなかった。

解剖後のミーティングで、藤堂は、諒がみぞおち付近に強い衝撃を受けて心臓震盪を起こし
心停止に至った可能性を検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)らに伝えた。捜査の方向性を決めるために、殴られたかどうかだけでも断定してほしい、と強く
主張する丸屋と、この段階では難しいとする朝顔たちとの議論がヒートアップする中、思わぬ知らせが入る。

連絡を受けて駆けつけようとしていた諒の父親が、階段から落ちて
意識不明状態になってしまったというのだ。

諒には母親がいなかったため、身元の確認には祖母の咲江(柳谷ユカ)と、諒の双子の兄・一馬が立ち会うが…。

[ネタバレ]

休日の朝顔(上野樹里)は、娘のつぐみと遊ぶ約束をしていた。

だが、緊急事件の解剖依頼が入り、興雲大学法医学教室に向かうことになる。

父親の平(時任三郎)も事件現場に向かおうとしていた。
つぐみの面倒は夫の真也(風間俊介)が面倒を見ることになる。

が、お母さんに約束を破られたつぐみはご機嫌斜めとなってしまう。その後、真也はつぐみを水族館に連れて行く。イルカに大きなエイ
など、つぐみのご機嫌は直ったようだ。

一方で、事件はひと気のない空き地で、男子中学生(14歳)・矢野諒(池田優斗)の遺体が発見されたというもの。

死亡推定時刻は午前5時から6時ごろ
午前7時ごろ、隣住民に発見される
諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブ
さらに金網の上部に野球ボールが挟まっていた
遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血
棒状の物で殴られたかのような跡
手のひらに白いマメ
それ以外の目立った外傷は無し

藤堂(板尾創路)は検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)らに「強い衝撃がみぞおち付近を襲い、心臓震盪を起こして死に至った可能性」を指摘する。

丸屋は「事件が事故か捜査方針を決める為、殴られたどうかだけでも断定して欲しい」とせかす。

朝顔達は「まだ断定できない。

諒の遺体を家族のもとに返すことを優先するべき」と主張する。

さらに不幸なことに遺体の確認に向かおうとした諒の父親・浩次が階段から落ちて意識不明の重体となってしまったという。

すでに他界している母親と父親に代わって祖母の咲江(柳谷ユカ)と
諒の双子の兄・一馬(池田優斗2役)が遺体確認に立ち会うことになる。

一方、重要な事件関係者として双子が所属している野球チームの監督・三輪(鬼越トマホーク金ちゃん)が浮上する。

三輪の練習としごきが厳しいことは有名で、少年たちに罵声を浴びせることも多かったと言う。

三輪には諒の死亡推定時刻に確固たるアリバイが無かった。

さらに意識不明になっている
双子の父親・浩次も重要な事件関係者として浮上してしまう。

深夜1時に運送業の仕事を終えたのに帰宅は朝の7時と6時間も空白がある
昔、高校野球の監督をやっていたときに部内で暴力事件が発生した

学校に登校する一馬。同級生たちの「もし死んだのが一馬だったら」という言葉を聞いてしまう。一馬は諒とは対照的に野球部のエース選手だった。朝顔は茶子(山口智子)が言っていた
「あの双子はどうも似ていませんね」という言葉が気になり、ある仮説を立てる。

朝顔「亡くなったのは本当に一馬君で間違いないんでしょうか?」朝顔は一馬と諒が入れ替わっていた可能性を話す。

 

2人は一卵性の双子でDNAも一致する
指紋は共に暮らしていたからごちゃまぜ
瞳は片方がすでに亡くなっている
歯は2人とも虫歯も治療痕も無い
医学的に2人を見極めるのは困難だった。

警察の任意聴取を受ける三輪。事件が起きた日は保護者と不倫をしていたことを認め、これでアリバイは確保された。

父親の浩次はまだ目が覚めず、平たちは家に向かい祖母の咲江から話を聞く。

「とにかく今は一馬が生きてくれているから良かった」と咲江。

平らは壁に飾ってあった双子が空き地を描いた気になり、写真に残す。捜査本部に戻る平。有力な手がかりが見つからずに操作は難航していた。

そこに一馬がやってきて衝撃の告白をする。一馬「僕が諒を殺しました。」

 

あの日、2人で野球の練習をしていた
ボールが金網にひかっかりが諒が取ろうとした
一馬は悪ふざけで金網を揺らした
諒は落下して置いてあった金属バットでみぞおちを強打
諒は動かなくなり、怖くなった一馬は金属バットを持って逃げた
一馬が持ってきた金属バットと遺体に残った傷が一致した。

 

朝顔は現場を調べる。朝顔は顛末を聞かされたがどうもしっくり来ない。

その後、諒の爪に残っていた土から塩化ビニールが検出される。平たちは再び現場の空き地へそこに朝顔と高橋もやってくる。
一馬の証言を再現してみたがこれだけでは死に至るとは思えなかった。

平は写していた双子の絵を見比べてある違いに気づく。朝顔もそれと現場を見てこの事件の真相に気づくのだった。
朝顔は一馬を呼び出してあの日にあったことを問いかける。

いや、一馬ではなく諒、朝顔の考え通り2人は入れ替わっていた。朝顔は仮説を話す。

 

2人は何らかの事情でユニホームを入れ替えた
一馬がボールを取ろうとしたときに諒が悪ふざけ
一馬は落下して死亡してしまった

 

平らは一馬が描いた絵には金網の上の電線が描いていないことから一馬は存在を知らなかった。電線を知っていた諒と見抜いたのだった。「本当のことを教えてのしい」という朝顔に諒はあったことを全て話す。

 

普段忙しい父親が試合を見に来ることになった
諒はいいところは見せたかったが野球は下手
一馬が入れ替わりと諒としてホームランをうつことを約束する
練習をした時に事件が起きてしまった
諒は同級生や祖母も「一馬が生き残ったこと」を言及していたのでショックから言い出せなかったのだ。

それでも諒は自分のせいで一馬が死んだと自分を責め続ける。朝顔「君のせいじゃない。」朝顔は諒に一馬の本当の死因を話す。

 

検出された塩化ビニールは電線に使われているもの
ボールを取ったときに電線に触れた
練習で汗をかいており、感電してしまった
手のマメはその時に負った火傷、これが死因の証明となる
死因が自分に無いことを知って諒は安堵からか泣き崩れてしまう。

その後、父親が意識を取り戻し、彼の元に向かう諒。浩次「諒…」双子でも父親はしっかりと区別がついていた。「ごめんなさい…ごめんなさい…」と謝り続ける諒を浩次はギュッと抱きしめる。

その後、父親はこっそりと明け方まで警備のバイトをしていたと判明する。

双子を養うために忙しく、双子はかまって欲しくて入れ替わったのだろう。

朝顔は一馬の解剖書の死因欄に「8、その他」と
丸と付け、「死因、感電」と書き加えるのだった。

事件が終わり、夕食を食べる万木家。今夜は手巻き寿司パーティだ。

朝顔はつぐみに自分の母親のことと今やろうとしていることをしっかりと話をする
それを聞いたつぐみは「いってらっしゃい」と朝顔を送り出す。

翌日、東北についた朝顔は沼で母親の手がかりを探す。その夜、祖父の家に泊まる朝顔。祖父がどうも調子が悪いらしく用意したカレーもあまり食べなかった。

翌日の夜、雨に濡れながら朝顔は万木家に帰ってくる。誰もいないようだがなぜかお風呂場の電気がついている。朝顔が開けると驚くべき人物がいた。

その後、真也も戻ってくる。朝顔が髪を拭いている人物は真也もよく知っており、驚いてしまうのだった。

以上、ドラマ「朝顔2」第2話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出こちら

動画はこちら→