35歳の少女 第6話 のぞみがアナウンサーに慣れない現実 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「35歳の少女」第6話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

望美(柴咲コウ)は、初めて多恵(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。

周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと
誓う結人と望美。

代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。

一方多恵は、望美のいない寂しさを
紛らわせように仕事に没頭する…。

勢いで会社を辞めた愛美(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中哲司)は
行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。

望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。

一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が
見つからず次第に追い込まれていく。

そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。

無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に
帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。

さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

[ネタバレ]

25年前の今村家、小学校でイジメられて泣いて帰って来た3歳違いの妹・愛美や、仕事で家が売れずに酔って帰って来た父・進次(田中哲司)に優しく接する10歳の望美。

家の中を明るくしてくれる
望美に、母・多恵(鈴木保奈美)は感謝します。

そんな望美に、多恵がアナウンサーを目指す理由を尋ねると、突如、停電に…。

朝、目覚まし時計のアラームで夢から覚め、35歳の時岡望美(柴咲コウ)が
目覚めると、そこは恋人・広瀬結人(坂口健太郎)の自宅アパートの部屋でした。

結人はあまり朝は食べないタイプで、望美はひとりトーストを食べ、もう多恵の料理が食べられないことを実感します。

同棲を始めたふたりは、ショッピングモールで生活必需品を買い、そしてアナウンサーを目指す望美のために、結人はリクルートスーツを買うのでした。

大手広告代理店を辞めグラフィックデザイナーを
目指す愛美(橋本愛)は、取り引きのあった業者に連絡し就活していました。

しかし、ことごとく門前払いを食らい、電話を切られ取り合ってもらえません。

一方、進次は引き渡し予定の物件で
酔いつぶれ懲戒解雇となり、荷物をまとめて会社を後にしました。

その夜、酔った進次が時岡家に不意に現れ、これまでの人生の失敗を全て多恵の責任にし、くだを巻いていました。

ところが、望美が家を出たと知った途端、進次の態度は豹変、多恵に勝ち誇ったかのような態度をとります。

しかし、進次との結婚や離婚、そして25年に渡る望美の看病、全ての選択に悔いはないと、多恵は
進次を一蹴、電気を消し2階の自室へ向かうのでした。

翌朝、教員の復帰を目指す結人はスーツに身を包み、小学校へ面接に出かけます。ひとりアパートに残った望美は、履歴書を書いていました。

この時、学歴が小学校中退であることに、望美は気づくのでした。その夜、結人が帰宅すると、望美はご飯を炊くのを失敗していました。

結人の手応え的には今日の面接は全滅、一方の望美は年齢制限に引っかかっていました。

翌日、愛美はハローワークで進次に遭遇、愛美はキャリアのミスマッチ、進次は年齢的に苦戦していました。

夕方、時岡家の前から愛美がスマホで結人に連絡、望美を心配する愛美に感心した結人は、自宅に愛美を誘います。
アパートに来た愛美でしたが、望美と結人に実家に戻ることを勧められ、激怒して帰ってしまいました。翌日、進次が自宅マンションに戻ると、リビングはゴミで溢れかえっていました。

加奈(富田靖子)が、部屋に引きこもってしまったのです。

しかも、加奈は通販に嵌まり、部屋には買った商品のダンボール積み上げられていました。

深夜、家族のことが心配で眠れない望美は、棚から1本の
カセットテープを取り出し、ラジカセで再生します。

ヘッドホンから聞えてきたのは、多恵にアナウンサーになりたい理由を望美が聞かれた日の録音でした。

25年前の今村家、停電でリビングが真っ暗になり、怖がる
望美は多恵の傍に寄っていました。

すぐに電気は復旧、再び明かりがつき、望美は多恵にアナウンサーになりたい理由を答えます。色々な人から話を聞き、それを世界中の人に伝え、世界中の人と友達になり、そして
世界中の人に幸せになって欲しいと考え、望美はアナウンサーになりたかったのです。

翌朝、結人が目覚めると、望美が豆腐を買って帰って来ました。

以前、家族で豆腐を食べた時のように、望美は家族を団結
させたいと思っていました。反対する結人をよそに、望美は家族にメールを送ります。

夕方、望美が愛美と進次を引き連れ、時岡家を訪ねます。

愛美と進次、そして多恵の3人で暮らすよう望美が提案。
驚いたことに、多恵は望美が戻ることを条件に家族で暮らすことを受け入れます。結人と一緒にいて幸せになるとは、多恵は思っていませんでした。

すると、家族を不幸にしたのは望美だと愛美が責めだし、25年前に死んだ方が良かったと口走ります。
言葉が過ぎる愛美を、進次はビンタし、多恵は責めました。

怒った愛美は、豆腐を床にぶちまけて出て行き、望美も涙を浮かべ出て行きました。

夜、結人が自宅アパートに帰宅すると、望美は居ません。

スマホに連絡してもつながらず、結人は多恵に連絡、しかし既に帰ったと言います。図書館や事故に遭った崖に、結人は望美を捜しに行きましたが見つかりません。一旦、アパートの前まで戻り、結人が再びスマホに連絡すると望美が出ました。

電話越しに同じように聞こえるサイレンの音に、結人は望美がアパートに帰宅していると気づき、アパートに戻ると、やはり望美が居ました。望美は25年ぶりに目覚めてから、ミヒャエル・エンデ作『モモ』の
主人公・モモのように時間泥棒に時間を盗まれたと思っていました。

しかし、みんなの時間を奪っていたのは、望美自身だと気づきました。

落ち込む望美に何もしてやれず、何があっても望美の傍から離れないと結人は誓います。

そんな結人が亀の『カシオペア』に、望美には思えました。結人の言葉が、カシオペアが絶望したモモに送った言葉のようだったのです。

「私がついている」話せないカシオペアが、甲羅にそう文字を出したと結人が教え、望美と結人は唇を重ねます。
2人は無力でしたが、望美は結人さえ居れば良いと思うのでした。

 

以上、ドラマ「35歳の少女」第6話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

35歳の少女 第5話 ゆうとくんと付き合うということ あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→