極主夫道 第4話 両親ガサ入れ!夫婦の危機!あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「極主夫道」第4話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

龍(玉木宏)の家に美久(川口春奈)の両親が訪ねてくる。

龍は、美久の母(YOU)と父(正名僕蔵)を手作りのお菓子で、もてなす。

しかし、美久の父はコワモテの龍に怯えている様子。
龍は美久の父に、意外なことを頼まれる。

ゆかり(玉城ティナ)への思いを募らせる雅(志尊淳)は、虎二郎(滝藤賢一)に相談。雅は虎二郎の助言に従って、ゆかりにアプローチするが…。

そんな中、美久は会社で大きな仕事を任される。

美久のデザインが、ある絵画展で採用されると決まったのだ。

美久の上司は取引先に対するイメージを気にして、夫が元極道だと知られない
ように気を付けてほしいと美久に釘を刺す。

美久は、絵画展のためのデザインを描いて社内でプレゼンすることになる。

プレゼンに向けて、入念に準備を進める美久。

彼女は、プレゼン当日の
朝まで作業してデザインを描き上げる。

美久が出勤した後に掃除を始めようとした龍は、美久が徹夜して描いたデザイン画を忘れていったことに気付く。

「このままやったら、美久が大事な
シノギ失のうてまう!」と龍は、デザイン画を届けるために彼女の会社へ向かう。

そんな龍の行動が、警察の酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)から、江口(竹中直人)、雲雀(稲森いずみ)
雅、大城山(橋本じゅん)まで巻き込んだ大騒動になり…。

さらに、この一件で龍と美久にとんでもない危機が!?

[ネタバレ]

黒田美久(川口春奈)の両親が自宅にやって来ます。

龍(玉木宏)は、手作りのカヌレ(フランス菓子)などで、義父(正名僕蔵)と義母(YOU)を精一杯もてなします。

義父とのキャッチ
ボールで心を通わせます。

龍の剛速球に吹っ飛ばされながら、「君の心、しっかり受け取った」と、義父に言わせます。

珈琲ルアンでバイトをしている女子大生、大前ゆかり(玉城ティナ)に
思いを寄せる赤宮雅(志尊淳)は、兄貴分の龍に相談。

彼女を家に呼びたいという雅の部屋を、極主夫流の家事テクニックで片付けます。

洗濯の極意も教えます。

が、雅はそれに満足せず、何かと
敵対してややこしい関係の白川虎二郎(滝藤賢一)にも相談。

占いによるラッキーアイテムが金のシャチホコとアドバイスされ、それが描かれているネッカチーフ、Tシャツを着用し、ゆかりの前に現れます。

各町の婦人会対抗のバレーボール大会が迫り、その練習に駆り出される龍と雅。

婦人会メンバーの太田佳世(田中道子)は、男性を入れたら他の町からクレームが来ないかと心配しますが、会長の
田中和子(MEGUMI)は、男女平等の世の中であり、専業主夫の龍が婦人会チームに入れない方がおかしいと主張します。

龍はバレーでも圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

美久のデザインが
絵画展で採用されます。

美久の上司(今野浩喜)は、夫が元極道であることがバレないよう注意を促します。

帰宅した美久は徹夜でデザイン画を描き上げますが、翌朝、これを机の上に置き忘れたまま出勤。

龍は、デザイン画を美久の会社に届けます。

が、自転車で疾走する龍の背中に負った長モノ(デザイン画を丸めて入れる筒状の容れ物)がライフル銃に見え、大騒ぎになります。

酒井タツキ(古川雄大)
佐渡島幸平(安井順平)両警官は、殴り込みに違いないと後を追い、龍を引き留めます。

が、龍は、それを振り切って走り去ります。

それを建物の上(元組事務所)から見下ろしていた元天雀会の江口
菊次郎会長(竹中直人)、雲雀姐御(稲森いずみ)、雅は、龍が大城山組の組長、大城山國光(橋本じゅん)のタマ(命)を取りに行くものと誤解。

警官と一緒に龍の後を追います。

美久が勤めている
菅原デザインが入っているビルに到着したという連絡が彼女に入り、彼女が一階に降りると、龍は警官に取り抑えられています。その脇には菊次郎会長、姐御、雅がいます。

「こんなでっかいビルを
構えやがって。大城山、出て来い!」と会長が吠えています。

会長は、天雀会の解散後に大城山組が一気に勢力拡大したものと思い込んでいます。

ビル内に勢力を伸ばした大城山の組事務所があり、それで
龍がカチコミをかけたと勘違いしています。

が、ほどなくして、「ここは、大城山の組事務所じゃないのか」と、気付きます。美久が長モノの中からデザイン画を取り出し、中身がライフル銃でないと分かり一同解散。

帰宅した美久は、夫が元ヤクザ者だということが知れ渡ってしまう行動を起こした龍を叱責します。これに、娘の向日葵(白鳥玉季)が反発します。

そもそも忘れ物をした母が悪いと指摘し、そして、母は
いなくても龍さえいれば自分は死なない、生きて行けると言ってしまいます。

そんなに仕事が大事なら、家に帰らず、ずっと会社で仕事をすれば良いとも言ってしまいます。

美久は、娘にそうまで言われ
家を出て行ってしまいます。龍と美久の別居が始まったという噂が広がり、菊次郎元天雀会会長は、龍が極道の世界に戻ることに期待をかけ始めます。

二年前、美久との結婚を契機に極道から足を洗った
龍なのですから、美久と別れれば、再び、極道に戻るとも考えられます。

一方、婦人会の田中会長としては、龍が美久と離婚でもしたら、町対抗のバレーボール大会に龍は出場できませんから、それは
絶対に阻止しないといけません。

それと前後して、料理教室に龍が入ると、菊次郎会長がいます。

会長は、雲雀姐御と小料理屋を始めようかとも思っていて、その準備の積りのようです。

また、田中婦人会長もいて
こちらは、カフェでもやろうと言っています。

いずれにせよ、菊次郎も、田中も、龍の取り込みが急務です。

双方とも、龍を取り合っています。

離婚させることで龍を引き戻せると思っている菊次郎と
離婚させないことでバレーボール大会に勝ちたい田中がいるわけてす。

料理教室では、田中、太田ら婦人会に絡まれ、「アンタ、龍の何なのさ!」と凄まれていた菊次郎組長。料理教室の先生が話の流れを
察知して、「では、今日は、唐揚げを作りましょう」ということになります。

菊次郎元会長、田中婦人会長の抗争だけに留まらず、それに大城山組が絡んで来ます。

大城山は、殺られる前に殺るという
方針の下、龍のタマを取る鉄砲玉(殺し屋)を用意しています。

菅原デザインが入っているビルの一階で、美久の上司に会った龍は、妻に渡すよう依頼して、唐揚げ弁当を手渡します。美久の大仕事の
クライアントに対する本番プレゼンは来週です。

美久は会社に詰めて仕事を続けています。

上司に会った時、龍は言われていました。

「彼女の将来を考えたら、あなたは彼女のそばにいない方が良い」、と。
龍の弁当が美久に届けられ、それを彼女が食べている頃、弁当を届けて帰宅の途についていた龍が乗用車にハネられます。

帽子とサングラスが路上に転がります。美久の電話に出ない龍。

続けて、向日葵に
電話してみると、龍が帰っていないと言います。

龍からは、何の連絡も無いと言っています。

「今すぐ帰るから待ってて」と、美久は自宅で一人ぼっちの娘の元に急ぐのでした。

以上、ドラマ「極主夫道」第4話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→

極主夫道 第3話 玉木宏の本気度がすごい!!あらすじ・ネタバレこちら

極主夫道 第5話 玉木宏&川口春奈の出会いが明らかに・・・あらすじ・ネタバレこちら