極主夫道 第5話 玉木宏&川口春奈の出会いが明らかに・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「極主夫道」第5話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

別居状態になってしまった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。

美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。

そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいては
いけないのではないかと迷う。

そんな矢先、龍が交通事故に遭う。

一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。

美久が龍に電話をかけても、留守番電話に
なるだけだった。

向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。

美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、
折り返しの連絡は来ない。

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。

向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。

雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。

江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。

天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても
緊張が高まる!雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。

雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。

雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。

美久は雲雀と
雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。

雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始め…。

[ネタバレ]

日曜日の夜、妻の美久(川口春奈)が休日出勤している会社に唐揚げ弁当を届けた折り、妻の上司(今野浩喜)に、「彼女の仕事の為には、元ヤクザのあなたはいない方が良い」と言われ
更に、その帰りの夜道で車に轢かれた黒田龍(玉木宏)は、帰る場所を失い姿を消します。

龍を撥ねた運転手(りんごちゃん)が病院行きを勧めるのを制し、事故現場を立ち去ります。

連絡が途絶えてしまった美久に、娘の向日葵(白鳥玉季)は、「ママに愛想をつかして出て行ったんでしょう」と言い、暫くの静観を奨めます。

龍は一時の退避場所として、白川虎二郎(滝藤賢一)の
ミニバン(クレープ屋HAPPY CREPE)を選びますが、虎二郎に追い出されます。

さかのぼること二年前…。

美久がウェイトレスとして働いていたファミレスに、舎弟の赤宮雅(志尊淳)を伴ってやって来ては
「姉ちゃん」と、何かにつけて美久を呼んでいた龍。

「鰈(かれい)の煮付け定食」や「イチゴパフェ」を注文し、子持ち鰈を見ては「子持ちは嫌いやないで~」と言ったり、パフェの下に沈む朱色を指して
「血痕色(結婚)について話そう」と言うのを、一度は人の気持ちを弄(もてあそ)んでいるものとして怒りますが、徐々に勘違いしたまま龍に気持ちが向かいます。

大学生時代に子供が出来た美久。

相手は
美久の妊娠を知って逃げ出していましたが、彼女は子を出産。シングルマザーとしてファミレスで働いていた美久は龍の言葉をプロポーズと勘違いし、龍もまた、そんな彼女を命を懸けて守ろうと決心していました。

それで「極道の妻にはなれません」と美久に言われた龍は、天雀会を抜ける決意を固めます。

結局、最終的に、「命を賭けて守る人が出来た」と江口菊次郎(竹中直人)会長に言って天雀会を去るのですが
その条件として、当時、天雀会と敵対していた渡瀬一家を一晩で壊滅させます。

それで天雀会を破門ということにして貰います。

その足で雨の中、バラ一輪を持って美久の前に進み出ます。

渡瀬一家との
抗争で顔面は血だらけのままの龍が差し出すバラを美久が受け入れて、二人は結婚に至ります。

龍が行方不明で二人が別居状態だと知った菊次郎は、この機を逃すまいと、龍を天雀会に引き戻す策略を仕掛けます。

美久との結婚を契機に天雀会を抜けたのだから、この結婚が御破算になれば龍は元の場所(天雀会)に戻るものと考えます。

一方、田中和子(MEGUMI)婦人会長は、何かと役に立つ龍が離婚して町を出て行かれると
困ります。

貴重な戦力になっている町対抗のバレーボール大会に向けても支障をきたしますので、菊次郎の離婚に向けての戦略、向日葵に龍を嫌いにさせようという戦略に怒り、武装して戦う構えを見せます。

雲雀(稲森いずみ)も、いよいよ菊次郎の悪巧みに気付き、雅を問い詰めます。雅が菊次郎の狙いを白状し、菊次郎は雲雀に叱られることになります。

喫茶店(珈琲ルアン)のアルバイ店員、大前ゆかり(玉城ティナ)が
インスタグラムに龍が画像投稿しているのを発見。

酒と鯛にまつわる画像を雅は見せられ、虎二郎ともども、これは近々、山ノ守一家との盃事が行われることを意味していると考えます。

極道に戻るにしても
小さな天雀会ではなく、日本最大組織の山ノ守一家から盃を貰うつもりなのだと、雅と虎二郎は思い込みます。

美久は、夫が元極道であることを告白した上でのプレゼンをし、それから帰宅すると龍がいます。
龍は、ケジメをつけようということで、邦衛神社の鶴の間を抑えています。

龍が邦衛神社の鶴の間を予約していることを知った雅は、そこで行われるはずの山ノ守一家と龍との盃事を潰そうと、菊次郎、雲雀とともに
殴り込みをかけます。

婦人会の田中和子(MEGUMI)と太田佳世(田中道子)もその応援に同行します。邦衛神社の鶴の間で行われていたのは、龍と美久の神前結婚式でした。

龍の義父(正名僕蔵)と義母(YOU)、それに
向日葵が列席しています。

義母が、主夫道を全うする覚悟があるのなら、盃の酒を一気に飲み干して懐中深く納めるよう求めます。「しかとさように納めさせていただきます」と、龍が応じます。

珈琲ルアンの大前ゆかりが、虎二郎と線路沿いの夜道で会います。

神社での盃事は、山ノ守一家の盃を龍が貰うものと思っていた虎二郎。「予想外れたみたいね」と、ゆかりに言われ、結婚式のインスタ投稿(tatsu73674)画像を
見せられた虎二郎は、「えかったのお~」と、涙を流さんばかりに感激します。

神社での結婚式を終えて帰宅した義父と美久が鍋料理の準備を始めます。

義母が乱暴な料理作りで危なっかしい二人を
押しとどめ、鍋料理を完成させます。

食事後、洗い物をする龍に美久が近付き、「龍ちゃん、ありがとう」と言うのでした。

以上、ドラマ「極主夫道」第5話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

極主夫道 第4話 両親ガサ入れ!夫婦の危機!あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→

極主夫道 第6話 雅と向日葵の思い あらすじ・ネタバレこちら