監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第3話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)たちが暮らす万木家に、野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が突然訪ねてくる。

あくる日、朝顔は、検視官の丸屋(杉本哲太)から電話で呼び出される。

朝顔が
向かったのは、山梨と神奈川の県境にある田園地帯だった。

朝顔が、遺体が見つかったという小さな倉庫に案内されると、そこで丸屋と、神奈川県警から山梨県警に異動になった旧知の
検視官・伊東(三宅弘城)がもめていた。

第一報は自分たちの方が早かったのだから山梨県警が調べる、と主張する伊東に対し、この件は神奈川県警がずっと追っていた、といって譲らない丸屋。

すると、伊東とともに現場に来ていた山梨医大の法医が、解剖の予定が詰まっていると言い出したため、この件は朝顔が調べることになる。

神奈川県警の刑事によれば、遺体は農具倉庫で見つかり
第一発見者は所有者が亡くなったために調査に訪れた市の土木課職員だという。

遺体は完全にミイラ化しており、付近に身元を確認できるようなものもなかったため、年齢や死亡時期の特定は困難だった。

そして、奇妙なことに遺体はタキシードを身に付け蝶ネクタイをしていた。そこで丸屋は、この遺体は重大事件の容疑者かもしれない、と朝顔に打ち明け…。

[ネタバレ]

野毛山署強行犯係の係長・山倉(戸次重幸)が土砂降りの中、傘を差さずに万木家を尋ねてきた。

山倉は真也(風間俊介)にとっては元上司、平(時任三郎)にとっては今でも上司に当たる人物で2人は驚きを隠せない。
風呂から上がった山倉は泣くばかりで理由を話そうとしてくれない。朝顔(上野樹里)は夕食の鉄板を振舞いながら山倉が落ち着くのを待つ。

そして、ついに山倉は万木家にやってきた理由を話してくれた。

山倉「自分は異動になるんです。」

どうやら他県から優秀な人材が異動してくるようで山倉は左遷を心配していた。平たちは「ただの噂話ですよ」と励まし、今夜は飲み明かすことにする。

翌日、朝顔が目を覚ますと山倉はお詫びの朝食を作り置きし、すでに万木家を出て行っていた。

その後、朝顔は検視官の丸屋(杉本哲太)から山梨と神奈川の県境にある田園地帯に呼び出される。ここでミイラ化した遺体が見つかったという。

朝顔が遺体が見つかった小屋に向かうと丸屋と神奈川県警から山梨県警に異動になった旧知の検視官・伊東(三宅弘城)が言い争っていた。

 

伊東:第一報は自分が来たのは山梨県警なのだから自分たちが調べる
丸屋:この事件は神奈川県警がずっと追っていたから譲れない
相変わらず伊東と丸屋はそりが合わないようだ。

 

いい争いに埒が明かないのと山梨医大の法医に解剖の予定が詰まっていたので、遺体の解剖は朝顔たちが引き受けることになる。

 

所有者が死亡したので調査に訪れた市の土木課職員が遺体を発見した
死後何十年も経過しており遺体はミイラ化していた
なぜかミイラはタキシードに蝶ネクタイという奇妙な格好
他に遺留品は無し

 

と身元どころか、年齢や死亡時期、死因などを特定するのは困難であった。

だが、丸屋は「なんとしても特定して欲しい」と急かす。

このミイラが身に着けていたタキシードと蝶ネクタイが神奈川県警が20年ずっと追っていた
指名手配犯のものと型が一致、本人かもしれないからだ。

 

20年前、佐竹という男が資産家に対して篭もり事件を引き起こした
身代金を受け渡す直前に佐竹は銃を乱射、3人が殺害された
パーティに紛れ込んでいたのでタキシード姿だった
佐竹はそのまま逃走し、その後の消息は不明

 

本人ならば事件が大きく動くことになり、県警からも真也がやってきて解剖に立ち会うことになる。真也は朝顔たちに佐竹の歯の治療記録を渡す。

朝顔達はミイラ遺体の解剖を始める。だが、乾燥が進んでおりすぐに調べられるのは歯ぐらいしかない。

そして、佐竹の歯の治療記録と遺体の歯は一致せず、佐竹では無いことが断定された。一方、光子は遺体に集っていた虫が気になる。

遺体が本人で無いので県警は引き上げ、残りの捜査は野毛山署強行犯係が行うことになる。
翌日、朝顔達は遺体の僅かな手がかりから少しずつ遺体の身元の特定をしていく。

歯の細菌は年齢は62~68歳ぐらいと断定、薬物検査の結果、肺高血圧を患っていた可能性が高いことが判明する。

さらに光子(志田未来)は遺体の虫が乾燥した遺体につく虫と完全に乾ききっていない遺体につく虫、2種類いることを突き止める。

となるとこのミイラは最近、2、3ヵ月の間に亡くなったことになる。

さらに遺体の胃にはほうれん草とキノコの繊維、何かの動物の骨が残されていた。

平たちはこれらの手がかりから最近の行方不明者を調べる。

そして、吉野という男性が浮上、遺体のDNAと一致して身元が特定された。

その後、娘の吉野佳奈(佐久間由衣)が遺体の確認にやってくる。

だが、遺体はミイラ化しており佳奈は目を逸らしてしまう。

佳奈に話を聞いてもタキシードと蝶ネクタイをしていた理由は分らないという。

朝顔たちにはこれ以上はどうすることも出来ない。

朝顔は吉野の解剖書の死因に「12.不詳の死」と丸をつけて茶子(山口智子)に提出する。

朝顔は茶子に「少しでも吉野さんが死亡する前の行動を突き止めたい」と訴える。

最後の対面が
ミイラ化した状態では佳奈も吉野も気持ちが浮かばれないからだ。

だが、「気持ちは分りますが、我々の仕事はここまでです」と諭されてしまう。仕事を終えた朝顔が夕食の準備をしていると祖父・嶋田浩之(柄本明)から電話が掛かってくる。

朝顔は次の休みにまたそっちに向かい、母・里子の手がかりを探すことを伝える。

だが、浩之から思わぬ返事が返ってくる。

浩之「次はこっちに来なくていいんじゃないかな。朝顔も疲れているだろうし。」

朝顔はそんなことは無いとする。

が、浩之「本当に来なくていいからね。ごめんね急に。」と浩之に強く言われてしまう。朝顔は浩之の態度が気になったが次の休みには行かないことにする。

本来は東北に向かう日、朝顔は休日にも関らず法医学教室に顔を出す。

そして、茶子に「もう一度、吉野さんのことを調べたい」と願い出る。

茶子は「休日まで口を出すわけにはいきませんので」と許可してくれた。

ただし、吉野の遺体はすでに火葬が済んでおり、最後の手がかりは胃に残された骨しかなかった。

休憩中、法医学のメンバーも残された骨の特定に協力してくれる。

茶子は「この骨について食べたことがある」と思い出すのだった。

数日後、朝顔と茶子は佳奈を山梨県にある高級なレストランに呼び、父親の最後の行動について話をする。胃に残されていた骨はフランスでは高級食材であるカエルのもの。

その料理を出してドレスコードに厳しいレストランが
山梨県ではここしかなかった。

そして、シェフが吉野と同い年くらいの女性が仲良く食事をしていたことを覚えていた。吉野は妻を亡くして男で1つで佳奈を育てていた。

子育てが終わった後、女性との交際をしていたのかもしれない。

佳奈によると事件現場の近くに母親の墓があり、後ろめたさから食事の後に向かったのかも知れないと言う。

死因となぜ廃小屋で亡くなったのかまでは分らなかったが、佳奈は父親が最期に何をしていたのか、楽しい気持ちだったと
知れて満足するのだった。

事件後、野毛山署強行犯係に山倉が戻ってくる。山倉の異動は無かったのでウキウキだ。そして、他県から異動となった優秀な人物がやってくる。

その人物はなんと伊東で、しかも検視室長だという。

丸屋よりも立場が上だ。
「あんたの下に付くらいなら警察を辞めてやる」と丸屋は取り乱し、伊東と取っ組み合いになってしまうのだった。その夜、朝顔は平たちの飲み物を買うためにコンビニに出かける。

どうしても気になり、祖父・浩之に電話を掛ける。
「つぐみのことが心配ならいっしょに連れて行くよ」とする朝顔。

浩之は「嫌じゃないんだ」としつつ朝顔に衝撃の告白をする。浩之の告白を聞いた朝顔は言葉を失ってしまうのだった。

以上、ドラマ「朝顔2」第3話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレこちら