この恋あたためますか? 第5話 社長が甘いものが嫌いな理由 思いが届かない日 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「この恋あたためますか?」第5話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

新谷(仲野太賀)からの突然のキスに戸惑う樹木(森七菜)は、里保(石橋静河)が浅羽(中村倫也)と復縁を望んでいることを知り、さらに複雑な気持ちになってしまう。

そんな中、ココエブリィに経済誌とテレビから密着取材が申し込まれ、新しいスイーツ商品の展開を作った社長の浅羽とともに、取材対象者に選ばれたのは樹木。

社長と一緒に取材を
受けることになり、慌てふためく。

一方、樹木への恋心を自覚した新谷は、樹木をデートに誘う。そして同じ頃、里保も浅羽の携帯にメッセージを送り…。

[ネタバレ]

業界シェア4位のコンビニチェーン『ココエブリィ』商品部スイーツ課社員・井上樹木(森七菜)と北川里保(石橋静河)、そして元課長・一岡智子(市川実日子)の3人が、人気カフェ
『ISHIYA NIHONBASHI』にパンケーキのリサーチに来ていました。

ココエブリィと取り引きのあるスイーツ製造ベンダー『ドルチェキッチン』パティシエ・新谷誠(仲野太賀)からの突然の
キスに戸惑う樹木は、友達の話として北川と一岡に相談。

新谷のこととは知らず、同意もなくキスをした男のことを北川はクズ呼ばわりします。

そんな北川は、社長・浅羽拓実(中村倫也)が
元恋人とは明かさず、浅羽とよりを戻す意思があることを樹木と一岡に打ち明けるのでした。

経済誌とテレビから新生ココエブリィに取材の申し込みがあり、浅羽の他に樹木も取材を受けることになります。

そんなこととは知らずドルチェキッチンの調理室にひとり居た樹木に、新谷が先日のキスの件を謝罪。

新谷に彼女が居るという誤解は解けたものの、樹木は取材のためココエブリィ本部に連れ戻されてしまいます。

一方、浅羽と敵対するココエブリィ生え抜きの専務・神子亮(山本耕史)は、外資系ネット通販会社『エクサゾン』社員・澤木直人(田村健太郎)と結託し、ココエブリィ創業者の孫娘・清水香織(笹本玲奈)に
接触していました。

スイーツ課一同と新谷が見守る中、浅羽の取材が始まります。

スイーツ嫌いの浅羽がリップサービスでスイーツ好きを公言、スイーツ嫌いを知る樹木は疑問に思います。

すると、浅羽が子供のころはスイーツが好きだったことを、新谷が明かすのでした。

取材は昼休みで中断、樹木と北川、そして新谷の3人は、会社近くの広場でランチをしていました。

新谷のスマホに、実家からクリスマスの出動要請のメッセージが届きます。

新谷の実家は洋菓子屋を営み、繁忙期のクリスマスには子供のころから毎年、手伝いをしていました。

昨年は、寂しさを紛らわす為
北川も手伝っていましたが、今年の手伝いは断ります。

取材のため樹木が先に本部に戻ると、北川は樹木がクズ野郎に突然キスされたことを明かします。

新谷がそのクズ野郎は自分であることを打ち明けると
北川は新谷を応援するのでした。

午後、取材が再開され、浅羽は樹木に全幅の信頼を寄せていることをインタビューで明かします。

一方、今後の夢を問われた樹木は、何も答えることができませんでした。

夜、帰宅した樹木は、ルームメイトでココエブリィ上目黒店アルバイト店員・李思涵(古川琴音)に恋の悩みを打ち明けます。

浅羽の傍に居られるなら、社長と社員の関係だけでも良いと思っていた樹木でしたが
社員から社長までの距離があまりにも遠く感じられ悩んでいました。翌日、先日のプレゼンが認められ。山梨から規格外品のりんご『ふじゴールド』が送られてきました。樹木は生のまま使うことを提案、早速
新たなりんごのプリンを試作します。

ココエブリィ本部でスイーツ課一同が試食、皮の食感の悪さを指摘され、更にクリスマスに向けたデコレーションの注文がつきます。

張り切る樹木は、作り直しに
調理室へと向かいます。その頃、 神子に会議室に呼び出されていた一岡は、浅羽が作成し香織に提出した株式買取提案書を見ていました。

夜、調理室で作業をしていた樹木と新谷、そして北川の3人、北川が
気を利かせ事務作業をしに本部へ向い、樹木をデートに誘うよう窓越しに新谷を焚きつけます。

北川は本部に戻ると、浅羽の週末の予定を尋ねるメッセージを送るのでした。

そして週末、樹木と新谷は横浜
八景島シーパラダイスで、北川と浅羽は浅草でデートを楽しみます。

移動販売スイーツ『鯛パフェ』で、樹木と新谷はマンゴーとチョコ、そして黒蜜きなこを注文、しかしガス機器のトラブルでいつできるか
分かりませんでした。

すると、ふたり組の女性客が『たいパフェ』を1つ譲ってくれたのです。

女性客の1人は、上目黒店の常連客・石原ゆり子(佐野ひなこ)でした。

たいパフェを食べ終えるとアトラクションを
満喫、そして樹木と新谷は水族館へ行きます。

同じ頃、北川と浅羽は、仲見世通りで串だんごやもんじゃを食べ、浅草寺を参拝していました。夜、新谷は水族館で樹木に告白、直ぐに返事は求めませんでした。

一方、川沿いの遊歩道を歩く北川と浅羽、北川が先日と同じように浅羽の手を握り「何も感じない?」と問いかけると、浅羽は北川を抱きしめるのでした。

北川の自宅近くまで浅羽が車で送り、去り際に北川は
スイーツが嫌いな理由を浅羽に尋ねます。

北川は、クリスマスの日にケーキを手作りしようと思っていました。

浅羽は、子供の頃に食べ過ぎて嫌いになったと言うのでした。

同じ頃、新谷が樹木を自宅アパートまで
送り、ふたりは別れます。

その様子をアパートに来ていた上目黒店店長・上杉和也(東京03:飯塚悟志)と上目黒店アルバイト店員・碓井陸斗(一ノ瀬颯)が見ていました。

樹木が帰宅すると、上杉と碓井は新谷を推しまくるのでした。
翌日、調理室に入って来た北川は、浅羽とよりを戻したことを新谷に伝えます。

既に調理室に居た樹木に、北川と新谷は気づいていませんでした。北川の話を聞き、樹木はショックを受けるのでした。
その夜、退社間際の樹木に、浅羽からメッセージが届きます。

先日、取材を受けた雑誌の原稿チェックでした。

浅羽と樹木は本部で原稿をチェック、不意に樹木が浅羽にスイーツが嫌いな理由を尋ねます。

北川にした説明を繰り返す浅羽でしたが、樹木の追求に本当の理由を明かします。浅羽家に一家団欒はなく、唯一食卓を囲む日がクリスマスでした。幼い浅羽は、両親に喜んでもらおうと自らケーキを焼きクリスマスの
準備をしていました。しかし、浅羽そっちのけで両親は口論に夢中になり食べてくれず、その日以来、浅羽はスイーツが嫌いになったのでした。翌日、浅羽はエクサゾン部長・都築誠一郎(利重剛)を呼び出し
ココエブリィの売却を白紙に戻します。

樹木たちが調理室でりんごのプリンの新しい試作品を完成させる中、神子が緊急動議を発議し浅羽の解任を要求、そして全会一致で可決されます。

社員に浅羽解任の通知が届き、樹木たちが調理室から戻るとスイーツ課が騒ぎになっていました。

浅羽の解任を知った樹木は、矢も楯もたまらず浅羽の後を追い地下駐車場へ行きます。

車に乗ろうとする浅羽に、樹木は
完成したリンゴのプリンを渡そうとしました。食べると約束していた浅羽でしたが、受け取らずに車に乗り込みます。

「好きなの!」運転席の窓を叩き叫ぶ樹木をよそに浅羽は車を出し、走って後を追う樹木でしたが
浅羽の車は走り去るのでした。

以上、ドラマ「この恋あたためますか?」第5話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

この恋あたためますか? 第4話 複雑なキス あらすじ・ネタバレこちら