朝ドラ「おちょやん」 放送開始日 ・ロケ地・主題歌(動画あり)みどころは?おちょやんとは?

ドラマ「おちょやん」の放送開始日・ロケ地・主題歌について紹介します!

[放送開始日]

2020年11月末から始まる連続テレビ小説103作目の『おちょやん』。

今をときめく売れっ子女優・杉咲花さんがヒロイン・竹井千代を演じることで話題になっています。

放送開始日は、2020年11月30日(月)朝8時~(NHK総合)の予定です。

[主人公のモデルは浪花千栄子]

朝ドラ『おちょやん』のモデルである浪花千栄子さんは、大阪府南河内郡東板持町(現在の富田林市東板持町)で、養鶏業を営む貧しい家の娘として生まれました。

 

 

満足な教育を受ける
ことなく、8歳で道頓堀の芝居茶屋へ女中奉公に出されてしまいます。

しかし、それが転機となり、18歳で女優の道に進み、芸名「香住千栄子」として端役で映画デビュー。

1929年には
「新潮劇」に参加、さらに1930年には2代目・渋谷天外(しぶやてんがい)や曾我廼家十吾(そがのやじゅうご)らが立ち上げた劇団「松竹家庭劇」(後の「松竹新喜劇」)に加わり
天外と結婚へ。

その後、天外らが旗揚げした「松竹新喜劇」でも、看板女優として活動しますが、天外が新人女優・九重京子(ここのえきょうこ)との間に子どもをつくってしまったため、離婚。

そして「松竹新喜劇」を退団することに。

離婚したことで、芸能界から姿を消した千栄子でしたが、NHK大阪放送局プロデューサー・富久進次郎が見つけ出します。

彼に出演を請われたことで
“大阪のお母さん”と呼ばれるきっかけとなったNHKラジオ『アチャコ青春手帖』の花菱アチャコの母親役として女優復帰へ。

そして、その母親役で、浪花千栄子の人気に火が付きます。

『アチャコ青春手帖』は長寿番組となり、映画化もされました。

さらに、映画にも続々と出演。

ブルーリボン助演女優賞を受賞した『祇園囃子』や『夫婦善哉』、『蜘蛛巣城』、『宮本武蔵』
『彼岸花』、勝新太郎さんと共演した『続悪名』など、代表作ばかりです。

女優業を退いた晩年には、京都嵐山・天龍寺内で、養女とともに旅館『竹生(ちくぶ)』を経営していたのだとか。

1973年12月22日、消化管出血のため、66歳でこの世を去りましたが、没後に「勲四等瑞宝章」を受章するなど、今でもその名女優ぶりが語り継がれています。

今回の朝ドラ『おちょやん』は
浪花千栄子をモデルとしていますが、物語を大胆に再構成し、フィクションとして描くようです。

[おちょやん ロケ地]

おちょやんロケ地や撮影場所は、実話のとおり、主人公である竹井千代さんが生まれ育った大阪河内市が、メインになると考えられます。

時代は、明治時代末期であり、歴史を感じさせられる
ような場所は撮影に使われる可能性があります。

大阪の有名観光地、道頓堀や大阪城なども撮影場所になりそうですね。

竹井千代は9才で、芝居茶屋に女中奉公として働いていたというストーリーで
あり、もし現代で再現するのであれば、大阪にある劇場を使用するかもしれませんね。

大阪だけでなく、歴史あふれる有名な観光地、近隣の京都とかでの撮影も予想できます。

どのくらいの規模で
撮影を行うのか分かりませんが、関西中心になる可能性は、高いかもしれませんね。

[おちょやん 主題歌]

 

「おちょやん」の主題歌は秦 基博さんの「泣き笑いのエピソード」です。

「泣き笑いのエピソード」は、連続テレビ小説「おちょやん」の物語をもとに書き下ろしされた一曲で、毎日を一生懸命に生きる
主人公・千代のひたむきな姿を思い描かれた楽曲です。

温かくも表現力に富むしんの強さを持った歌声に管楽器やコーラス、ローズピアノなどの奏でるサウンドが彩を加えています。「おちょやん」と共に
千代の人生(エピソード)へ寄り添った主題歌となっているようです。

[おちょやんの意味は?]

作品名である「おちょやん」とは、大阪ことばで「おちょぼさん」がなまったもの。

とはいえ、「おちょぼさん」という言葉も聞き慣れないですよね。

おちょぼさんは「小さい女中さん」のこと。
つまり「おちょやん」とは、茶屋や料亭などで働く女の子を意味します。

浪花千栄子は8歳から約8年間、女中として働いていました。

その期間が彼女の原点であったことや、その言葉の響きのかわいらしさや
親しみやすさから、ドラマのタイトルに選ばれたようです。

[おちょやん あらすじ]

主人公は、明治末期の日本で貧しい家に生まれた竹井千代(杉咲花)。

9歳で道頓堀の芝居茶屋に奉公にでることで千代(杉咲花)の人生が変わります。

芝居茶屋で観たきらびやかな芝居の魅力に心を奪われ
女優の道を目指した千代(杉咲花)は、奉公先を飛び出し、京都で女優として下積みをしました。

その後、大阪に新しくできた「鶴亀家庭劇」に参加したところで、喜劇会のプリンス・天海天海(茂山宗彦)の
息子である天海一平(成田凌)と出会い、結婚に至ります。

一平(成田凌)は子どもの頃から子役としてしぶしぶ芝居を続けていましたが、自分が目指す「新しい喜劇」を作ることに目覚め、千代(杉咲花)と
二人三脚で新しい喜劇の形を模索していきます。

そんな中、第二次世界大戦がはじまり、千代(杉咲花)と一平(成田凌)の運命が翻弄されます。

戦後、空襲被害を受けた劇団は復活するものの、結婚生活の
破綻とともに千代(杉咲花)も芝居の世界から消えてしまいます。

しかし、女優への思いが消えたわけではなかった千代(杉咲花)は、ラジオドラマで12人の子どもを抱える母親役を熱演し、ドラマは多くの人に愛されました。
ドラマは10年に渡って人々に愛され、千代(杉咲花)は“大阪のお母さん”と呼ばれるまでとなります。

 

以上、ドラマ「おちょやん」の放送開始日・ロケ地・主題歌についての紹介でした!

朝ドラ『おちょやん』千代のお父さん、お母さん、新しいお母さんは元首相の孫?

朝ドラ『おちょやん』子供時代 千代、岡田みつえ、天海てんかいの息子 天海一平の役者は?芸歴は?

朝ドラ「おちょやん」に登場するカフェキネマの女給の(まりちゃん)吉川愛と(ようこさん)阿部純子のプロフィール、出演作品は?

朝ドラ『おちょやん』千代の初恋?鶴亀株式会社の小暮真治役の若葉竜也のプロフィール、出演作品は?

朝ドラ『おちょやん』鶴亀撮影所の所長役 片金平八役の六角精児のプロフィール、出演作は?

朝ドラ『おちょやん』ちよちゃんにきつくあたる山村千鳥一座の山村千鳥役の若村まゆみのプロフィール 出演作は?

朝ドラ『おちょやん』山村千鳥一座の座員 薮内清子役の映美くららは元宝塚?プロフィール、出演作は?