ドラマ「この恋あたためますか?」第6話 ききの衝撃の告白 あらすじ・ネタバレ

ドラマ「この恋あたためますか?」第6話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

ココエブリィ本社では、浅羽(中村倫也)を背信行為として退陣させた神子(山本耕史)が社長代行に就任し、徐々に旧体制に戻ろうとしている。

スイーツ課では、樹木(森七菜)は
心ここにあらずの様子。

里保(石橋静河)がプロジェクトリーダーを務めるりんごのプリン=アップリンの開発も中止になり、次の企画へ方針転換が言い渡されその対応に追われていた。

見かねた新谷(仲野太賀)は、樹木を誘い浅羽の自宅へと押しかけるとそこには…。

[ネタバレ]

浅羽拓実(中村倫也)が業界シェア4位のコンビニチェーン『ココエブリィ』の社長を背信行為により解任に追い込まれ、浅羽と対立していたココエブリィ生え抜きの専務・神子亮(山本耕史)が
社長代理に就任しました。

浅羽はココエブリィを売却しようとした悪者、神子はココエブリィを救ったヒーローとして社員たちに迎えられます。

浅羽の肝いりだったスイーツ改革は頓挫、りんごの
プリン『恋する火曜日のアップリン』の商品化は中止になり、次に開発予定のパンプディングは従来の路線に戻ることになりました。

浅羽の後輩でスイーツ製造ベンダー『ドルチェキッチン』
パティシエ・新谷誠(仲野太賀)は、ドルチェキッチンの調理室に残ったりんごの山を見て頭を抱えます。

しかし、新谷が気持ちを切り替えパンプディングを開発しようとする一方、スイーツ課社員
井上樹木(森七菜)は心ここにあらずで仕事どころではありませんでした。

そんな樹木を見かねた新谷は、樹木を誘い仕事終わりに浅羽の家を訪ねます。浅羽は豪邸のリビングでハンモックで
くつろぎ読書をしていました。悪者にされても弁解もせず強がる浅羽を見て、樹木はアイドルを辞めた頃の自身と重なります。

そんな浅場を心配し、樹木は無理やりココエブリィ上目黒店でアルバイトをさせます。

樹木の指導のもと浅羽は笑顔で接客、これまでと立場が逆転し店長・上杉和也(東京03:飯塚悟志)は「浅羽くん」と呼ぶのでした。

翌朝、社長の椅子に座る神子に、一岡は浅羽のノートパソコンから見つけプリントアウトしたメールを手渡します。

外資系ネット通販会社『エクサゾン』部長・都築誠一郎(利重剛)に宛てたそのメールには、ココエブリィの売却を取り止める旨が記されていました。

しかし、都筑からの返信はなく、神子は信じませんでした。

そんな中、初めてリーダーを任されたアップリンが商品化されず落ち込むかに思われたスイーツ課社員・北川里保(石橋静河)は、気持ちを切り替え仕事に没頭、一方、樹木は店舗研修と称して朝から上目黒店で働いていました。

翌日、一岡は課長補佐としてスイーツ課に復帰、スイーツ課一同にも浅羽の最後のメールを見せます。

浅羽が悪者ではないことがハッキリし、樹木はホッと一安心。

更に、一岡はスイーツ改革の復活を誓うのでした。
その夜、浅羽がアルバイトをしていると知り、北川が上目黒店を訪ねて来ました。

コンビニでのアルバイトは新鮮で、浅羽は制服が馴染むまで働くつもりでいました。

樹木は遅くまでドルチェキッチンの調理室で新谷と
パンプティングを開発、しかし新谷が止めるのも聞かず浅羽の頃のコンセプトを踏襲していました。

翌朝、浅羽がテレビのニュースを見ていると、神子がインタビューに答えていました。

神子はコンビニ業界の人材不足に対応、ココエブリィは24時間営業を廃止し営業時間は店舗の裁量に任せ、またレジを無人化した無人店舗も増やし人材を再活用することにしました。

その手腕は現場思いと評され、神子の改革の影響は、早速、上目黒店にも現れます。

ココエブリィの福利厚生施設が使えるようになり、上杉は上目黒店のみんなで温泉に行くことにします。
浅羽も例外ではなく強制参加、上目黒店で車を持っているのは浅羽だけだったのです。

そんな中、ココエブリィ本部の会議室ではパンプティングの審査が行われ、北川のパンプティングが採用されます。

新方針を無視した樹木のパンプティングが採用されないのは当然でした。

分かっていたとはいえ落ち込む樹木は会議室を飛び出し、本部の入るビルのロビーにつながる階段にひとり座っていました。

そんな樹木に神子が方針に従うよう諭しましたが、浅羽に拾われた樹木に浅羽のコンセプトを変えるつもりはありませんでした。

その夜、帰宅した樹木は、次の土日の上目黒店の研修という名の温泉旅行に
ルームメイトで上目黒店アルバイト店員・李思涵(古川琴音)に誘われます。

浅羽も参加すると知り、樹木のテンションが上がります。一方、神子は娘・茉由(落井実結子)と一岡の3人でレストランでディナーをしていました。

樹木の宣戦布告について、天才は周りから浮いてしまうと一岡は神子に助言。一岡は樹木のことを、人を動かすことができる選ばれた人だと評します。

すると、北川と浅羽がふたりでレストランに訪れ、一岡は
北川が言っていた再会した元恋人が浅羽のことだと察します。

浅羽は一岡と神子の関係を不倫と勘違い、一岡は独身で神子はバツイチでした。

研修当日、見ごとな秋晴れの旅行日より、浅羽の車に上目黒店の一同が乗り込み温泉へ向かいます。

この日は北川が開発した『恋する火曜日の極上パンプティング』のテスト販売日で、売上は良好、SNSでも好評を博していました。

初めての商品化で、早く浅羽に報告したい北川でしたが、何故か浅羽は電話に出ません。

浅羽が運転する車の中で、樹木たちが盛り上がり、浅羽は着信に気づきませんでした。

午後、北川は新谷の実家の洋菓子屋に、手伝いに来ていました。

新谷の父親が持病のため入院、この日は商店街でフェアが催され、店を
閉める訳にはいきませんでした。

その頃、樹木たちは温泉を目前に、夜に備えた買い出しにスーパーに立ち寄ります。そこで、高齢者施設の介護士(松本海希)と出会います。

上目黒店アルバイト店員・碓井陸斗(一ノ瀬颯)が、大量の
買いもので重たい介護士のレジかごを持ってあげたのがきっかけでした。

高齢のためスーパーまで買いに行けない入居者のため、施設で買えないものを介護士は買いに来ていました。
浅羽は、介護士の話に終始注目していました。

レジ係のおばさん(新野アコヤ)が碓井の行動に感謝し、樹木たちに花火セットをサービスしてくれました。一方、ココエブリィ創業者の孫娘・清水香織(笹本玲奈)と都筑がカフェで会っていました。

香織は今回の件で浅羽が終わるとは思っておらず、香織と都築は浅羽に期待するかのように笑みを浮かべるのでした。

樹木に想いを寄せる新谷を応援する北川は、樹木に手伝いを頼まなかったことを不思議に思います。

樹木に手伝いに来て貰えば、この土日、ふたりきりになれたからです。

新谷は、好きな樹木に格好悪いところを見せたくありませんでした。

アップリンのことで樹木と揉めた時、新谷はアイデアを出さないと樹木に指摘されました。

新谷が家を継がず、ベンダーに就職したのは、そのアイデアを出せないことが理由だったのです。

専門店のパティシエは、アイデア出しから全て自分ひとりでやらなければならず、アイデアを出せない新谷は、そこから逃げたのでした。

そんな格好悪いところから見せなくてはならず、新谷は樹木に手伝いを頼みませんでした。

ホテルに着いた樹木は、思涵とふたりで足湯に入り、車で走り去る浅羽に告白したことを思涵に打ち明けます。

その後、浅羽からのリアクションはなく、樹木は浅羽に聞こえなかったと思いつつも想いが届かなかったと諦めていました。

樹木たちは露天風呂に入り、男湯の浅羽たちにまで声が聞こえてくるほどはしゃいでいました。

新谷が閉店の準備を始め、北川は再び浅羽に電話を掛けましたが浅羽は出ません。浅羽は、上杉が風呂から上がるのを碓井と卓球をしながら待っていました。

樹木たちが風呂から出て来て、上杉を置いてみんなでお土産を買いに行きます。

樹木はクリスマスツリーのスノードームを気に入りましたが、自分で自分にお土産を買うのは寂しくて買いませんでした。そして、思涵に呼ばれ、みんなで食事に行くのでした。

日もすっかり暮れ、ショーケースを拭く北川は、浅羽が
何も話してくれないと新谷に悩みを吐露します。

一方、樹木たちは、花火で盛り上がり最後の花火が終わると、樹木と浅羽を残して上杉たちは人狼ゲームをしに部屋へ向います。

着信音が鳴りスマホに駆け寄る北川でしたが、鳴ったのは新谷のスマホでした。
新谷はスマホを見て驚き、思わず声が漏れます。

碓井から届いたメッセージには、温泉旅行の写真も投稿されており、その写真には上目黒店のみんなと一緒に樹木と浅羽も写っていたのです。その写真を見て、北川は呆然とします。

浅羽は樹木とふたりきりになり、アルバイトのことを教えてくれたお礼に、樹木にクリスマスツリーのスノードームをプレゼントします。喜ぶ樹木にお礼と念押し、浅羽は樹木のおかげでコンビニの現場を知り、この旅行にも行き買いものを
代行する介護士に出会い、浅羽にはビジョンがハッキリと見えました。浅羽の目指すコンビニは店舗ごとに個性のあるコンビニで、その一環として移動式コンビニを思いつきました。
今後のコンビニについて浅羽が樹木に熱く語っていると、雪が降り始めました。

職場の付き合いとはいえ、浅羽が温泉に行きみんなと食事をすることが、北川には信じられませんでした。

浅羽が樹木に見せる姿は北川の知らないもので、樹木が
浅羽のことをどう思っているのか北川は不安が募ります。

寒くなり、浅羽が部屋に戻ろうとすると、樹木が袖を引っ張り引き止めます。樹木は浅羽が社長に戻ることを望み、そんな樹木に伝えることがあると浅羽は言います。

「好き」だと言った樹木の声が、浅羽に聞こえていたのです。

 

以上、ドラマ「この恋あたためますか?」第6話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

この恋あたためますか? 第5話 社長が甘いものが嫌いな理由 思いが届かない日 あらすじ・ネタバレこちら