ドラマ「35歳の少女」第7話 みんな灰色の男ばかり のぞみの言葉がささる あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「35歳の少女」第7話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

望美(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人(坂口健太郎)のために生きようと決める。

しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は
家族とは縁を切ったと濁す…。

一方、家庭内別居状態が続く進次(田中哲司)は、加奈(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也(竜星涼)は本当の父親に
会いに行ったと言い…。

そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美(橋本愛)は、鉢合わせた相沢(細田善彦)と藤子(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての
理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。

そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵(鈴木保奈美)が現れる。
“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。

多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。

そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする…。

[ネタバレ]

25年前の今村家、完成した新築戸建てを前に感無量の望美の父・今村進次(田中哲司)、家をバックに家族で集合写真を撮ります。

両親はいつも仲が良く、10歳の望美が母・多恵(鈴木保奈美)に
仲の良い秘訣を尋ねると、多恵には喧嘩をしても仲直りする方法があり…。

多恵の言葉の途中で時岡望美(柴咲コウ)が夢から醒め目覚めると、隣には恋人・広瀬結人(坂口健太郎)が寝ていました。

家族と喧嘩別れをし時岡家を出た望美は、結人のアパートで同棲を始めていました。

結人は小学校で面接を受け、自身の理想を面接官に語りましたが、それではどこの学校でも採用されないと言われてしまいます。

アナウンサーの夢を諦め結人の夢を全力で応援することにした望美は、洋食屋でアルバイトを始め制服を着て笑顔で接客していました。掃除機をかけながら多恵が望美の部屋に入ると、荷物はなく部屋は閑散としていました。

会社を解雇され工事現場でアルバイトをする進次が多恵に電話し、望美の様子を見に結人のアパートに行こうと提案しましたが、けんもほろろに断られます。

夕方、進次が帰宅すると、妻・加奈(富田靖子)が通販で
買い漁った商品がリビングにまで溢れ、テーブルにはクレジットカードの明細が置かれていました。

その額563,900円、部屋に引きこもる加奈に出てくるよう訴えかけると、加奈は署名済みの離婚届を進次に突きつけました。

向かいの部屋で同じく引きこもる息子・達也(竜星涼)に進次が助けを求めると、達也は外から帰ってきました。

進次が頼りなく、達也は今村家の窮状を訴えに実の父親に会いに行きましたが、金の無心と思われ
200万円を渡され追い返されてきたのです。

達也は不穏な言葉を残し、再び部屋に引きこもるのでした。

夢だったグラフィックデザイナーを目指す望美の妹・愛美(橋本愛)でしたが、キャリア違いの就活は困難を極めました。
そんな中、面接を終えたデザイン事務所の前で、元恋人で元上司・相沢秀男(細田善彦)とその恋人で元後輩・林田藤子(大友 花恋)と鉢合わせします。

勝ち誇る藤子にイラつく愛美、相沢は藤子に促され、結婚式の
招待状を愛美に渡すのでした。

その夜、結人のアパートで新婚気分で浮かれる望美、そんな望美に、帰宅した結人は学校の方針に従うことを条件に採用を打診され断ったことを明かします。

翌日、望美がバイトする洋食屋に多恵が来店、オーダーされたホットコーヒーを望美が多恵のテーブルに持ってきました。望美は結人の子供を産み、結人との家族が自身の家族になると多恵に絶縁宣言。
多恵は望美には35歳の焦りがあり、結人の重荷となり直ぐに別れると予言、そうなる前に戻って来るよう言います。例え別れても多恵のもとには戻らないと、望美は反発するのでした。

結人がATMからお金をおろすと残高は90,330円、預金通帳を見て思わずため息が出ます。

その夜、帰宅した結人がおろしてきたお金を生活費として望美に手渡すと、主婦気分の望美は喜びます。
かねてから言っていた結人の両親に会いたいという話を望美が再び持ち出しましたが、結人は両親に会わせたがりません。

25年意識が戻らずにいた、普通とは違うことが望美は問題なのだと思っていました。

そんな望美を気遣う形で、結人は不本意ながらも望美を両親に紹介することにします。

翌日、結人は望美を連れて実家に戻り、豪邸を見て結人の実家が資産家であることを、望美は初めて知りました。
結人の父親(西岡徳馬)は元官僚で、2年前に脳梗塞で倒れ要介護になりました。

女遊びを繰り返し泣かされ続けてきた母親(筒井真理子)は、ここぞとばかり反撃、父親の世話はヘルパーに任せ贅沢三昧に暮らしていました。

挨拶に来た望美をそっちのけで、結人の両親はヘルパーを介して喧嘩を始め、激怒した結人は望美を連れて帰るのでした。翌日、アルバイト先の洋食屋で、同じアルバイトのサントスが、理不尽なクレーマーに土下座に追い込まれます。

正義感の強い望美はクレーマーをど正論で畳みかけ、店長にバックヤードへ連れて行かれます。

一方、婚活パーティーに参加していた愛美は、悪酔いしパーティー参加者に悪態をつき強制退場させられます。

その夜、愛美が目覚めると、時岡家ののソファーで寝ていました。

愛美が多恵に電話をしろと騒いだのです。

愛美の世話をする多恵は、捻挫をして足を引きずっていました。

多恵を心配する愛美は実家に戻ろうかと思いましたが、多恵から戻ってこいと言われ反発します。
望美が出て行き、寂しさを紛らわせるための代用品にされることを嫌ったのです。

その頃、望美は、自宅アパートでアルバイトを首にされたことを、結人に報告していました。正論だけでは生きていけないという結人に、望美は反論します。

深夜、寝つけない望美は、棚から『新しいおうち』と書かれた1本のカセットテープを取り出し、ラジカセで再生します。新築したばかりの家の前で家族写真を撮った日に録音したもので、ヘッドホンから多恵の声が聞こえてきました。

ところが、テープが絡まってしまい、多恵の喧嘩をしても仲直りする方法を聞くことができませんでした。多恵に呼び出され、望美と愛美、そして進次が時岡家に集まります。

多恵はテーブルにすき焼きを用意していました。

そして、みんなに家を売却することを多恵は告げます。

家に思い入れの強い進次は、売却に反対、多恵と進次は口論になります。

そんな喧嘩を幼いころから散々見てきた愛美は、うんざりしていました。

望美は子供の頃に教えてくれた仲直りする方法を多恵に尋ねましたが、忘れたと言われます。毎回、望美を言い訳に喧嘩をする家族に怒った望美は、ミヒャエル・エンデ作『モモ』に登場する灰色の男の気持ちが分かったと言い放ちます。
灰色の男は街の人々から盗んだ時間で生き、10歳の望美は大嫌いでした。

そんな望美は、愛美と多恵、そして進次の3人が無駄にした25年という時間を欲しいと言って、時岡家を後にするのでした。
夕方、望美が帰宅すると、結人の就職が決まっていました。

しかし、望美との生活を考え妥協したのです。

望美は、家族と同じように望美を言い訳にする結人と口論になります。

一生の3分の1が睡眠時間で、人生を80歳と考えると、25年眠り続けた望美は
全ての睡眠時間を費やし、その上、既に35歳で焦っていました。

望美と結人は互いの気持ちが分かりあえない、

「私は結人くんと幸せになりたかっただけなのに、ママにもパパにも結人くんにも・・・

結人くんのお父さんやお母さんにだって。幸せになって欲しかっただけなのに・・・

そんなの無理だ、必要ないっていうのならこれからは一人でいきていく。

もう誰の幸せも願わない。みんなを笑顔にしようとも思わない。

自分のためだけにいきていく。

今まではあなたさえいればよかった。今はあなたのそばに一番いたくない。」

望美は結人のもとを去ることにしました。

結人のアパートを出た望美は、人通りの多い夜の通りを歩いていました。

人と肩がぶつかり、その場に崩れ落ちた望美

『25年眠って目が覚めたら世界は素敵になっていると思っていたのに・・・周りには

灰色の大人しかいない、あたしは独りだ』

大声で泣き叫ぶのでした。

以上、ドラマ「35歳の少女」第7話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした。

35歳の少女 第6話 のぞみがアナウンサーに慣れない現実 あらすじ・ネタバレこちら

動画はこちら→