監察医 朝顔2 第4話 チャコ先生は?朝顔の夫 風間くん 浮気?あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第4話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)が法医学教室に出勤すると、茶子(山口智子)から、車に閉じ込められているから休む、という電話が入る。

応対した藤堂(板尾創路)は、絶対嘘の言い訳だと言って
気に留めなかった。

一方、平(時任三郎)は野毛山署で思わぬ人物と出会っていた。

万木家とも深い関わりのある、忍(ともさかりえ)だ。

そんな中、あるマンションの一室で、20代の
若い女性の遺体が発見される。女性はウェブデザイナーの坂井亜衣(椚ありさ)。

亜衣の姉・美優(高梨臨)から、妹と連絡が取れない、という電話を受けた大家が警察官を伴って部屋に
入ると、ベッドに横たわって亡くなっている亜衣が発見されたのだ。

野毛山署強行犯係の刑事たちとともに現場に入った朝顔が遺体を調べると、亜衣は窒息したようで、首にはうっすらと
ひも状のもので絞められた痕があった。

しかし、大家が部屋に入ったときは、ドアや窓はすべて施錠されていたという。

密室殺人では、と色めき立つ森本(森本慎太郎)ら強行犯係の刑事たち。
事情聴取を受けた美優は、亜衣は交際相手に殺されたのだと思う、と証言するが…。

[ネタバレ]

マンションの一室のベッド上で、ウェブデザイナーの坂井亜衣(椚ありさ)24歳の遺体が発見されます。要請を受け現場に急行する朝顔。

伊東純(三宅弘城)らの鑑識係の他、岡島浩司(斉藤陽一郎)と
野毛山署着任早々の桑原忍(ともさかりえ)が先着しています。

忍は、朝顔の夫、真也(風間俊介)の実姉です。

信用金庫を退職し、晴れて幼い頃からの夢だった刑事になって野毛山署に配属されたばかりです。

妹と電話が繋がらないという介護士の姉、美優(高梨臨)からの連絡を受けた大家(内藤)が警察官を伴って亜衣の部屋に入り、そこで遺体が発見されていました。

大家と警察官が入室する際、ドアや窓は
施錠されており密室状態でした。

が、密室であったにも関わらず、遺体の首には紐状のもので絞められた痕跡があります。

強行犯係の聞き取りを受けた美優は、交際相手の岸川勇人に殺されたのではないかと
言い出します。妹から金を貸りたのに返そうとしない勇人を疑う姉がいます。

いずれにせよ、合鍵を持っていた美優と勇人が最初の被疑者になります。

その日の朝、夏目茶子(山口智子)から、「車に
閉じ込められているので本日は休み」という電話が医学教室にあり、万木朝顔(上野樹里)が亜衣の遺体を司法解剖です。

朝顔の司法解剖の裏で、茶子は、前夜より「あなたが必要。答えを貰えるまで今夜は帰さない」
と、憎からず思っている若林(大谷亮平)に車中で迫られていました。

「閉じ込められている」ということですから犯罪の臭いもするわけで、それを心配する者もいるのですが、電話対応した藤堂雅史(板尾創路)は
「何時ものズル休みの言い訳」と言って、茶子の言葉など全くとりあいません。

司法解剖では、死亡推定時刻が朝五時から六時。

首に手術痕があるだけで特に外傷は無し。

甲状軟骨が骨折。爪の間に青色衣類の繊維。

ということで、どうやら着衣の上から絞殺された可能性があることが判明します。

遷延性(せんえんせい)窒息死(一旦息を吹き返し、そこから数時間後に窒息死)であることも後に分かり、それが、他殺、病死判定を困難にさせます。

鑑識係により、亜衣の部屋から指紋検出されたのは、亜衣本人、美優、勇人の三つ。

それに玄関からは大家の内藤の指紋が検出されます。

警官とともに第一発見者になっている内藤を取調室に呼び話を聞くと、「俺が
最初に見た時、亜衣は、もう死んでいた」と証言します。

実は、あの日も、大家の内藤はマスターキーを使って亜衣の部屋に侵入し下着泥棒を働こうとしていました。

そして、亜衣の首吊りを発見するのですが、下着泥棒発覚を
恐れて通報を回避。

亜衣の座位姿勢での首吊り自殺を通報せず、そのまま亜衣の部屋から逃げ出していたのですが、そこに姉の美優から妹と連絡が取れない旨の電話があり、内藤は最寄り交番の警官とともに、何も知らない顔を
して亜衣の部屋に入っていました。

いずれにせよ、最初に亜衣の首吊りを見た時、彼女は青色タートルネックを着用していました。

が、警官とともにもう一度部屋に入ると、亜衣はキャミソール姿でベッドに横たわっていました。

そして、近くに脱ぎ捨てられたとみられる青色タートルネックがありました。

それが内藤証言なのですが、野毛山署強行犯係の見解としては、首吊り自殺を事前に見ていて、一旦、その場を離れたという内藤証言を
信用するわけにゆかず、内藤犯人の線が強まります。

しかし、内藤犯人説を疑う忍が法医学教室を訪れ、朝顔を伴って、再び亜衣の部屋に入ります。

そこで、大量に収集されているリボンテープを発見し、そのひとつを凶器と特定します。

柔らかい紐状テープでの頸部圧迫による他殺であったと朝顔は断じます。

法医学教室に美優を呼ぶ朝顔。

平と忍が美優に付き添っています。

借金返済しないことを責められたのが動機なのか、そのあたりの動機自体は定かでは
ないのですが、ともかく亜衣の交際相手、岸川勇人が絞殺犯なのでした。

柔らかいリボンテープを使って亜衣を絞め落とし後、座位姿勢でタオルを使うという首吊り偽装を施していた勇人。

十歳時の首の怪我の手術痕(索条痕)を
人に見せたくなくて、いつもタートルネックを着ていた亜衣でしたが、偽装首吊り状態を強いられながら、そこから一旦息を吹き返した彼女は、何故か、タートルネックを自ら脱ぎ捨てていました。

そこから、ゆっくりと時間を
かけて死に向かっている中、姉の美優に電話していました。

が、介護の仕事が忙しかった姉は、またいつものように彼氏の愚痴を聞くことになるのが面倒と、電話に出ませんでした。

それで、亜衣はそのまま窒息死に至りました。

電話に出ていれば、あるいは亜衣は助かったはずなので、それを悔いて涙を流す美優。

土曜日、朝顔はつぐみ(加藤柚凪)を連れて祖父、嶋田浩之(柄本明)のいる仙ノ浦に向かいます。

土産(みやげ)を祖父に渡した後、仏壇に
シールを貼るつぐみ。慌てて駆け寄り注意する朝顔が、そこで、母、里子(石田ひかり)のハンカチに包まれた奥歯を発見します。

「じいちゃん、これって?」との問いに、「里子だ」と、祖父の浩之。

平は、これまで幾度となく
繰り返し、妻、里子の遺品探しに仙ノ浦に入っていましたが、その生きた証の遺品は、既に祖父の手元にあったわけで、それを隠していた祖父ということになります。

以上、ドラマ「朝顔2」第4話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第5話 母の歯がみつかる・・・あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第6話 どうして桑原くんが撃ったことに?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第7話 あらすじ・ネタバレ 法医の力がためされる。桑原君をたすけられるのか・・・

監察医 朝顔2 第8話 娘を殺害された父の思い あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第9話 あらすじ・ネタバレ チャコの突然の退職?一体何が・・・

動画はこちら→