ドラマ「極主夫道」第9話 家族崩壊の危機 あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「極主夫道」第9話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

龍(玉木宏)は、向日葵(白鳥玉季)が病院にいると聞いて駆けつける。

向日葵はクラスメートを突き飛ばしてケガをさせてしまい、病院に来ていた。

龍は、ケガをした相手とその親に
謝罪。しかし、向日葵は何も言おうとしなかった。

そんな向日葵を気遣い、龍はケンカの理由を聞かない。

向日葵は龍に、美久(川口春奈)には内緒にしてほしいと頼む。

数日後、学校を
サボっていた向日葵が酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)に保護される。

連絡を受けた龍は、交番まで向日葵を迎えに行く。美久は、向日葵がクラスメートにケガをさせ、学校を
サボっていたことを知って向日葵を叱る。

龍がなだめると、美久は「たっちゃんは甘いと思う」と言う。向日葵の様子を心配した美久は雅(志尊淳)に、向日葵の悩みを聞き出してほしいと頼む。

雅は、向日葵に話を聞く。

向日葵は、龍と血のつながった親子ではないから悪いことをしても何も言ってもらえないし、龍にとって自分はどうでもいい存在なのではないかと打ち明ける。

向日葵の思いを知った美久は、龍がどれだけ向日葵を思っているかを証明すると向日葵に約束する。

美久は雅に、龍と向日葵の心の距離を縮めるにはどうしたらいいかと相談。

雅は、ある作戦を
思いつき、江口(竹中直人)や町の人たちに協力してもらう。

一方、龍は雲雀(稲森いずみ)から、渡瀬一家の人間が近所をうろついていると知らされる。

渡瀬一家とは、龍が以前、壊滅させた
はずの組だった。

雲雀は、渡瀬一家が龍を捜しに来たにちがいないと告げる。

渡瀬一家が龍に報復を画策している可能性があった。手を貸すと言う雲雀に龍は、何かが起こっても自分一人で対処すると答える。

そんな中、龍を鬼の形相にさせる大事件が起こる…。

[ネタバレ]

向日葵(白鳥玉季)の問題行動が多くなり、怪我させた男の子の母親(国生さゆり)に病院で謝罪したりして、その都度、右往左往する龍(玉木宏)。

美久(川口春奈)は向日葵の行動に怒り、
そして、龍に対しては「甘い」と叱責。

叱るのも親としての愛情なのだと龍に言い聞かせる美久。

いずれにせよ、血が繋がっていない父、龍との親子関係の希薄さを気にして、それが向日葵の問題行動に
繋がっています。

龍にも、向日葵にも、双方に遠慮のようなものがあるわけです。

美久から相談を受けた赤宮雅(志尊淳)は、江口菊次郎(竹中直人)や婦人会の田中和子(MEGUMI)会長、それに太田佳世(田中道子)ら
にも協力を求め、龍と向日葵の関係修復に努めます。

雅と美久の「向日葵愛情物語作戦」が実行されます。まず、菊次郎には組事務所で向日葵を預かって貰い、向日葵が行方不明という設定です。

その上で、喫茶店(珈琲ルアン)の
店員、大前ゆかり(玉城ティナ)が「龍ちゃん、助けて~」と電話。

極道風の男たちがやって来て、マスターの遠野誠(水橋研二)が、龍の家の住所を教えてしまったという予定の演技を実行。

家を知られ向日葵の身を案ずる龍。急ぎ帰宅して向日葵を探しますが、不在。

そこに美久から電話があり、向日葵のことを尋ねると、駅前の本屋に行っているのではないかと告げられます。龍は向日葵を探し、自転車で街を走ります。

田中会長と大田に出会い向日葵を見なかったかと尋ねますと、駅前の本屋付近で見かけたが、近くには
金髪痩せ型の白スーツの極道男がいたと言います。

龍は、それが白川虎二郎(滝藤賢一)とみて、クレープ屋(軽車両)に捻じ込みます。が、虎二郎の関与はなさそうです。

龍は虎二郎と一緒に、手相見の占い師、花魁(おいらん)のお京(水野美紀)からの情報を求めます。
それに前後して、龍は、スーパーでバイトする江口雲雀(稲村いずみ)に渡瀬一家(五人ほど)が街中をうろついていると知らされていました。

渡瀬一家は、かつて龍が壊滅させた暴力団組織です。彼らの残党が報復を狙っているのなら、それを一人で受けて立つ構えの龍でしたが、
彼らは、大城山組の組長、大城山國光(橋本じゅん)と手を組んで、駅前の土地開発事業に乗り出すのを目的に、今、火竜町に来ています。

土地開発の下見という名目で、大城山組が渡瀬一家をパートナーとして呼んでいました。

そういう有益情報が、花魁のお京からもたらされます。

虎二郎が大城山組に乗り込み、龍の娘の誘拐に手を貸しているのかと責めますが、大城山組長は、それを否定。それを聞いた龍は、それでは渡瀬一家が単独で向日葵をさらったものと考えます。

しかし、向日葵の行方不明について、それを渡瀬一家の誘拐に見せかけようというのは、もともと雅と美久の作戦。「向日葵愛情物語作戦」の一環です。本気になって龍が渡瀬一家にカチコミをかけ、大事になってしまうのを止めようと、
美久は、「梅宮公園に向日葵はいる」と連絡。

菊次郎の組事務所にいる向日葵を連れて、車で公園に向かう美久と雅。龍が公園に走り込んで来ますが、車から降りようとしない向日葵の為に雅は車外で待機。美久だけが公園内にいる龍の元に向かいます。
と、雅が背後から何者かに鈍器で後頭部を殴られ、そのまま、車ごと向日葵が連れ去られます。

今までは狂言だったのですが、本当に向日葵が誘拐されてしまいます。

火竜町婦人会の二人、交番警官の酒井タツキ(古川雄大)、佐渡島幸平(安井順平)らも向日葵を探索。
向日葵を探して自転車で駆け回る龍に、「いいか、娘を返して欲しければ曽根山に一人で来い。借りは、きっちりと返させて貰う」というボイスチェンジャーでの電話が入ります。「あの時の倍の頭数がいるから、死ぬ気で来い」とも言っています。

隣接市警察から、龍らしき風体の男が職務質問を振り切って曽根山方向に逃走したとの連絡が酒井と佐渡島の交番に入り、その情報が美久と雅にも伝えられます。

「始末してくれるか。ここ数ヶ月、ヤツには苦労した。あと一時間後、頼んだぜ」と、組事務所内で電話している大城山組長がいます。

以上、ドラマ「極主夫道」第9話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

動画はこちら→