監察医 朝顔2 第5話 母の歯がみつかる・・・あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第5話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)は、娘のつぐみ(加藤柚凪)を連れて、祖父・浩之(柄本明)が暮らす仙ノ浦を訪れていた。

そんな朝顔のもとへ、ある遺体を解剖すべきかどうか判断してほしいという
連絡が入る。

朝顔が現場へ向かうと、何故かそこには丸屋(杉本哲太)の姿があり、岩手県警のベテラン刑事・佐山(才勝)ともめていた。

自宅で遺体となって発見されたのは71歳の甲田雅子。

8年前に脳梗塞で倒れてから寝たきりだったという。

第一発見者はずっとひとりで雅子の介護をしてきた娘の奈々子(池津祥子)だった。

佐山は、幼いころから知っている奈々子のことを疑う
ような丸屋の言葉に反発し、解剖に反対する。

だが、遺体は死後二日ほど経過しているにもかかわらず、奈々子が通報してきたのは今朝だという。朝顔は、解剖を行うべきだと丸屋たちに進言する。

同じころ、興雲大学法医学教室では、藤堂(板尾創路)や光子(志田未来)らが、就寝中に強風で飛ばされてきた看板が窓ガラスを突き破り、割れたガラスが刺さって死亡したと思われる宍戸慶介の
解剖を行っていた。

宍戸は、右太腿に刺さったガラスを自分で引き抜いたことが原因で、失血死したと考えられた。

だが平(時任三郎)は、宍戸の胸の傷が気になり、本当に事故かどうかもう一度
現場を調べることにする。

北上医大で雅子の解剖を行うことになった朝顔は、光子と絵美(平岩紙)に協力を求め、現地に来てもらう。一方、桑原(風間俊介)は、カフェで田村聖奈(中村里帆)
という女性と会っていて…。

[ネタバレ]

万木朝顔(上野樹里)は、つぐみ(加藤柚凪)を連れて、祖父、嶋田浩之(柄本明)が暮らす東北の仙ノ浦を訪れ、そこで仏壇にあった母、里子(石田ひかり)の奥歯を発見し驚かされます。

そんな朝顔に夏目茶子(山口智子)とは旧知の北上医大法医学教室、馬場教授より連絡。

遺体解剖の是非を問う連絡が入ります。

ぎっくり腰で動けなくなっている馬場は茶子に応援を求め、仙ノ浦の
祖父の元にいる朝顔を紹介して貰っていました。

朝顔が指定の現場へ向かうと、そこには検視室長の伊東純(三宅弘城)の下で働くのを嫌い、神奈川県警から岩手県警に異動希望していた丸屋大作(杉本哲太)
がいて、県警刑事の佐山(才勝)と意見対立しています。

遺体は八年前に脳梗塞で倒れて以来、自宅で寝たきりの甲田雅子(71歳)。第一発見者は、介護を続けて来た娘の奈々子(池津祥子)。

佐山は、奈々子を疑う丸屋の言葉に反発し解剖に反対です。しかし、奈々子の通報は今朝のことであり、死後丸一日を経過。

その空白の一日、些細なことで口論になり、雅子に「出て行け」と言われた
奈々子は、ネットカフェで過ごしていました。

で、家を出る時、つい、「殺してやる」と奈々子は叫び、それを近隣住民に聞かれていました。岩手県警の求めに応じ北上医大で雅子の遺体解剖を行うことに
なった朝顔は、安岡光子(志田未来)と藤堂絵美(平岩紙)を呼び寄せます。

司法解剖では、絵美が遺体の口内炎を指摘し、そして、胃からは30錠ほどの睡眠薬が出て来ます。それより先に、神奈川の
法医学教室では、強風で飛ばされた看板が窓ガラスを突き破り、就寝中にそのガラス片が刺さって死亡したと見られる宍戸慶介の司法解剖です。藤堂雅史(板尾創路)、安岡光子(志田未来)が、それに当たります。

右太腿に刺さったガラス片を自ら引き抜いたことによる大量失血死と推察されますが、平(時任三郎)は胸の傷痕の方が気になり、他殺の線で調べ直します。

光子は、その後、絵美とともに東北に飛び、先の北上医大で朝顔と合流。

神奈川の法医学教室では桑原忍(ともさかりえ)らを加えて、割れたガラス片を繋ぎ合わせます。それぞれのガラス片と傷口を、ひとつひとつ結び付けます。

すると、胸の傷と合致するガラス片だけが見当たりません。

辞職願を山倉伸彦(戸次重幸)係長に提出していた平が、慶介の部屋にあった小型包丁を法医学教室に持ち込み、それが胸の傷と一致して凶器と断定されます。

大腿部にガラス片が刺さる前に、何者かによって胸を刺されていた慶介。

死ぬ前に受けた傷の酵素活性(傷を治そうとする生体システム)を精査して、胸の傷が大腿より先だったと判明します。

何者かに胸を刺されて倒れているところに、強風の影響でガラス片が降り注ぎ、その新たな痛みで
目覚めた慶介は大腿部のガラス片を引き抜き、それで、そこからの大量出血で死に至りました。

そこに仰向けに倒れてさえいなければガラス片を浴びることは無かったことになり、胸を刺した人物の殺人罪が成立します。

慶介の胸に包丁を突き立てた犯人は、交際相手の女性でした。

一方、雅子の死因は睡眠薬の過剰摂取による中毒死であり、こちらは、自殺と朝顔が断定します。毎夜、奈々子がちゃんと適正量の睡眠薬を呑んでいるのか
見張っている中、雅子は飲んだフリをして、奈々子の監視が無くなるまで右頬の裏に含んでいました。だから、その部位が口内炎になっていました。

奈々子がいなくなったところで口から睡眠薬を吐き出しては30錠を
確保するということで、そういう形で、雅子は自殺の準備を進めいたのでした。

佐山と丸屋が疑ったことを奈々子に謝罪すると、「もっと早く死んでくれたら良かった」と、憎まれ口の奈々子。その言葉を聞き、人の心を
無くしたのかと訝る佐山。

しかし、朝顔は、雅子の死に顔に落ちていた黒点が奈々子のマスカラによるものであろうと推測します。奈々子は、お荷物の母が死んでくれて泣くわけが無いと否定しますが、母の死を見て、涙を
零していた奈々子がいたことになります。

朝顔が、雅子の死の真相解明に忙しい中、里子(石田ひかり)の同級生、仙ノ浦で大衆食堂を営む奥寺美幸(大竹しのぶ)が浩之の家に遊びに来て、つぐみの髪を結びます。

雅子の死が
自殺と判明したところで、神奈川の自宅につぐみと戻った朝顔。朝顔は、平と桑原に祖父の言葉を伝えます。里子のハンカチに包まれている歯は、里子が身に付けていた朝顔のお古の手袋が見付かった場所付近で発見されたものであり
それを、里子の歯と信じている祖父の浩之。

本当に里子の歯なのかどうか、それを調べたくない祖父。もう、里子探しを終わりにしたい祖父は、調べるのは自分の死後にして欲しいと懇願していました。

朝顔も、何時までも探し続ける
のではなく、家族として笑って楽しく過ごして欲しいと母は思っているに違いないと考えます。

朝顔は、仙ノ浦に移住しようとしている平に、歯を調べようなどと思わないで欲しいと言います。

平は、浩之の嫌がることは決して
しないと言って、それを了解。

が、桑原は、もし朝顔がいなくなったら、自分は何時までも探し続けると言い、平の気持ちに寄り添います。

朝顔の留守中に神奈川の自宅でメールを受けていた桑原真也(風間俊介)が、カフェで
田村聖奈(中村里帆)に会い、その後日、雨の中で彼女に向け拳銃を発砲するのでした。

 

以上、ドラマ「朝顔2」第5話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ
監察医 朝顔2 第4話 チャコ先生は?朝顔の夫 風間くん 浮気?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第6話 どうして桑原くんが撃ったことに?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第7話 あらすじ・ネタバレ 法医の力がためされる。桑原君をたすけられるのか・・・

監察医 朝顔2 第8話 娘を殺害された父の思い あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第9話 あらすじ・ネタバレ チャコの突然の退職?一体何が・・・

動画はこちら→