監察医 朝顔2 第7話 あらすじ・ネタバレ 法医の力がためされる。桑原君をたすけられるのか・・・

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第7話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)の夫で、神奈川県捜査一課の桑原(風間俊介)は、田村聖奈(中村里帆)を射殺した容疑で監察官の五十嵐(松角洋平)から厳しい追及を受けていた。

桑原は、聖奈を
撃ったのは交際相手の桐谷大和(坂本慶介)だと主張。

自分は、聖奈の背後から彼女に拳銃を向けた桐谷の右足を撃ったと証言した。

だが、その桐谷が焼死体となって発見され、解剖の
結果、聖奈が射殺されるよりも前に死亡していたことが明らかになる。

桐谷の解剖を行ったのは朝顔だった。

朝顔は、検視官の丸屋(杉本哲太)に頼み、桐谷の遺体が見つかった現場を
見に行く。

だが、それを知った五十嵐は、朝顔の元を訪れると、丸屋をこの事件から外したと告げる。妻が夫のために記録を改ざんしないとも限らない、というのだ。

続けて五十嵐は、
拳銃を撃ち慣れていない桑原の手元が狂った可能性は本当にないのか、と朝顔に問いかけた。それに対して朝顔は、どんな結果になろうとも自分の解剖に私情を挟むことはない、と
しながらも、担当を外れることを了承する。

一方、野毛山署の山倉(戸次重幸)らは、事件の発端となった、警察官が拳銃を奪われた現場周辺の防犯カメラ映像を手に入れる。
平(時任三郎)が手配したものだった。

さらに平は、ある人物に会って欲しいと山倉に頼む。

しかし、法医学教室も、野毛山署の刑事たちも、桑原の無実を証明できるような新たな証拠を
見つけることはできず…。

[ネタバレ]

万木朝顔(上野樹里)の夫、神奈川県捜査一課の桑原真也(風間俊介)は、田村聖奈(中村里帆)を射殺した容疑で管理官の瀧川雄一郎(近藤芳正)と監察官の五十嵐京介(松角洋平)から厳しい追及を受けています。

桑原は、聖奈を撃ったのは彼女の交際相手の桐谷であり、自分は、背後から彼女に拳銃を向けていた桐谷の右足を撃ったと主張。

が、桐谷大和(坂本慶介)なる人物が焼死体となって発見され、しかも、その死亡時は
聖奈が射殺される前日の午後というのが、当初の検視結果です。

朝顔は、検視官の丸屋大作(杉本哲太)に頼み込み、安岡光子(志田未来)を伴って桐谷大和の遺体(焼死体)が見付かった山中の現場に向かいます。

それを知った五十嵐監察官は、丸屋を事件から外します。

桑原忍(ともさかりえ)も県警の捜査会議から退席させられます。

朝顔も、夫が殺人容疑者になったことで外れます。聖奈の司法解剖は、光子が担当になりますが、
そのサポート役を朝顔に命ずる夏目茶子(山口智子)。

茶子は、朝顔に限って私情を挟むなどということは有り得ないと考え、解剖に参加させます。

一方、野毛山署の山倉伸彦(戸次重幸)らは、事件の発端となった、
藤沢署警察官が殺害され拳銃(聖奈射殺の38口径)を奪われた現場周付近の防犯カメラ映像を入手。これは休暇中で仙ノ浦にいる平(時任三郎)の計らいです。

で、防犯カメラ映像から桐谷を発見。岡島浩司(斉藤陽一郎)と
忍が、二年前に解散している半グレ集団、鬼神会メンバーだった望月克哉に聞き込みです。

桐谷が所属していた半グレ集団の先輩が望月で、今は父から引き継いだ望月土建の社長に納まっています。何故か、タイに頻繁に旅行している男です。

法医学教室では聖奈の脳を復元。聖奈は運動野に損傷が無く、撃たれた後も、ある程度、動けていたことが分かります。

尿中ミオグロビン量によっても、即死では無かったことが判明します。

聖奈は撃たれた後、フラフラと桑原の前に進み出て、
「逃げて」と言ったことになります。

更に、光子が桐谷の遺体に遺っていたタイ国特有のハエに注目します。

桐谷はタイと関係する場所、または、タイと関係が深い人物に殺害された可能性が出て来ます。

桐谷も望月も、望月土建に近い
アジア(タイ)レストランの常連です。

瀧川管理官が五十嵐監察官の取り調べを受けている桑原の元にやって来て、桐谷殺害犯、望月克哉の逮捕を告げます。

聖奈射殺が桐谷によるものであることも伝えます。

藤沢署の警官が奪われた拳銃も無事押収。

決して逆らうことのできない半グレの先輩、望月の命令で警官から拳銃を奪った桐谷。

ところが、交際相手の聖奈に拳銃を所持していることを気付かれ、更に、彼女が頻繁に桑原刑事と接触していることを、どうしたものかと望月に相談した桐谷。

望月は、聖奈と桑原を始末するよう桐谷に命じます。

聖奈のスマホを使い、桑原に待ち合わせ現場(聖奈射殺現場)の地図を送ったのは桐谷でした。

桐谷は望月が借りているコンテナ内で聖奈の頭を撃ち、撃たれた聖奈は、そのまま桑原の前に
進み出ていたことになります。

そして、桑原に撃たれた桐谷はコンテナ内に逃げ込みました。

コンテナ内には桐谷に殺された聖奈の血痕と、更には、逃げ込んだ後に、望月に撲殺され燃やされた桐谷のその痕跡も遺っています。

桑原に撃たれた
桐谷の右足部もありました。

桐谷はそこで燃やされ、そして、山中に遺棄されたのでした。燃やされる前、コンテナ内の温度が高かったことで腐敗が進み、それで、桐谷の死が聖奈に先行しているという検視結果が出ていましたが、聖奈の射殺が
先で、その後、桐谷は撲殺されていたのでした。平は里子(石田ひかり)の遺した手袋を朝顔に手渡し、仙ノ浦に旅立ちます。玄関前で父を見送る時、このまま二度と父と会えなくなる気がする朝顔。被災時、母の里子と別れた時と同様の嫌な胸騒ぎがします。
そして、桑原は、来月、長野県警に異動になるのでした。

以上、ドラマ「朝顔2」第7話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ
監察医 朝顔2 第4話 チャコ先生は?朝顔の夫 風間くん 浮気?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第5話 母の歯がみつかる・・・あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第6話 どうして桑原くんが撃ったことに?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第8話 娘を殺害された父の思い あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第9話 あらすじ・ネタバレ チャコの突然の退職?一体何が・・・

動画はこちら→