監察医 朝顔2 第8話 娘を殺害された父の思い あらすじ・ネタバレ

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第8話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)が所属する興雲大学法医学教室に、新しいアルバイト学生として、医学科3年の牛島翔真(望月歩)が加わった。

藤堂(板尾創路)や高橋(中尾明慶)は、また辞められたら
困る、という理由から、何かと牛島に気を遣っていた。

一方、長野県警への異動を命じられた桑原(風間俊介)は、非番だった姉の忍(ともさかりえ)に手伝ってもらい、これから1人暮らしを
するマンションで荷解きをしていた。

朝顔と結婚し、万木家で暮らすことになったときの思い出に浸る桑原。

忍は、そんな桑原に対し、ある忠告をする。

そんな折、法医学教室に解剖の依頼が入る。

海岸の岩場に倒れているところを釣り人が発見した、60代後半と思われる男性の遺体だった。

崖の上に男性のものと思われる靴がそろえてあったことから、自殺の可能性が高かったが、身元が
わかるようなものはなかったという。

解剖を手がけた朝顔は、死因は頭蓋骨陥没による失血死と判断するが、遺体の手と爪に褐色森林土と石灰が付着していたことや、全身を骨折している中で
右手の中手骨が折れていることが気になっていた。

何かを殴って折れた可能性も考えられたからだった。

朝顔は、男性のワイシャツに付着していた血に、相手の血が混じっているかもしれない、と
検視官の伊東(三宅弘城)に告げる。

ほどなく、教授会を終えた茶子(山口智子)が法医学教室に戻ってきた。

が、朝顔から手渡された遺体の資料に目をやると、一瞬表情を変える茶子。

それに気づいた朝顔は、死亡した男性のことを知っているのではないかと茶子に尋ねた。

そこで茶子は、30年前に起きたある事件のことを話し始め…。

[ネタバレ]

桑原真也(風間俊介)が、神奈川県警から長野県警諏訪南交番に異動。

また、万木平(時任三郎)も、野毛山署強行犯係刑事を辞めて岩手県仙ノ浦に移住しており、朝顔(上野樹里)とつぐみ(加藤柚凪)の
2人暮らしが始まっています。

松崎海岸の岩場で六十代後半と見られる身元不明遺体が発見されます。

崖上に靴が揃っていて自殺とも思われ、朝顔の司法解剖所見では頭蓋骨陥没による失血死(脳幹部損傷で即死)。

遺体の手、爪に褐色森林土と石灰が付着。

全身に擦過傷と骨折があります。

右手の中手骨も折れていて、何者かを何度も殴った可能性があります。

熊田祥太(田川隼嗣)が去り、新しいアルバイト学生、医学科
3年の牛島翔真(望月歩)が加わった興雲大学法医学教室に教授会を終えた夏目茶子(山口智子)が戻ると、30年前、6歳(小学校1年生の夏休み)の幼女、浅野栞里がそろばん教室からの帰宅時に誘拐、
惨殺(バラバラ殺人)された事件を語り、海岸遺体は、その幼女の父、忠(森下能幸)だと指摘。

茶子は、当時、栞里の司法解剖をしていました。

そして、偶然にも、平はこの事件担当捜査員でした。

平は栞里の
遺体下の土が白かったことを覚えており、そのことを朝顔に伝えます。

土を白くしていた石灰は、遺体の臭い消しと思われます。

で、この事件、最終的に栞里の右手は未発見のまま捜査終了。

そのことを父の忠は
大いに悲しんでいました。

栞里の母は、その後に他界。

因みに、誘拐殺人犯の仲井戸修(野中隆光)は事件の数ヶ月後に逮捕収監され、昨年釈放。

海岸遺体発見後、山林で新たに右足と左手の一部が発見され、その
身元が仲井戸修と判明。

こちらも栞里の時と同様、右手のみが未発見。

切断された左手の爪の間には皮膚片があり、それが忠のものであることも分かります。

2人は揉み合っていたことになります。

栞里と同じ
苦しみを与える目的で、何度も何度も仲井戸を殴り続けて惨殺していた忠。

1発目は、石をつかんで後頭部を殴り付けていました。

仲井戸の右手を発見させないというのも、栞里の右手を未発見のまま捜査を
打ち切った警察への抗議です。

事件発生直後、熱狂的に報道していたにも関わらず、今では、すっかり栞里のことを忘れ去っているマスコミへの抗議です。

マスコミ宛に認(したた)められた忠の遺書が公表されます。

1週間前、栞里のケースと同様、幼女に声掛けをしていた仲井戸を発見し、それで殴り殺していたことを告白。

栞里の名さえ覚えていなかった仲井戸に対して忠の怒りが爆発していました。

浅野忠、自殺。仲井戸修、他殺。

それが朝顔の死体検案書になります。

忠の息子で、栞里の3歳上の兄、正則(清水優)が父の遺体確認にやって来ます。

正則は来月、結婚式を挙げる予定になっていましたが、父が
殺人者だと知られ、これで破談になるかも知れません。

それでも彼は、あの世で出会った時、白髪になってしまった父の姿を妹の栞里が分からないといけないので、30年前の黒髪に染めるよう朝顔と茶子に依頼します。

そんな優しさを見せながら、結局、仲井戸と同様、人殺しをしてしまった父、忠の人生とは、いったい何だったのかと思い悩む正則。

遺された遺族の為にも、司法解剖資料を無期限で保管したらどうかと提案する朝顔に、
茶子は、自分が使っている教授室を資料室にしましょうと快諾するのでした。

以上、ドラマ「朝顔2」第8話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ
監察医 朝顔2 第4話 チャコ先生は?朝顔の夫 風間くん 浮気?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第5話 母の歯がみつかる・・・あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第6話 どうして桑原くんが撃ったことに?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第7話 あらすじ・ネタバレ 法医の力がためされる。桑原君をたすけられるのか・・・

監察医 朝顔2 第9話 あらすじ・ネタバレ チャコの突然の退職?一体何が・・・

動画はこちら→