監察医 朝顔2 第9話 あらすじ・ネタバレ チャコの突然の退職?一体何が・・・

 

ドラマ「監察医 朝顔2」第9話のあらすじ・ネタバレについて紹介します!

[あらすじ]

朝顔(上野樹里)は、つぐみ(加藤柚凪)と一緒に保育園の運動会に参加する。

楽しそうなつぐみの姿を見つめる朝顔。

同じころ、藤堂(板尾創路)や光子(志田未来)たちは、マンションの
前で死亡していた21歳の大学生・小湊真由(愛甲ひかり)の解剖を行っていた。

真由は、全身を11ヵ所も刺されており、死因は背部刺創による出血性ショックだった。

真由が雑誌の人気読者
モデルだったため、SNS上にはこの事件に関するさまざまな情報が流れていた。

その中には、真由と親交があったモデル仲間の吉永明日花(水野瑛)や、かつて交際が噂された橘凛太朗(宮内伊織)の
犯行を疑う声も上がっていた。

そんな折、高橋(中尾明慶)と牛島(望月歩)が解剖室の掃除をしていると、突然解剖台横の水道が壊れ、水が噴き出す事態が発生。

そのせいで、予定されていた
解剖は別の大学に依頼することになってしまう。

翌日出勤した朝顔は、真由の事件について調べるという光子を手伝おうとした。

だが茶子(山口智子)は、修理が終わるまで休んで有休を消化
するよう朝顔に指示する。

あくる日、朝顔は、つぐみを連れて仙ノ浦に向かい、平(時任三郎)と再会する。

その後、体調を崩して入院中の浩之(柄本明)を見舞う朝顔たち。

そんな中、朝顔は、
母・里子(石田ひかり)と中学・高校の同級生だったという美幸(大竹しのぶ)と出会う。

一方、桑原(風間俊介)は、発砲した件で刑事部長から臨時の審議会への出席を命じられていて…。

[ネタバレ]

万木朝顔(上野樹里)は、つぐみ(加藤柚凪)の保育園運動会に参加。

その頃、藤堂雅史(板尾創路)、安岡光子(志田未来)は、新関内のマンション前で刺殺された読者モデル大学生、小湊真由(愛甲ひかり)の
司法解剖です。

真由は、全身を十一ヶ所も刺されており、死因は出血性ショック。

SNS上には、真由と親交があったモデル仲間の吉永明日花(水野瑛)、交際が噂された橘凛太朗(宮内伊織)の犯行を疑う声が流れます。

ところが、明日花が第二の遺体となって南町公園で発見されます。

二人の死因が左からの加撃(刺殺)ということで、左利きの凛太朗が、ますます犯人と疑われ、それで、SNSでの誹謗中傷に耐えかねて練炭自殺。

凛太朗の部屋には凶器と思わぜる刺身包丁もありました。

明日花、凛太朗の司法解剖が続く中、アルバイト学生、医学科三年の牛島翔真(望月歩)の迂闊な行動により、凛太朗の顔写真(解剖台での写真)がネット上に流出。

凛太朗が犯人とSNSでは決め付けられてしまいます。

それに前後して、高橋涼介(中尾明慶)と牛島の解剖室掃除中に水道設備が壊れ、解剖は暫らくの間、別の大学(東横大学)に依頼することになります。

夏目茶子(山口智子)は、
その間を利用して有休を消化するよう朝顔に指示。

朝顔は、つぐみを連れて仙ノ浦の平(時任三郎)を訪ねます。

入院中の嶋田浩之(柄本明)を見舞います。そこで、里子(石田ひかり)の歯を渡されます。

心境変化があって、
里子のものか調べるよう依頼されます。

どうしたものか判断できない朝顔は、暫くの間、その歯を平に託します。

どのような結果が出ても、それで、浩之が一気にガクンと力を落としそうで、それが怖いのです。

その後、里子と中学、高校の同級生だった仙ノ浦食堂の奥寺美幸(大竹しのぶ)にも会います。

美幸は、津波で夫と娘を亡くしているので、それで、ずっと平が仙ノ浦に留まることを望んでいます。
長野県警交番勤務の桑原真也(風間俊介)は、日の出港で桐谷大和(坂本慶介)に発砲し、それで田村聖奈(中村里帆)射殺容疑者になった件で、三浦(田中要次)刑事部長から臨時審議会への出席を命じられます。

桐谷に拳銃を奪われて重体になっていた新藤沢署の山田直人巡査部長も、何とか回復して退院したということで呼び出されていますが、審議会初日、容体急変で欠席です。

審議会出席の支度をしていて倒れました。

解剖所見によれば、拳銃を奪われた際に頭部を殴打されたことが遠因です。脳内出血が死因です。

であれば、病死ではなく、二階級特進の殉職でなければなりません。

が、あくまでも病死を主張する三浦刑事部長は、
桑原にも自主降格(巡査部長→巡査)を促し、それで報告義務違反と単独行動での発砲という失態を取り繕(つくろ)うとしています。

が、山田の妻、亜紀の話では、夫は拳銃を手にしながら撃たなかったとのこと。

撃てなかったのだと妻に語っていました。

山田には、後々の罰則を考え、警官は発砲してはならないという思いがありました。

現に、当日、審議会に呼び付けられていたのでした。

桑原に対する審議会が続く中、監察官の
五十嵐京介(松角洋平)が入室。

正式な懲戒審査会をやらず、審議会での懲戒処分は有り得ないと臨時審議会の不当性を主張します。

五十嵐にしてみれば、そもそも懲戒問題であれば、それは監察官である自分の仕事ということです。

桑原も、自主降格はしませんと三浦刑事部長に向かって宣言します。

「どんな職務に就く人間にも、その家族と自分を守る権利がある」と発砲の妥当性、正当性を強調します。朝顔の調べで、左利きの橘凛太朗には、
左腕損傷事故による手術後の後遺症があり、利き腕には力が入らないことが分かります。

何度も人を刺し続けるだけの力が無いことが分かり、彼の犯人説を否定する朝顔。

犯人は、アイスピックで首の急所を刺してから、
ナイフを使ったと推察されます。

こうなると、牛島のやったことは、SNS拡散で犯人に仕立て上げられた挙句に自殺した人物を世間に曝しただけのこと。

牛島は、故人、遺族のプライバシー、法医界の秩序を奪う行為をしたことになります。

殺された二人の女性の無念を慮(おもんばか)って、凛太朗を晒し者にした牛島に向かって、悲しいのなら死因を突き止めよ、悔しいのなら確固たる証拠をつかめと諭す朝顔。

果たして、小湊真由と吉永明日花の殺害犯は、彼女らと
デートクラブ(登録)で知り合った医師でした。

医師の知識で、的確に二人の女性の急所を刺し貫いていました。

休日。茶子にティーパーティーに呼び出される法医学教室スタッフ。

牛島も現れ、彼に対して茶子が、死者から
託された命を守る法医を改めて目指そうと進言。

解剖台写真流失の一件は、とりあえず、お咎め無しになります。

朝顔も、その言葉を後押しします。そのうえで、新たな冒険の旅立ちということで、突然、法医学教室を辞する茶子。
朝顔が、審議会を終えて長野県警に戻った桑原に電話します。

父、平の様子が変であることを伝えます。

「じゃあな里子、朝顔によろしく」と言って電話を切った父の精神の崩壊(認知症?)を心配するのでした。

以上、ドラマ「朝顔2」第9話のあらすじ・ネタバレについての紹介でした!

監察医 朝顔2 第1話 あらすじ・ネタバレ 忘れられない母の思い出

監察医 朝顔2 第2話 双子にしかわからない殺人事件 あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第3話 死体は語る おおじいじが隠したいこととは・・・ あらすじ・ネタバレ
監察医 朝顔2 第4話 チャコ先生は?朝顔の夫 風間くん 浮気?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第5話 母の歯がみつかる・・・あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第6話 どうして桑原くんが撃ったことに?あらすじ・ネタバレ

監察医 朝顔2 第7話 あらすじ・ネタバレ 法医の力がためされる。桑原君をたすけられるのか・・・

監察医 朝顔2 第8話 娘を殺害された父の思い あらすじ・ネタバレ

動画はこちら→