知ってるワイフ みどころ、キャスト、いつから放送?過去からやり直す?

ドラマ『知ってるワイフ』みどころ、キャスト、いつから放送?を紹介します!

[キャスト]

【剣崎元春(けんざき もとはる)大倉忠義】


入行5年目の融資課担当の銀行員。結婚5年目。

ある出来事がきっかけで、澪と結婚した。

しかし、銀行では上司に業績について怒鳴られて、家に帰れば澪に愚痴を零される切ない日々を
送っている。

【剣崎澪(けんざき みお)広瀬アリス】

元春の妻。2児の母で旧姓は建石。高校時代のある出来事がきっかけで、元春と結婚。

しかし、結婚5年目になって仕事の忙しさを理由にして家庭にまともに向き合ってくれない元春に
嫌気が差している。

【剣崎佐織(けんざき さおり)宮崎莉里沙】


元春と澪の娘。

【剣崎啓太(けんざき けいた)濱田碧生】


元春と澪の息子。

【津山千晴(つやま ちはる)松下洸平】


元春が勤める銀行での同期。かつてはプレイボーイであったが、今は結婚して2児の父に。

澪の愚痴をこぼす元春の飲みに付き合ってあげるなど優しい面がある。

【剣崎なぎさ(けんざき なぎさ)川栄李奈】


元春の5才離れた妹。兄と対照的にしっかり者。

【木田尚希(きだ なおき)森田甘路】

元春の親友。学生時代からの付き合いで居酒屋を営んでおり、元春と千晴の行きつけになっている。

【篠原恭介(しのはら きょうすけ)末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)】

元春が勤める銀行の融資課担当の新人行員。元春の後輩。頭の回転が速く、上司の言いなりになる元春のようにはなりたくないと思っている。

【尾形恵海(おがた えみ)佐野ひなこ】

元春が勤める銀行の窓口課担当の行員。元春の同僚。

バッティングセンターに1人で行くことがストレス発散になっている。

【樋口静香(ひぐち しずか)安藤ニコ】

元春が勤める銀行の窓口課担当の行員。年齢が近い恵海とは仲が良い。

【西徹也(にし てつや)マギー】

元春が勤める銀行の上司。融資課の課長。結果を出せていない元春を叱責する。

【小谷つかさ(こたに つかさ)猫背椿】

元春が勤める銀行の窓口課の課長。

【宮本和弘(みやもと かずひろ)おかやまはじめ】

元春が勤める銀行の支店長。

【江川沙也佳(えがわ さやか)瀧本美織】

元春の大学時代の後輩。大企業の社長を務める両親を持つお嬢様。

チェロを専攻し、卒業後に渡米し楽団員に。久々に帰国する際に元春と再会し、以前好きだったことを告げる。

【小池良治(こいけ りょうじ)生瀬勝久】

ある日元春の前に現れる謎の男。元春が過去にタイムスリップするきっかけを与える。

【建石久恵(たていし ひさえ)片平なぎさ】

澪の母。明るく肝っ玉な面がある。夫に先立たれたことで不安定になり認知症を患う。

元春を我が子同然に可愛がっている。

[いつから放送?]

2021年1月7日からフジテレビ系「木曜劇場」で毎週木曜 22時00分 ~22時54分に放送予定です。

[【知ってるワイフ 1話】のあらすじ]

 

『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えていた。

それは、妻の澪(広瀬アリス)との関係。

二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。

一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。

ある日、急な仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を
投げつけられ、家から追い出されてしまう。

大学時代の親友、木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込んだ元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚
したいと愚痴る。

そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。

食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる。
沙也佳は巨大企業・西急グループの令嬢で、マドンナ的存在。

当時、元春も憧れを抱いていたが、まさか自分を好きだとは思っていなかった。

しかし、思い当たることがある。

大学時代
に元春は沙也佳からコンサートに誘われたことがあったのだ。

その当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。

財布を
落とした女性こそ、高校生の澪だった。

結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけとなっていた。

あの時、バスを降りなければ…。

その後も、相変わらず澪の冷たい態度に辟易しながら、外回りの仕事を終えて公園で一息つく元春。

すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。

ぶつぶつと何かを呟く
小池。“過去に戻ることが出来る”という言葉に反応した元春に、小池は500円硬貨を渡した。

その硬貨が元春の人生を大きく変えることになり…。

[みどころ]

大倉が演じるのは、結婚5年目で2児の父親の銀行員・剣崎元春。

職場では上司から叱責(しっせき)され、疲れて家に帰ると妻の澪(広瀬アリス)から怒鳴られて「こんなはずじゃなかった」
と悩みを抱える恐妻家だ。

澪は家事と2人の子供の育児に追われ、ストレスがマックスの“ワンオペ主婦”。

そんなある日、元春が突然、大学時代にタイムスリップ。

「過去に戻って選択
を変えれば、妻が代わり人生も変わるのでは」という、ファンタジーなラブストーリーになっている。

第1話では、あおい銀行に勤務する元春(大倉)は大きな悩みを抱えていた。

それは、
妻の澪(広瀬)との関係。

2人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。

一方、澪もパート仕事をしながら、家事や育児に非協力的な元春にいら立っている。

ある日、急な
仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を投げつけられ、家から追い出されてしまう。

元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

その直後、元春は大学時代に憧れを抱いていた後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と偶然再会。

元春は沙也佳から「学生時代に好きだった」と明かされる。

まさか自分を好きだとは…。しかし、
思い当たることがある。

当時、元春は沙也佳からコンサートに誘われた。当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。

財布を
落とした女性こそ、高校生の澪だった。

結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけに。あの時、バスを降りなければ…。

その後も澪の冷たい
態度に辟易(へきえき)しながら、仕事を終えて公園で一息つく元春。

すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。「過去に戻ることが出来る」という言葉に反応した元春に、
小池は500円硬貨を渡した。その硬貨が元春の人生を大きく変えることになる。

以上、ドラマ『知ってるワイフ』みどころ、キャスト、いつから放送?の紹介でした!

動画はこちら→