江戸モアゼル 1話 あらすじ・ネタバレ 岡田結実の花魁と言葉遣いがかわいすぎる

ドラマ「江戸モアゼル」1話のあらすじ・ネタバレを紹介致します!

[あらすじ]

フリーターの蔵地(葉山奨之)はある晩、アルバイトの帰り道で、光の先から花魁姿の女性・仙夏(岡田結実)を乗せた大八車が現れ、走り去っていく様子を目撃する。

蔵地は一瞬驚くが、
幻覚を見てしまったと気を取り直す。

しかし、蔵地が居候先の叔父の雄彦(田中直樹)の家に帰宅すると、なぜか家には仙夏の姿が!

雄彦が、家の前で道に迷っている様子だった仙夏を
招き入れたのだと言う。

歴女で江戸マニアでもある雄彦の娘・寿乃(山口まゆ)は仙夏の花魁姿を見て大興奮。

そんな蔵地家の面々に仙夏は「涼八屋の仙夏でありんす」と自己紹介をする。

蔵地は、新手の詐欺師ではないかと怪しんで仙夏を追い出そうとするが、雄彦と寿乃は、これも何かの縁だからと言って仙夏を泊めることに。

翌日、仙夏が外に出ると、周囲の人々は花魁
姿に好奇の目を向け、スマホをかざして写真を撮ろうとする。

初めて見る事ばかりの光景に仙夏は怯え「一体ここはどこなんだい!?」と困惑。

一方、図書館で仙夏の事を調べていた寿乃は、
仙夏とよく似た花魁が描かれている江戸時代の花魁道中の浮世絵を見つける。

仙夏は江戸時代の安政7年、吉原で伝説を残した本物の花魁だったという事を知る。

どうしたら江戸に帰れる
のかも分からない仙夏だったが、しばらくここにいるしかないと覚悟を決め、蔵地が働くカフェでアルバイトをすることを決心。

カフェでは吉原の花魁流の接客をする仙夏に、蔵地は慌てふためく。
そんな中、蔵地が密かに想いを寄せる友人・泉美(吉谷彩子)が訪れる。

蔵地の恋心に気付いた仙夏は「相手の心をつかむことにかけて、あたしの右に出る者はいないからね」と、二人の
仲を取り持つと宣言。

仙夏は、花魁のテクニックを駆使した作戦を開始する…!

[ネタバレ]

大企業社長の息子であり、父の会社に就職するも肌に合わず、三ヶ月で退社してしまった蔵地俊輔(葉山奨之)。

今は叔父・蔵地雄彦(田中直樹)とその娘・蔵地寿乃(山口まゆ)が暮らす
家に居候しており、雄彦が経営するカフェ「蔵」の店員としてアルバイトしていました。

ある晩、蔵地はアルバイトの帰り道で、光の先から花魁姿の女性・仙夏(岡田結実)を乗せた大八車が
現れ、走り去っていく様子を目撃。

一瞬驚くものの、幻覚を見たのだろうと気を取り直します。

しかし帰宅すると、なぜか家に仙夏の姿が…。

家の前で道に迷っている様子だった仙夏を、雄彦が
招き入れたのだという。歴女で江戸マニアでもある寿乃は、仙夏の花魁姿を見て大興奮します。

そんな蔵地家の面々に「涼八屋の仙夏でありんす」と自己紹介する仙夏。

蔵地は、新手の詐欺師
ではないかと怪しんで仙夏を追い出そうとしますが、雄彦と寿乃は、これも何かの縁だからと、仙夏を泊めてあげることに。

後に、寿乃が図書館で、仙夏とよく似た花魁が描かれている江戸
時代の花魁道中の浮世絵を発見。仙夏は江戸時代の安政7年、吉原で伝説を残した本物の花魁だったという事が判明。

翌朝、仙夏が外に出ると、その花魁姿に周囲の人々が好奇の目を向けます。

仙夏も、目に入るほとんどのものが見たことないものばかりで困惑。

けれど、どうしたら江戸時代に帰れるのかも分からず、仙夏はしばらくここにいるしかないと腹を括り、蔵地が働くカフェで
アルバイトすることを決意。

仙夏なりに頑張ろうと、カフェで吉原の花魁流の接客をします。

そんな仙夏に、慌てふためく蔵地でした。ある日、蔵地が密かに想いを寄せる高校の同級生・春日
泉美(吉谷彩子)が訪れます。

蔵地の恋心に気付いた仙夏は「相手の心をつかむことにかけて、あたしの右に出る者はいないからね」と、二人の仲を取り持つと宣言。

仙夏は、花魁のテクニック
(神仏に対する誓約書・遊郭でいうラブレター「起請文」や、小指を贈って愛情を伝える「指切り」など)を駆使した作戦をアドバイスします。が、どれも現代では的外れ、かつ過激なもので、
蔵地は即却下したのでした。

ウェブ広告会社「バードネット」に勤務している泉美は、プレゼンに向けて、サービス残業も厭わず、懸命に頑張っていました。

そしてプレゼン当日、偶然にも
カフェのデリバリーで居合わせた蔵地と仙夏。

泉美の晴れ舞台を、会議室の窓越しから見守ります。すると、プレゼンを聞いていた「バードネット」の社長・鳥居直樹(前田公輝)が「ありきたり。

これじゃ時間の無駄だ。担当者を変えろ」と、突然中断させました。

泉美の上司・智子(秋元才加)も呆れた様子で「全然使えないじゃん」と零しました。仙夏は、落ち込む泉美を今こそ慰めて
やれと蔵地の背中を押します。

蔵地は「そんなに頑張る必要ないよ」とフォローしました。

すると仙夏は「今いる場所で頑張ろうとしている子が、『頑張ることない』なんて言われたらどう
思うんだろうねぇ。

逃げてばかりの人生じゃ、何も成し遂げられないんじゃないか?」と疑問視。

というのも仙夏は、子供の頃に親の借金のために売られた人も多いと言われている吉原で生きて
きた女性。25歳まで敷地内から出ることも許されない全く自由の無い場所で、それでも仙夏は「ここで咲き誇ってみせる」と覚悟を決め、伝説の花魁と言われるまで上り詰めたのです。

必死に頑張る泉美の気持ちがわかるからこそ、仙夏は、泉美のために一肌脱いであげることに。泉美のことをまるで会社の消耗品のような扱いをする冷たい智子に対し、熱血説教しました。

仙夏のアツい想いが智子に届き、以後、智子はただのダメ出しだけではなく、親身になってアドバイスし、チカラを合わせて「鬼社長」と呼ばれる鳥居を唸らせようじゃないかと、泉美を鼓舞。

これまで全く笑顔の無かった二人に、いつしか笑顔も零れるようになったのでした。

そんな二人の様子を、デリバリーにきた仙夏は微笑ましく見守ります。するとそこに、また別の社員に
パワハラまがいの暴言を吐きながら厳しく叱りつける鳥居の姿が…。

仙夏は一言もの申そうと、鳥居に駆け寄りました。

が、次の瞬間、固まってしまいます。鳥居の容姿が、江戸での想い人
直次郎に瓜二つだったのです。

おもわず「直さん!」と呼びかけて、鳥居に抱き着いてしまう仙夏でした。

以上、ドラマ「江戸モアゼル」1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

江戸モアゼル みどころ、キャスト、いつから放送?原作との違いは?岡田結実の花魁姿が可愛い

動画はこちら→

江戸モアゼル 1話 あらすじ・ネタバレ 岡田結実の花魁と言葉遣いがかわいすぎる

江戸モアゼル 2話 あらすじ・ネタバレ お前が気に入った!!せんかの男前度がすばらしい