知ってるワイフ 1話 あらすじ・ネタバレ 広瀬アリスのワンオペの感情がわかりすぎると話題

ドラマ「知ってるワイフ」1話のあらすじ・ネタバレを紹介致します!

[あらすじ]

『あおい銀行』に勤務する剣崎元春(大倉忠義)は大きな悩みを抱えていた。

それは、妻の澪(広瀬アリス)との関係。

二人の子供もいて順風満帆にみえるが、悩みは澪の自分への態度。

一方、澪もファミリーレストランで働いているが、家事、育児に非協力的な元春にいら立っている。

ある日、急な仕事で保育園に子供を迎えに行けなかった元春は、怒った澪に物を投げ
つけられ、家から追い出されてしまう。

大学時代の親友、木田尚希(森田甘路)が経営する居酒屋に駆け込んだ元春は、銀行の同僚、津山千晴(松下洸平)を呼び出し、澪と離婚したいと愚痴る。

そんな矢先、商談に出かけた元春は、大学時代の後輩、江川沙也佳(瀧本美織)と再会。

食事に行くと、元春は沙也佳から“学生時代に好きだった”と明かされる。

沙也佳は巨大企業
西急グループの令嬢で、マドンナ的存在。

当時、元春も憧れを抱いていたが、まさか自分を好きだとは思っていなかった。

しかし、思い当たることがある。

大学時代に元春は沙也佳から
コンサートに誘われたことがあったのだ。

その当日、バスに乗って出かけた元春は、車内で女性が財布を落としたのを見て拾い、途中下車して交番に届ける。

財布を落とした女性こそ、
高校生の澪だった。

結局、沙也佳との待ち合わせに遅刻してデートは出来ず、この出来事が澪と結婚するきっかけとなっていた。あの時、バスを降りなければ…。

その後も、相変わらず
澪の冷たい態度に辟易しながら、外回りの仕事を終えて公園で一息つく元春。

すると、目の前に奇妙な男・小池良治(生瀬勝久)が現れる。

ぶつぶつと何かを呟く小池。“過去に戻ることが
出来る”という言葉に反応した元春に、小池は500円硬貨を渡した。

その硬貨が元春の人生を大きく変えることになり…。

[ネタバレ]

消滅中の恒星ウルフがブラックホール化しているとニュースが流れる中、剣崎元春(大倉忠義)は「人生は選択の連続だ」と思います。

結婚と言う選択をやり直せるなら…と思いながら
自宅に帰ります。

夜中、子供の夜泣きで起きる元春の妻、剣崎澪(広瀬アリス)。

何度も起こされ、元春に頼みますが役には立たず苛立ちます。

朝になり寝過ごしてしまった2人。
元春は何とか勤務する銀行に到着。

朝礼は終わってしまっていた為、何喰わぬ顔でデスクに行こうとすると、あおい銀行世田谷支店窓口課・課長の小谷つかさ(猫背椿)は「いたの?」と聞きます。

融資課・課長の西徹也(マギー)は遅刻を見逃してはくれませんでした。

隣のデスクに座る元春の同期・津山千晴(松下洸平)は「朝から散々だな」と笑います。

仕事のトラブルで、茨城に
行かなくては行けなくなった元春は娘のお迎えを頼まれていた事を忘れてしまっていました。

澪は何度も連絡しますが繋がらず、怒りのメッセージを送ります。

それに気付いた元春はダッシュで家に帰ります。
玄関を開けると、「どの面下げて帰って来た!」と怒り心頭の澪が、元春にスリッパを投げつけてきました。

そして、出て行けと怒り狂う澪に、冷静にトラブルの説明をしますが、そんな事は
関係ないとキッチンにあった蟹を元春に向かって投げつけました。

元春は居酒屋経営する親友の木田尚希(森田甘路)のお店にいきました。

そこに千晴もやって来て、何があったのかと聞きます。

千晴と尚希が何気ない話をする中、元春がいきなり「もう限界。離婚したい。あいつとは暮らせない。もう無理」と言い出しました。

驚く2人に、元春は澪をモンスターだと言います。

その話しを
聞いた千晴達は一生懸命なだめますが、元春は「次は包丁が飛んでくる」と呟くのでした。

澪がバイトをするお店に元春の妹の剣崎なぎさ(川栄李奈)がやって来ました。

元春の母が蟹を送った話を
していると、なぎさが澪のお母さんは元気かと尋ねます。

「うん。元気」と澪は答えますが、少し表情が曇ります。すると母親から澪に電話があり、バイト終わりに寄る事に。

澪が実家に着き、母の
建石久恵(片平なぎさ)に声を掛けますが、「何しに来たの?来るなら言ってくれればいいのに」と自分が来る様に言った事を忘れている様子。

机の上には沢山の爪切りと薬。澪が薬を確かめると
「全然飲んでないじゃん」と。全く飲んでいない様子です。

久恵はただ辛そうな顔をするだけでした。

夜、澪が子供達を寝かしつけていると、元春が帰ってきました。

そして、思い出す澪。
2人目を妊娠中、仕事から帰った元春に母の事を相談しようとした時、きちんと話を聞いてくれなかった事がありました。

もう一度話してみようと思い声を掛けますが、「お母さんから肉じゃが
貰って来たの?」と言われ話す気を失ってしまいました。

元春が仕事先でお客さんを見送ると「剣崎先輩?」と声を掛けられました。

その人は大学の後輩の江川沙也佳(瀧本美織)。

2人は昼食を一緒にする事に。
優しく話す沙也佳に「優しさが身に染みる」と呟く元春。

元春が結婚したと聞いて「嫉妬しちゃった。先輩の事好きだったから」と沙也佳は言います。

気付いてなかったと元春は言って、学生時代を
思い出します。あの時バスを降りていなければと。

初めて沙也佳からコンサートに誘って貰ったあの日。

そのとき偶然、バス停で澪に出会います。高校生の澪はお婆さんが落としてしまった荷物を拾ってあげました。
そんな澪を気にしていると、澪は忘れ物を残したままバスを降りてしまいました。

慌てて追いかける元春ですが、沙也佳に遅れるとメールを送り、探し続けます。

交番にいた澪を見つけた元春は忘れ物の
財布を渡し帰ろうとしますが、警官に書類を書いて欲しいと言われ、コンサートには間に合う事が出来ませんでした。それから沙也佳とは距離が出来てしまいました。

後日、大学に現れた澪は「運命かも」と嬉しそう。
バイト先に現れる様になり、澪は元春に家庭教師を頼みました。

そんな事を思い出す元春。仕事が早く終わり公園のベンチで休憩する元春の隣で子供達にワームホールの話をしている人物が。

「そこから過去に戻る事が出来る」と話す小池良治(生瀬勝久)を鼻で笑う元春。「それもいいかもなぁ」と呟く元春を見つめる小池。すると小池は500円玉を手渡し「平成22年。2010年の500円硬貨だ。

あんたは宇宙に導かれる。人生は変えられる。タイミングが大事なんだ。月が大事だ。2つの月だ」と言いながら去って行きました。

その時、電話が鳴りました。

元春は病院に向かいます。
尚希がバイクで事故に合い3ヶ月入院する事に。

病院の帰り道。何故かあるはずのない料金所が。

「こんな所に料金所あったか?」と不思議に思う元春ですが、道に迷った訳でもない様子。
とりあえず料金を入れますが、ゲートは開きません。

小池から貰った500円玉をポケットから出し入れてみるとゲートが開き元春は車を進めました。

空には2つの月が並んでいる事も知らずに…
車は勝手にスピードを上げ元春は驚きます。

車は止まらず叫ぶしか出来ない元春。すると車はスーッと姿を消しました。

翌朝。目覚めた元春は部屋の様子が変わった事に気付きます。

そこは学生時代に
住んでいたマンションの部屋。

チャイムが鳴り出ると、高校生のなぎさがやって来て、そして寝ている尚希に気付きます。

その光景を見た事があると思う元春。

バイクの免許を取ると言う尚希を事故を
起こすからと止める様に元春は言います。

カレンダーを見ると2010年4月。あの日と同じだと思う元春。

全ての出来事があの日と同じだと気付いた元春は大学に向かいます。

沙也佳が現れ、コンサートに誘ってくれました。
沙也佳が立ち去ると、突然周りの景色が回転し出し、元春は驚きます。

次の瞬間、目を覚ますとそこはいつも通りの寝室。

澪がやって来て、昨夜どうやって帰って来たかと聞くと「飲み過ぎると死ぬよ」と言われる元春。

何度も起こしたのに起きなかったと澪は言います。

ゴミ出しはもうしたと言う澪に「今日、木曜だろ?」と元春が言うと「火曜だろ」と澪は言います。

スマホを見ると、火曜日。「どう言う事だ?」と不思議に思う元春。

会社の屋上で千晴に相談してみますが「ストレス溜まってるんだよ」と言われ納得する元春。

その頃、澪は母の為の介護施設を探していました。金額を見て溜息を吐く澪。

元春はゲーム機PS4を買いそーっと自宅に帰り、
クローゼットに隠します。

キッチンでビールを飲んでいると、澪がやって来てバイトの時間を増やしたいと相談して来ました。

家事と育児で今も大変そうだから、無理しない方が良いと言う元春に、苛立ち始めた澪は
「あんたが昇進したら給料上がるんだけど」と言い、明日か明後日に辞令が出たらすぐに知らせる様にと元春に言います。

そして「ゲーム買ったりしてないよね?」と言う澪に「うん」と嘘をつく元春。

翌日。クローゼットにあるゲーム機を見つけた澪。

夜、元春が帰宅するとゲーム機の箱が廊下にあり、シャワーの音がする方に行くと、澪が浴槽にゲーム機を入れシャワーをかけていました。

澪は家や車のローン、
養育費にお金がいるのにゲームなんかと怒り出します。

そんな訳ないと反論する元春の話を聞かず、怒り続ける澪に怒鳴って最後まで聞けと言う元春。

昼食代を貯めてゲームを買って何が悪いと言い「外でストレス
溜めて帰ったら安らぎたいと思って結婚したのに。客より上司より部下より、お前の相手してる方が100倍大変なんだよ。こんな家だから俺は出世出来ねーんだよ」と元春は言って出て行ってしまいました。
元春は尚希のお店の前に行きますが、お店が開いている事に驚きます。

尚希は事故で入院したはず。

慌てて店に入り事故の事を話すと、免許を持っていないと言う尚希。

昔、元春に止められて取らなかったと話します。
話を聞いて、あの日と同じだと、夢の中の出来事を思い返す元春。

そして小池の言葉を思い出し、過去を変えたと感じる元春は、店を出て走り出します。

その姿を見つめる小池。車に乗り走る元春。
月は2つになっていました。

料金所のあった道に向かいます。

その頃、澪は結婚式の写真を見ながら「何でこうなっちゃったんだろうね」と涙を流します。

「俺は幸せに生きる」と料金所にお金を入れ、「あの日に戻るんだ」
と走り出しました。

そして目覚めたのは学生時代のマンションの部屋。「戻った」と元春は言うのでした。

以上、ドラマ「知ってるワイフ」1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした!

動画はこちら→

知ってるワイフ みどころ、キャスト、いつから放送?過去からやり直す?

「知ってるワイフ」2話 あらすじ・ネタバレ 本当のみおはこうだったんじゃないのか?